フルフォードレポート【日本語版】2022.221

フルフォードレポート【日本語版】2022.221

ウクライナ危機で生き残りを図る世界の旧体制
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪2022/02/21 VOL643≫

ソース:http://benjaminfulford.jp

世界は今、未知なる道を歩み始めている。そして最近では、その目に見える事象も数多く見受けられるようになってきた。

まず先週18日、アメリカの倒産問題を受けて、ハザールマフィアの奴隷国家がドイツのミュンヘンで開催された「ミュンヘン安全保障会議」に集結。それと同時に中国では「習近平おろし」の動きが表面化している。その他、多くの国々で「反政府・反ワクチン大型デモ」が激化し、欧米既存体制の崩壊はますます加速している状況だ。

しかし、こうして世界の旧体制が瀕死に追い込まれる中、その後の新体制の姿はいまだ見えてこない。そのため、しばらくの間は国際情勢の不安定化が続くことになりそうだ。

 

【 ミュンヘン安保会議 】

まずは「ミュンヘン安全保障会議」に集まった勢力の動きから見ていこう。
現在、彼らは“ウクライナ情勢の緊張悪化”をでっちあげて自分たちの“倒産問題”を誤魔化そうとしている。ところが、ペンタゴンをはじめとする欧米の軍部は、その計画に全く乗り気ではない。

その倒産しようとしている“彼ら”というのは「ミュンヘン安保会議の主な出席者」として各メディアで報じられている国や機関だ。以下、日経新聞が作成した表を参照してほしい。

 

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCB187D60Y2A210C2000000/

 

This post is only viewable for paid members please register your account to view full text.
If you registerd,please login.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA