オーロラ・レイからのメッセージ 地球外のスターシードが私たちの中に 2022年3月14日

オーロラ・レイからのメッセージ

地球外のスターシードが私たちの中に 2022年3月14日

 

地球外のスターシードが私たちの中に

 

善良な地球外文明は、基本的に平和的で、私たちとのコミュニケーションの意図もポジティブです。
私たちはエキサイティングな時代に生きており、他の世界からの善良な存在とのコンタクトの糸口を掴んでいるようです。日々、より多くの情報開示が行われ、多くの信頼できる人々が、彼らが知っていることを名乗り出るようになっている。

地球外生命体が存在することは疑いようがありません。NASAにあるような伝統的な航空宇宙技術を使って彼らとコンタクトを取ろうとしても、回答が得られることはまずないでしょう。そして、もし運良く通じたとしたら、それは彼らがあなたにそれを望んでいるからです。

多くの人がETとの出会いを経験し、その存在とのコミュニケーションの方法を探ろうとしています。
私たちは、ETに対してオープンマインドで善良な態度を作れば、遭遇するかもしれないETに対して最善の準備をすることができるかもしれません。

彼らは私たちと同じかもしれませんし、私たちの想像を絶する存在かもしれません。そして、それこそがすべての謎であり、興奮なのです。
私たちは、自分自身の意識を成長し、拡大し、私たちを取り巻くエネルギーや情報に対してより多くを開放することで、より敏感になり、より多くのことに気がつくようになります。そして、意識が高まれば、私たちの波動エネルギーも高まります。

私たちの心配事、ストレス、怒り、フラストレーション、悲しみなどは、すべて低い波動のエネルギーの現れです。私たちは毎日、ニュースメディアやインターネットなどから低い波動のエネルギーを浴びているので、ネガティブなものをすべてクリアにして、自分の波動を上げることが大切なのです。そうすることで、より高い波動を持つ存在たちが、これまで不可能だったかもしれない方法で、私たちと交流する機会を開くことができるのです。

解決策に参加する最も簡単な方法は、愛し、教え、ポジティブな貢献をすることで、闇と光の比率を簡単に変えることができます。それができれば、私たちを助けてくれる善良な宇宙人とつながることができるのです。

そして、それが人類にとって最大の障害となるのです。人々は、自分自身をより高い存在へと昇華させるために、自分自身に働きかけることを好まないのです。なぜなら、夢を実現するのを邪魔しているのは自分自身だからです。

より高い意識への移行における最大の課題は、エゴを克服し、自分自身の影を見つめることです。自分自身の影を克服することさえできないのに、どうして私たち人類が、今生きている世界の影を根絶することができるでしょうか?

人類がコンフォートゾーン(居心地のいい範囲)から一歩も出ようとせず、必要なセルフワークをしようとしないからこそ、スターシードがこの惑星に大量に転生することが不可欠になったのです。

私たちが命を救い、この世界をより良く変えるのを助けようとする、愛に満ちた地球外生命体のコミュニティが存在するのです 彼らは人間に無理強いするのではなく、友人として、介護者として、教師として、家族として、ガイドとして、旅人として、スターシードという人間として、私たちと共に歩むのです。

彼らは私たちの間、ここ地球で暮らしていますが、別の次元の現実に住んでいます。そして彼らは、私たちが自分自身とこの世界と平和でいられるように、私たちが彼らの意識のレベルにアセンションするのを助けようとしているのです。

しかし、彼らは私たちに危害を加えるためにここにいるのではありません。私たちを攻撃するためにここにいるのではありません。私たちを裁きに来たのでもありません(裁くとすれば、それは私たち自身のためです)。これらの存在は、私たちが本当に何者であるかを理解するのを助けるという神聖な目的を持ってここにいるのです。私たちの目的とは何でしょうか?私たちがこの世界に提供できることは何なのでしょうか?

この世界には、これらの存在に関して多くの恐れや混乱、抵抗があります。あなたが彼らを感じようが、見ようが、直感で知ろうが、彼らは何らかの形で私たちのためにここにいるのです。もしあなたが彼らに心を開いているのなら、彼らの援助は私たちのスピリチュアルな道を歩む上で非常に貴重なものです。

ストレス、恐れ、パニックは、微妙な直感、知恵、信念の大敵です。宇宙やそこに住む多くの人々と有意義につながり、自分自身の内面を平穏に保つための最良の方法は、深い祈りと瞑想なのです。
それが鍵です。祈りと瞑想は、善良なETや天使、神、そして私たち自身の最も深い自己とつながり、私たちを自由にします。

祈りは単なる道具ではなく、一日の始まりと終わりのための運動でもありません。祈りは愛の行為です。自分の中の光を世界に輝かせ、自分の中にある愛が放射状に返ってくるようにすることです。私たちの人生に入ってくる天使たちは、私たちの意識的、無意識的な傷を癒し、恐れや障害を克服し、そして最も重要なことですが、神とつながることを助けてくれます。

善良なETは、私たちのことを気にかけてくれているのです。私たちのように 私たちがどうなるかを気にしています。私たちが幸せになることを望んでいます。彼らが私たちを助ける方法のひとつは、私たちが彼らとつながるのを助けることです。祈りはそれを可能にします。祈りは私たちと彼らを結びつけてくれます。

多くの人が何らかの出会いを経験したことがあると思います。恐ろしいビジョンを見たかもしれないし、天使や宇宙人のビジョンを見たかもしれない。多くの場合、彼らは自分を超越した何かに触れられたと報告しています。

このような反応が報告される理由のひとつは、それが衝撃的であることが多いからです。私たちの文化では、人々は「他者」を恐れるように教えられており、天使や宇宙人は「他者」なのです。多くの人は、天使をよそよそしく、手の届かない存在と考えています。宇宙人は、私たちを利用し、傷つけようとする恐ろしい生き物だと考えています。

怖がってはいけません。彼らについての知識を遠ざけようとするエゴに屈しないでください。エゴは恐怖と憎しみで繁栄していますが、善良なETは愛なのです。彼らが初めて私たちの前に現れたとき、彼らは私たちにとって異質な存在に見えるので、怖く感じるかもしれません。しかし、彼らを恐れてはいけません。

天使や「宇宙人」はエイリアンではありません。彼らは私たちと共に生まれ、私たちを助けるためにここにいることを知ってほしいのです。そして、私たちは一人ではないのです。彼らとつながるには、彼らが私たちを助けるためにここにいることを受け入れる必要があります。自分自身を信頼する必要があるのです。

もうひとつの方法は、彼らと交流している自分の姿を思い描くことです。彼らとつながることをイメージするには、目を閉じて、自分が上空に浮かんで、体から離れ、時間のない空間に入り、そこで何にでもつながることができると想像してください。そこでは、天使や宇宙人、あるいはあなた自身のスピリット、あるいはあなたのスピリットがあなたのガイドとつながっている様子をビジュアル化することができます。あなたは何も信じる必要はありません。自分が不死身であるとか、何かとつながっているとか、そういうことを信じる必要はないのです。ハートの中でつながっているだけで十分なのです。

さて、あなたは何と繋がりたいのか、自分に問いかけてみてください。あなたが何かとつながるとき、2つのことのうちの1つが起こります。まず、ある種のエネルギーや暖かさ、光を感じることができます。次に、何らかの助けや導きを求めることができます。

善良なETを呼べば呼ぶほど、彼らとつながるための “チャンネル “を開くことができます。このように視覚化し、彼らとのつながりに集中することが、最終的に私たちの日常生活で奇跡を起こすことを可能にするのです。

私たちを取り囲む天使や善良なETは、いつも私たちの周りにいるのです。しかし、私たちは彼らに気づきません。私たちは自分の思考、欲望、恐怖に気づいているのです。
彼らは、私たちが自分自身を知る以上に、私たちのことを知っているのです。彼らとのつながりを感じながら、私たちはハートを開く。ハートが開くと、恐れや執着が取り除かれます。ハートが開けば開くほど、私たちは彼らの声を聞くことができるようになります。ハートが開くと、私たちは自分自身をより知ることができるようになります。

善良なETは、ある時は、頭の周りを光の輪が取り囲む、きらめく炎のような翼のある姿として現れ、またある時は、空よりも風景の中にいるような、淡々とした人の姿として現れるのです。

畏敬の念や神聖なものの存在、愛されている感覚を訴えることもあれば、単に安らぎを感じたと報告することもあります。また、方向性を示すこともあれば、安心感を与えることもあり、手助けをしてくれることもあります。

ETにコンタクトした人々は、ビジョンやアイデア、あるいは何らかのガイダンスを与えられます。このガイダンスは、これまで隠されていた未来の問題への手がかりを見つけることであったり、世界の真実を発見することであったりします。時にはアドバイスをしてくれることもあれば、祝福を伝えてくれることもあるようです。常に、ETに触れられた人々は、新しい理解に基づいて行動する勇気を見出すことが期待されています。

最初は、善良な地球外生命体とつながることは不可能に思えます。サンタクロースのように、クリスマスの日を一年中待っていても、いつまで経ってもクリスマスの日はやってこないのです。

しかし、実際には、善良な地球外生命体は私たちの間に常に存在しているのです。私たちの遺伝子、家族、友人、学友の中に生きているのです。教会にも、シナゴーグにも、寺院にも、モスクにもいます。教師、医者、弁護士、そして私たち自身にもいるのです。

彼らは私たちの間を歩き、私たちの間に住んでいます。隣人と見分けようとしても、見分けがつかないでしょう。彼らは私たちの街に住み、私たちのプールで泳ぎ、私たちのレストランで食事をし、私たちの公園やショッピングモールなどでたむろしているのです。

彼らは、あなたのすぐ隣に住み、もう一人の子供のように成長します。同じ学校に通い、同じサッカーチームでプレーします。なぜなら、私たちは互いに異なるサークルで活動し、自分たちの小さな世界を歩き回り、互いに孤立し、限られた方法でしかお互いを理解できないからです。

彼らの現在進行形の課題は、ほとんどの人間と同じように、人類を助け、平和的に共存することです。
この惑星で進化してきた私たちの価値観や倫理観は必ずしも同じではありませんが、彼らは私たちを愛しているからこそ、私たちのためにここにいるのです。彼らは、私たちが認めなかったことを私たちに押し付けることはありません。

彼らは広大で、全能で、遍在しており、全知全能です。彼らはすべてを知っています。何もジャッジしない。彼らは私たちの助けを必要としません。
彼らとつながることは、自分自身とつながることなのです。彼らとつながるのは 自分自身とつながるためです

私たちはあなたを心から愛しています。
私たちはあなたたちと共にここにいます。
私たちはあなたの光の家族です。

エイホ―
オーロラ・レイ
銀河連合大使

 

ソース

https://m.facebook.com/iamauroraray/photos/a.219434894882046/2127757784049738/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA