フルフォードレポート【英語版】2021年5月3日

フルフォードレポート【英語版】2021年5月3日

 

地政学的な大地震が起きそうだ

 

西洋諸国が偽のジョー・バイデン大統領と作られたパンデミックというディストピアを彷徨っている間に、何か巨大なものが生まれつつある。 数千年の歴史を持つ権力体制が体制崩壊に直面しており、その後継/置き換えについての秘密交渉が進行しているのだ。 セキュリティ上の理由から、この交渉について詳しく話すことはまだできない。 ただ言えることは、何千年も前に古代エジプトで一神教が始まって以来の大事件になるということ。 それが実現すれば、あらゆるスクリーンやニュースで報道されるだろう。 それまでは作戦上の秘匿性が重要なので、システム崩壊の兆候を見てみよう。

 

最大の特徴は、アメリカでハイパーインフレが発生していることだ。これは政権崩壊時によく見られる現象です。 原因は、バイデンのアバターの後ろにいる人たちが、明日がないようにお金を印刷していることです(彼らにとっては、それは本当のことでしょう)。 政府の手当ては3月に爆発的に増え、年率換算で8.1兆ドルとなり、2月の4.1兆ドルの2倍、「パンデミック」前の3.2兆ドルを5兆ドルも上回った。

https://www.zerohedge.com/economics/record-34-all-household-income-us-now-comes-government。

 

パーティーはまだ始まったばかりですが、昨年と比べて商品価格に与えた影響は次の通りです。材木:+265%増、WTI原油:210%増、トウモロコシ:84%増、、銅 +83%, 大豆 +72%, 銀 +65%, 砂糖 +59%, 綿花 +54%, プラチナ +52%, パラジウム +32%, 小麦: +19%, コーヒー +13%

http://themostimportantnews.com/archives/and-the-federal-reserve-is-trying-to-convince-us-that-inflation-isnt-a-problem

 

サプライチェーンの専門家は、現在起こっているようなことは見たことがないと言います。

「世界的な大渋滞で、商品が出荷できないケースもあり、長い間見たことのない規模のサプライサイド・インフレが差し迫っているように見える」

https://www.zerohedge.com/markets/rabo-we-are-edging-closer-biblical-commodity-price-increase-scenario

また、米国では食料品の価格が上昇し、鶏肉などの基本的な品目が不足するなど、食料不足が顕在化しています。

https://www.zerohedge.com/markets/one-bank-warns-soaring-food-prices-will-lead-social-unrest

https://www.msn.com/en-us/money/companies/america-is-running-low-on-chicken-blame-covid-19-a-sandwich-craze-and-huge-appetite-for-wings/ar-BB1gcqVF?ocid=uxbndlbing

 

昨年12月の時点で、米国の7世帯に1世帯が食料不足に陥っていました。 1月までに4,180万人のアメリカ人がフードスタンプを利用しており、これは1年前よりも13%増加しています。

https://www.newsmax.com/newsfront/biden-food-stamp-programs/2021/05/02/id/1019794/

 

一方で、大衆をなだめるために配られるバイデンの偽金は、彼らの働く意欲を失わせています。 この状況は、マクドナルドのフランチャイズ店では、面接に来るだけで50ドルを支払い、コンビニエンスストアのチェーン店では500ドルの契約ボーナスを支払うところまで来ています。

https://www.zerohedge.com/markets/whatever-it-takes-tampa-mcdonalds-exposes-americas-systemic-labor-shortage-forced-pay

https://www.zerohedge.com/markets/royal-farms-offers-500-signing-bonus-laborshortage-intensifies

 

「どうすれば十分なドライバーを確保できるのか、私にはわかりません」というのが、先週、コヴェナント・ロジスティクス社のCEOであるデビッド・パーカー氏が、人手不足についてアナリストに尋ねられた際に答えた言葉だ。

https://www.zerohedge.com/markets/70000-part-time-driver

Uber のインサイダーであるナサニエル・ロスチャイルドは、注意している人には、次のようなツイートをして、公的なヒントを与えている。

 

「明日、世界が私たちの知っているように変わってしまったらどうしよう」「次の危機は寝ている間に襲ってきて、目が覚めたら貧乏になっているだろう。 それは電光石火で起こるだろう」。 音楽はまだ流れている。 すべての市場がディープフェイクであることに気づいている人は少ない。 だから準備してください。 金と銀の現物を買いましょう!」 https://twitter.com/NCJRothschild/status/1385303161448116230

 

このような状況で問われるべきことは、なぜ米ドルがこれほど強いのかということです。 答えはもちろん、バイデンの偽金がアメリカ国内でしか通用しないからです。つまり、米ドルはもはやアメリカのものではないのです。

 

アジアの秘密結社の情報によると、中国系アメリカ人のキャサリン・タイ米国通商代表が事実上の米国大統領であるため、中国はバイデン政権に本物のお金を貸して彼ら(=中国の)のものを買っているのです。

 

彼らが日々、企業のプロパガンダ・メディアであるジェン・プサキとのやりとりに使っているアバターがこちら。デビッド・ロックフェラーの孫、マーク・ザッカーバーグの別名です。

 

 

米国企業の政府を中国に売ったこの一族が気づいていないのは、欧州王室の高官によれば、「世界のすべての軍事情報機関は同盟しており、何が起こったかを知っている」ということだ。

 

言い換えれば、彼らは西洋が狂信的な宗教団体に占領されていることを知っており、その宗教団体は地球上のすべての人を永久に奴隷にするために、遺伝子を変える物質をワクチン接種しようとしているのです。

 

機関の情報筋は言う。 

「上層部は、この狂気を終わらせ、狂信者が世界の一般市民の首を絞めている、いわゆる新しい通常ではなく、元の正常な状態に戻すことを決定した」。 

狂人といえば、このパンデミックとワクチンに関する世間の対話は、日に日におかしなものになってきています。 「ワクチンを接種した人は、ワクチンを接種していない人を汚染する」などと言っていますし、ファイザー社の幹部と呼ばれる人たちは、「ワクチンはあなたを不妊化する」「狂牛病になる」「あなたを無神論者にする」などと言っています。

 

これは確かに恐怖を煽るものではありますが、これらのワクチンの中には本当に殺人的なものがあることは疑いようがありません。 インドでは、最近発生したCovid-19の「新らしい変異種」がワクチン接種と直接関係していることが明らかになっている。 そのため、インドのワクチン担当者は、「前例のない」脅威のために国を離れてイギリスに行きました。

https://qz.com/india/2004105/serums-adar-poonawalla-has-left-india-amid-a-raging-pandemic/?utm_source=reddit.com。

 

そして、サイエンティフィック・アメリカンのような尊敬されている雑誌は、「インフルエンザが消滅した」ことを指摘していますが、その名前が「Covid-19」に変更されたから消滅したという結論には達していません。

https://www.scientificamerican.com/article/flu-has-disappeared-worldwide-during-the-covid-pandemic/。

 

インフルエンザが日本で消滅しなかったのは、医療システムが嘘をつくのを拒否したからである。 だからこそ、日本でのコビッド19の感染者は、陰謀団のフロントであるKKRが所有する病院からしか出ていないのである。

 

パンデミックを口実に、厳しい社会統制やワクチンパスポートを導入しようとする動きは、獣の印型の金融システムを開始しようとする試みにもつながっている。 「マスターカード、ペイパル、ビザ、すべてが(民間の)中央銀行と連携している」とナット・ロスチャイルドはツイートしている。

 

パンデミックの本当の説明は、以下のCIAから送られてきたものです。

 

「武漢にある中国の生物学研究所は、ファイザーを所有するグラクソ・スミスクラインが所有しています! 武漢の生物学研究所で始まったウイルスに対するワクチンを作っているのは、そのワクチンを推進しているファウチ博士の資金提供を受けているものだ! 

グラクソ・スミスクラインは、ブラックロックの財務部門が管理しています。ブラックロックは、オープン・ファウンデーション・カンパニー(ソロス財団)の財務を管理しています。ソロスが所有するドイツのウィンタートゥール社は、武漢に中国の研究所を建設し、(偶然にも)バンガードを株主に持つドイツのアリアンツに買収されました。アリアンツは、(偶然にも)ブラックロックの株主であり、ブラックロックは、(偶然にも)中央銀行をコントロールし、世界の投資資金の約3分の1を管理しています。

 

ブラックロックはまた(偶然にも)ビル・ゲイツが所有するマイクロソフトの大株主でもあり、ビル・ゲイツは(偶然にも)ファイザー(奇跡のワクチンを販売している)の株主でもあり、(偶然にも)WHOの最初のスポンサーでもあるのです。 これで、中国のウェットマーケットで売られていた死んだコウモリが、どのようにして地球全体に感染したのか理解できたでしょうか?」

 

ある意味、これはあまりにも仕組まれたものであり、これが単なる巨大な入会儀式であるとしたらどうだろうか?

 

昨年、私たちは、人類は部族の成人式に相当する儀式を受けることになり、それは今年の秋まで続くと言われました。 これは、通常は世界大戦を伴うようなグローバル・ガバナンスの変更を、実際には世界大戦を起こさずに実施するというものです。

 

これが正しいかもしれないという兆候として、「主流」の企業メディアに、ますます多くのUFOやスペースオペラのネタが登場していることに気がつきました。 先週は、ニューヨーカー誌までもがこの活動に参加していましたがサンプリング用にこちら。

https://www.dailystar.co.uk/news/weird-news/iss-cameras-film-mystery-v-23995955

 

https://www.thesun.co.uk/news/14572895/skinwalker-ranch-ufo-pentagon-cows-mutilated/

 

https://www.vice.com/en/article/5dbpea/scientists-spot-yet-another-unexplained-ring-shaped-radio-structure-in-space

 

https://www.the-sun.com/news/2793810/ufo-america-spy-failure-9-11-pentagon/

 

https://www.newyorker.com/magazine/2021/05/10/how-the-pentagon-started-taking-ufos-seriously

 

https://deadline.com/2021/04/ufo-fragments-in-possession-lockheed-martin-says-harry-reid-1234748095/

 

https://www.dailystar.co.uk/news/weird-news/navy-has-discussed-possibility-ufos-24015616

 

いずれにしても、西洋が神経衰弱に陥ってUFOを見ている間に、世界の他の地域は国境線の引き直しに追われています。 特に中東ではそうです。 中東では、トルコ人がオスマン帝国を復活させようとしていることが大きな話題になっています。 彼らが公にしている話は次のようなものです。

 

“彼らは、第一次世界大戦後の秩序を変えることを控え、西洋の東側戦線としてとどまり、この地域を自分たちに引き寄せ、大西洋岸から太平洋岸まで伸びる地球の主軸を目覚めさせるような行動を避けよと言っている。 トルコはすべてのEU諸国を合わせたものよりもはるかに効果的です…西洋はもはや世界の中心ではありません。”

 

https://www.yenisafak.com/en/columns/ibrahimkaragul/how-exactly-is-turkey-threatening-the-us-the-threat-always-emanated-from-the-west-for-the-last-millennium-this-is-the-greatest-force-since-the-ottoman-empire-3571243

 

これらの言葉は、リビア、イラク、カザフスタン、ウクライナなどでの軍事行動に裏付けられています。

https://sputniknews.com/middleeast/202105011082775984-just-like-we-did-in-syria-turkey-to-build-new-base-in-iraqi-kurdistan-amid-anti-pkk-offensive/

 

最も失うものが多い国は、イスラエルの暗号植民地であるサウジアラビアです。 CIAによると、「サウジアラビアは石油を持っていてももう力はなく、それではもう敬意を「買う」ことはできない」とのこと。

 

エジプト、ヨルダン、サウジアラビアなどの湾岸諸国は、トルコによる占領を避けようと、イランとの和解を試みている。 「我々はイランとの良好な関係を求めている」と、サウジアラビアのアバター・ムハンマド・ビン・サルマン皇太子は今週、サウジのテレビ番組で語った。

 

https://foreignpolicy.com/2021/04/29/saudi-arabia-iran-uae-mohammed-bin-salman-secret-talks-biden-withdrawal-pivot-middle-east/?mc_cid=b591f68c73&mc_eid=fee8fd8a4f

 

サウジがイランと和平を結ぶ必要があるのは、米軍が彼らの執行者としての役割をもはや果たそうとしないからである。 だからこそ、彼らはイエメンのフーシ派との戦争に負け、油田の支配権を失う現実的な危険にさらされているのです。 千年以上前に12階建ての高層ビルを建てたイエメンの人々は、サウジアラビアを、たまたま石油に恵まれただけのラクダ飼いの成り上がり者と見ている。 彼らは、アラブ半島の真の権力者としての歴史的地位を取り戻したいと考えており、おそらくそうすることに成功するでしょう。 サウジはすぐにアラビアから追い出されるかもしれない。

 

国境戦争で負けているもう1つの国は、アメリカである。 メキシコとの国境沿いの情報筋によると、国境が崩壊しつつあるという。 「こんなことは見たことがない…ステロイドを使った西部開拓時代だ」とゴリアッド国境郡保安官ロイ・ボイドは言う。

https://www.theepochtimes.com/texas-counties-declare-disaster-over-border-crisis_3793402.html?utm_source=partner&utm_campaign=ZeroHedge

 

カナダは今のところアメリカとの国境をほとんど封鎖していますが、悪魔崇拝者のジャスティン・カストロを権力の座から引きずり下ろすための米加合同軍事作戦は時間の問題と言っていいでしょう。 その時には、アメリカのバイデン・ロックフェラー・共産主義中国の見世物も崩壊するはずです。

 

民主主義、法の支配、報道の自由、実力主義を取り戻すことで、欧米を再び活性化させようとする強力なグループがある。 もし西洋がその努力に失敗すれば、米国はロックフェラーのようなハザリアン・ギャングの集団に経営を下請けさせた中国所有の農場になるだろう。 最終的には、地球全体が巨大な動物農場と化してしまうのです。 このようなことが起こらないように、私たちは皆、戦いに参加する必要があります。 私たちは必ず勝利しますが、それには多くのハードワークと勇敢な決意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA