フルフォードレポート【英語版】2021年4月5日

フルフォードレポート【英語版】2021年4月5日
ソース:
ハザール・マフィアはバイデンの心理作戦をスイスから動かしている
米国民に対するグロテスクな心理戦「バイデン大統領制」は、スイスの地下基地で実行されていると、MI6、NSA、FSB、CIAなどの情報筋が認めている。 CIA筋によると、この基地は、リヒテンシュタイン、オーストリア、スイスの国境をまたいでおり、3カ国のどこからでも侵入できるという。 しかし、パンデミックや「外敵」といった暗い話題が企業メディアを賑わせているが、支配者層がスイスに撤退せざるを得なくなったのは、実は地球をめぐる戦争に負けているサインだろう。

ホワイトハウスだけでなく、ワシントンDCの議会、上院、最高裁判所、連邦準備制度理事会、財務省なども無人になったという情報が入ってきている。 また、NSAからは、州政府の建物も無人であるとの情報も入ってきている。 ワシントンDCや州政府の建物の近くに住んでいる読者の皆さんには、市民レポーターとなって、この話が本当かどうかを確認していただきたいと思います。 確かに、ライブカメラの映像を見れば、それが事実であることはわかるが、デジタル技術が発達した今日では、人間の目が最も信頼できる情報源である。

いずれにしても、バイデンの心理作戦をコントロールしているグループは、ロックフェラー一族とそのスイス人ハンドラーであることは間違いないと情報源は一致しています。 先週の金曜日、MI6は次のようなメッセージを送りました:
「トランプ氏を擁立したクーデターの反クーデターにCIAが関与していることを本日確認した。 ヒラリー・ローダム・クリントン(ロックフェラー)が裏で仕切っているようだ」。
.
NSA側は、現在のヒラリーは6番目に使われている[影武者だ]と言っています。 私たちは皆、2016年の大統領選挙中にヒラリーが黒いバンに詰め込まれ、その後ABCニュースが彼女の死を報じたことを覚えています。 しかし、その数時間後、彼女は20ポンド(約9kg)軽く、はるかに若返った姿で現れました。 また、下の写真を見ると、現在の「ヒラリー」はオリジナルよりもずっと背が低いことがよくわかります。
.
.
それにもかかわらず、ヒラリーのアバター、ボディダブル、クローンのどれを使おうとも、ロックフェラーと呼ばれるグループがバイデンのホラーショーを運営していることは明らかだ。
彼らの計画は、ロックフェラーの旗艦誌『フォーリン・リレーションズ』の2020年3月の記事に概説されており、それはジョー・”グリーン・スクリーン”・バイデンが書いたとされている。
これが示すのは、現在、米国の企業メディアと米国内の不換紙幣コンピュータを支配しているグループが、1980年代にタイムスリップして、敵を簡単に特定できる冷戦状態にすることを計画しているということです。 「共産主義者」の方が、ブランド名を変え続ける無定形の「テロリスト」よりも結集しやすいということです。
イェンス・ストルテンベルグNATO事務総長は、中国とロシアに対する新たな冷戦を「またとない機会」と表現しました。彼はこれをヨーロッパと北米が「関係の新しい章を開く」機会として売り込もうとしたが、彼が軍産複合体への巨大な不換紙幣の賄賂について話しているのは明らかだ。
ロシア連邦保安局(FSB)の情報源によれば、第三次世界大戦を引き起こそうとする非常に深刻な試みが、現在ウクライナで進行中であったという。 日本時間の4月5日(月)、彼らはこのようなメッセージを送ってきました。
「数時間前、ある軍事貨物を積んだC-17軍事輸送機(95-0107)が、アメリカ(スペインのセビリアで給油)から直接、西ウクライナのリヴィウ空港に到着した。」
FSBによると、その “軍事貨物 “とは…
第三次世界大戦を起こすための核爆弾装置であるという。
FSBはこう指摘する:
「ウクライナは自国の軍隊を管理していない。 各旅団にはNATOの監督者がいる。 彼らはロシアがどのように行動するかを深く気にしていない。 彼らの仕事はロシアを戦争に引きずり込むことだ。 ウクライナは攻勢に出るように命令され、彼らはその命令に従うだろう」。
ロシア側の発表によると、この作戦は、トルコのレジェップ・エドアン大統領が現在指揮しているNATOの超高即応統合任務部隊(VJTF)によって行われる予定だという。 ウクライナ大統領は数日後にこのタスクフォースを訪問する予定だとFSBは指摘している。
言うまでもなく、新たな冷戦を推進するこのグループは、北朝鮮、イラン、中国などのいつもの容疑者を登場させて、他の武器宣伝イベントや「危機」を演出するだろう。
このグループはまた、偽のパンデミックとワクチンキャンペーンを使って、G7の大部分にファシスト支配を導入しました。 この件については以前に詳しく説明したので、ここでは偽のパンデミックキャンペーンがあまりにも自己矛盾に満ちているため、ますます多くの人々が目を覚ましていることを述べるにとどめる。 内部告発者たちも、このキャンペーンが大規模な戦争犯罪であることを指摘しています。
先週、ロシアの医師が複数のCOVID19の犠牲者を解剖した結果、日本の医師が先週語ったこと、つまり本当の死因は「長時間の電磁波」であることが確認されました。
そして、スカムデミックに対する法廷闘争が始まっています。 先週、ベルギーの裁判所は、COVID19の規制には法的根拠がないとして、30日以内にすべての規制を解除するよう判決を下しました。
一方、日本では、東京都の小池百合子知事が、パンデミック対策に科学的根拠がないことを証明したレストランのオーナーから訴えられたため、COVIDで人が死んでいるふりをするのをやめざるを得なくなりました。
日本について言えば、次のような大文字”C”のCreepが隠れていたところから出てきたと警告されています。
彼の名前は中井天山で、日本ではヤクザも敬遠するほど嫌われています。 彼は、私のウェブマスターを癌に効く毒で殺すことを自慢していたと、彼の仲間から聞いて、身を隠しました。 また、彼は私にアンフェタミン入りのオレンジジュースを飲ませようとしたことがあります。そうすれば、私がハイになっているところを撮影して、アジアの秘密結社での私の評判を落とすのに使えるからです。
天山は以前、私の講演会に乱入して、「人類の90%が殺されるのは必然であり、それを止めることはできない」と聴衆に語ったことがある。
天山が今になって姿を現したということは、ロックフェラーが日本で他の暗殺者を見つけられなかったということだろう。 早急に彼を追い詰めて、徹底的に尋問する必要がある。 大量殺人を行うハザリアン・マフィアを潰すための実用的な情報を提供できる人物がいるとすれば、それは彼だ。
彼は現在、「世界宗教バチカン」「神道・仏教・イスラム教・キリスト教の統一」という旗印を掲げて隠れています。
しかし、間違えてはいけないのは、彼は冷血な殺人者だということです。 実際には、彼は「冷酷な」殺人者ではありませんが、人を拷問して殺すことに大きな喜びを感じていることは確かです。 彼とその仲間たちは、再び大量殺人事件を起こす前に、流通から排除する必要があります。
彼らが隠れていた場所から出てきて、京都で公然と会合を開いているという事実は、東京で何らかの大量殺戮事件が計画されていることを示す強いシグナルでもある。 福島の後、日本の首都は京都に移ると約束されていましたが、実現しませんでした。 今回はそうなると期待しているようです。 東京オリンピックが、サタンへの大規模な生け贄として準備されているのは間違いないでしょう。 外国人の参加が禁止されているのは、このイベントが日本への罰として行われていることを示しています。 忘れてはならないのは、科学的に存在が証明されていない病気のために、隔離されて浄化された状態で再現性のある確認をしていると言われていることだ。
また、中井は「宇宙人から命令を受けた」とも言っていた。つまり、スイスの山の下に隠れている人たちだ。
先週、ハザリアン・マフィアのボスが「宇宙人から命令を受けた」と言ったときには、「宇宙人からの命令」であることを明確にするために引用符を使ったことをここで明記しておこう。 私の考えでは、人間が「宇宙人」という言葉で騙していると考えています。
いずれにしても、この人たちが私たちに負担をかけているディストピアについて考えてみてください。 憎しみ、恐怖、病気、死など、すべてがマイナスです。 彼らは仲間の生物を裏切り、生命を破壊しようとしています。 迷いも罪悪感もなく、害獣のように駆除する必要があるのです。
確かに、人々は行動を起こそうとしている。 例えば、先週、カナダのバンクーバーでは、誰かが3つのフリーメイソン・ロッジにほぼ同時に火をつけました。
別の人物がロックフェラーのフェイスブックのマインドコントロール操作をハッキングし、マーク・ザッカーバーグ・ロックフェラーを含む5億3300万人のユーザーの個人情報を流出させました。
匿名の個人も声を上げており、ロックフェラーがグーグルのマインドコントロールでバイデンのCG動画につけられた250万件の「嫌だね!」を削除せざるを得なかったのはそのためです。
モサドの情報筋によると、イスラエルは、元独裁者のベンジャミン・ネタニヤフが消えてしまったため、政府を樹立することができないでいることにも気がつきました。 モサドの情報源によると、ネタニヤフは “失踪 “する前に自分の主人のことをしゃべっていたそうです。 おそらく、彼はスイスに矛先を向けたのだろう。
本当の敵は、スイスの地下基地群に隠れていることを理解することが重要です。 ロックフェラー、ロスチャイルド、P3フリーメイソンなど、筆者が辿ってきた法医学的な痕跡は、すべてスイスにつながっている。
ロシア、アメリカの特殊部隊、MI6などへのアドバイスは、タコの腕と戦うのではなく、頭を狙えということである。 現在のピンダール、つまりファラオのオクトゴングループの頭になる可能性が最も高いのは、カール・フォン・ハプスブルグだ。 彼を見つけて、尋問にかけてください。
ハプスブルグがピンダールでなくても、少なくとも誰がピンダールなのかを教えてくれるでしょう。 そうすれば、世界の権力構造の中心にあるメシア的、悪魔的な病にようやく終止符を打つことができるかもしれません。
最後に、もしグノーシス・イルミナティが正しく、本当の問題が不正なAIであるならば、以下にその脳構造の可能な図を示します。
私たちは本当に一時的にインターネットを遮断して、何が起こるかを見る必要があるのかもしれません。 手遅れになる前に、AIが人間の心を完全にハイジャックする能力を獲得する前に、これを行う必要があります。 そうすれば、かなりの解放感が得られるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA