フルフォードレポート【日本語版】

フルフォードレポート【日本語版】

http://benjaminfulford.jpさんより転載

「パンデミック騒動」の失速、さらなる米経済の悪化
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪2020/08/03 VOL569≫

以下のニュースは、ワシントンD.C.を支配するアメリカ旧権力層の気象兵器乱用によるものだとペンタゴン筋は伝えている。その目的は、中国に圧力をかけておカネをむしり取ることだという。

————————————————————
【 被災者は4500万人以上 中国で2カ月にわたり大雨 】
中国では梅雨前線が居座っている影響で南部を中心に先月から大雨が続いて合わせて27の省で4500万人以上が被災し、死者・行方不明者は142人になっています・・・

https://news.yahoo.co.jp/articles/f9c444190cb12f6cb1df1512c9cdda96973633b2
————————————————————

 

【 アメリカの堕落 】

現在、中国の洪水について「長江の水をせき止める世界最大の水力発電施設“三峡ダム”が、豪雨により決壊の危機に瀕している」との内容の報道が盛んに行われている。
https://brucewilds.blogspot.com/2020/07/chinas-massive-three-gorges-dam-on-edge.html

三峡ダムが決壊すれば他のダムも連鎖的に崩壊し、3億~6億人が被災。さらには約50万人の死者が出ると推定されている。そうなれば、中国はこれを軍事攻撃とみなし、アメリカに対して核を含む報復措置に乗り出す可能性は高い。

もちろん、中国勢が同様の兵器で反撃に出るならば、アメリカの最大の弱点はイエローストーン国立公園の地底に眠る超巨大火山:スパーボルケーノだ。それを

This post is only viewable for paid members please register your account to view full text.
If you registerd,please login.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA