コブラ更新情報 地球のイニシエーション 2020年8月12日(水)

コブラ更新情報 地球のイニシエーション 2020年8月12日(水)

太陽系を超えた宇宙は、すべての創造が一なるもの整列する新しい宇宙サイクルにすでに入っているため、すでに広大な再構築を経験しています。
一方、私たちの太陽系、特に地球は依然として初期異常の最終的な浄化を経験しています。
今、すべての焦点は、2020年の間に強力な惑星のイニシエーションを経験している惑星地球に向けられています。
闇の勢力は、コロナのオカルトの儀式に人類を服従させることによって、この惑星のイニシエーションのエネルギーを悪用しようとしています。
あなたはそれを捉え直すことによって、このコロナの儀式の影響を打ち消すことができます。あなたは瞑想的時の隠れ家に隔離やソーシャルディスタンスを置き換えることができます。
あなたは精神的な浄化に手洗いを置き換えることができ、あなたはイニシエーション前に常に必要とされる静寂を身に着けているマスクと考えることができます。
そうすることで、ネガティブなコロナの儀式のエネルギーを精神的なイニシエーション、ブレークスルーのポジティブなエネルギーにシフトすることができます。
太陽系内では、惑星は太陽の周りを周回しており、地球の状況に大きな影響を与える干渉パターンをプラズマ領域にを与えています。
11月の初めまでのこれから2ヶ月半の間に、イベントの経過を決定する3つの主要な占星術構成があります。
最初のものは火星の静止、逆行で、土星、冥王星、エリス、ブラックムーン(リリス)に挑戦的なアスペクトを形成します。
これは、多くの遅延、欲求不満、暴力をもたらし、怒りを噴出させます。
この天体配置の現実化した影響は、ベイルートでの爆発でした。これは、レバノンを不安定化させる目的で行われたプラズマ核爆発でした。
この攻撃の本当の首謀者は、黒い貴族とイエズス会です。興味深いことに、福島3.11作戦を担当した元イエズス会総長のピーター・ハンス・コルヴェンバッハは、ベイルートで生まれそこで死亡しました。
また、ベイルートは、イエズス会が破壊したい主要なボルテックスの一つであるニンフベロエの女神ボルテックの場所であることに注意することも興味深いです。
ベイルートの下で発見された地下トンネルは「遠く離れた場所」につながります。
イエズス会はまた、中国と米国の間の戦争を仕掛けるために、この挑戦的な火星のエネルギーを使用しています。
彼らはさらに米国を分断するために、この火星のエネルギーを使用しています。
このイエズス会戦略は、ネガティブな火星の影響が中和されるとすぐに実際に裏目に出る可能性があります。私はそれがいつになるかを言う自由は、ありません。
ここで、彼が実際にイルミナティの死のカルトの一員ではなかったので、トランプはイエズス会の操作の影響を受けなくなっていることを付け加える必要があります。
今後数ヶ月で2番目に重要な占星術のアスペクトは、土星とカリクローの会合です。この配置は、積極的に女神のエネルギーを抑制し、緊縮財政と孤立をもたらします。
イエズス会と黒い貴族は、新世界秩序計画に備えてロックダウンを促進するためにこのエネルギーを使用しています。
彼らのロックダウンの計画は、スウェーデンだけの問題があります。
今後数ヶ月間の3番目の重要な占星術のアスペクトは、太陽中心のエリスと冥王星会合です。このエネルギーは、この惑星を解放したい光の勢力に多くの貴重な教訓をもたらします。彼らはついにここに存在する苦しみと異常の程度とレベルを理解し始めています。
ドラコ艦隊を掃討するプロセスは、光の勢力が最終的に彼らの肯定的な量子ミョルニル技術で地球の表面に到達し、ライトワーカーとライトウォリアーを支援することができる時点に達しました。
特殊部隊のタスクフォースが光の勢力の母艦に結成され、惑星のエネルギーグリッドに取り組んでいるグローバルチームと、個々のライトワーカーとライトウォリアーの支援、開発の監視と評価、連絡のための準備に取り組んでいる個人チームがいます。 
個人チームを結成して支援をもとめる場合は、次のプロトコルを3回声に出して言う必要があります。「コマンド 12 21」これを起動すると、個人チームが結成され、その後プロトコルを呼び出すたびに、個人チームは、あなたの状況をチェックし、可能な限りいつでも支援します。
感情的な癒しのために、あなたは、コマンド771プロトコルを使用し続けることができます。
ドラコに対する最後の戦争の重要な側面の1つは、光の勢力がトプレット爆弾爆発からドラコ船を保護する高度なドラコ技術を押収することができたことです。光の勢力は、その技術を複製することができ、完全に除去されるまで、残りのトップレット爆弾を分離し、封じ込めるために使用します。
これはドラコに大きな戦略的不利な点を与え、彼らは彼らの計画を実行することはできません。彼らは、カバルが人類を奴隷にし、地球の表面に侵入してから、カバルを殺し、人類の奴隷を支配するために、新世界秩序を設置することを計画していました。
舞台裏で多くのことが起こっておりますが、報告する許可を得ていません。11月の初めから多くの新しい要素がシナリオに入ります。その時に近づくと、もっと話せるようになると思います。
光の勝利!
翻訳 HP編集委員会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA