12月後半にもたらされるエネルギー

12月後半にもたらされるエネルギー

nennezabutonのブログさんより転載

(ある方)

ご心配をおかけしました。
12月12日に小惑星キロンの方向転換があり、逆行から順行に運動方向が変わることにより、そのエネルギーの変化に順応するために身体のエネルギーがしばらくの間消耗してしまいました。
>
実は私のネイタルチャート/出生図を見ますと、私自身を表徴する太陽がキロンとハードアスペクトのコンジャンクションを形成しておりまして、私自身、キロンのエネルギーシフトの影響を強く受ける星の下に生まれているのです。
>
このように、星の運行の影響はバカに出来ないものなのです。
>
以下に、12月後半の主要な占星術イベントのエネルギー的意義について解説した英文の抄訳をご紹介します。
>
各自、この記事をお読みになり、イベントが期待できる2020年に向けて、うまくこのエネルギーを活用して準備を整えてください。
>
翻訳はじめ
>
霊感に満ちた占星術:太陽と銀河の中心とのコンジャンクション(抄訳)
>
原文
>
私たちの天の河銀河の中心は射手座の27度の方向にあると信じられています。12月18日から20日にかけて、この宇宙の強力にエネルギーチャージされた場所と共に、太陽がダンスすることになります。
>
占星術において、太陽は私たちという存在の中核を表しています。それは私たちが生きていると感じさせるもの、私たち自身であると感じさせる大部分のものを表しています。それは私たちのソウルの本質を表すもの、そして、私たちが世界で輝き出すことになるために贈られたものを表しているのです。
>
この時期、太陽は銀河の中心のエネルギーによって活性化されるので、私たちは本当の自分自身と一致するよう求められることでしょう。
>
たとえ私たちにとって、本当の自分自身がどのようなものであるか明らかでなくとも、私たちは皆、自身の役割に奉仕し、その目的を達成するのです。
>
あなたの人生のこの特別な時節において、あなたがどのようにこの世界と共鳴しようとも、あなたがこの人生へと呼ばれたのは、あなたの光をこの世界に輝かせるためなのです。
>
翻訳終わり
>
解説
12月18日から20日にかけて、本当の自分に目覚めることを求めるエネルギーが銀河の中心とコンジャンクションした太陽から降り注いで来るようです。
>
イベントに向けてライトワーカーが自身の本来のミッションに目覚めたり、今まで薄々感づいていたミッションに確信を抱く時が到来するようです。
>
翻訳はじめ
>
霊感に満ちた占星術:山羊座のシーズン2019-2020(抄訳)
>
原文
>
ようこそ山羊座のシーズンへ!
>
山羊座のシーズンは北半球では冬至、南半球では夏至にあたる12月21日に始まります。また、この日は北半球では冬の始まりの日であり、南半球では夏の始まりの日でもあります。
>
山羊座は黄道十二宮の中で活動宮の一つです。この星座はリーダーシップのエネルギーをもたらします。また、一年の内で物事を最も活発にして前進させる星座の一つなのです。
>
私たちが本当に支配し、私たちが選択した方向へと前進できる時が来たのです。
>
山羊座はもっぱら大志と成功に関係しているのです。しかし、私たちがどこから来たのかを記憶していない場合、また、自分たちが行っていることについてなぜそれを行っているのかを記憶していない場合、その成功は儚(はかな)いものとなるでしょう。
>
私たちが誰であるのかを深く追求しなければなりません。そして、私たちが何を欲し何を願っているかだけではなく、私たちのソウルに対して何が求められているのかを明らかにしなければならないのです。
>
私たちは2019年12月25日から26日にかけて、山羊座での日食を迎えます。この日食は意識の新しい波へのポータルを開きます。そして、私たちに新しいゴールを設定するためのインスピレーションを与えます。
>
この強力な山羊座のエネルギーは、私たち全員をグラウンディングするよう導くことでしょう。私たちを地球が支援してくれていることを感じるよう導くことでしょう。なぜ私たちが登っている山を登っているのかについて考えるよう導くことでしょう。
>
翻訳終わり
>
解説
>
太陽と銀河の中心のコンジャンクションに引き続き、山羊座のシーズンを迎えても、自分自身の本当の姿、本当のミッションに気づくことを求められるようです。
>
翻訳はじめ
>
霊感に満ちた占星術:12月の冬至/夏至2019(抄訳) 
>
原文
>
12月21日は冬至となります。この時、太陽が静止し、季節が変わります。
>
至は北半球では一年で一番日が短い日をもたらします。この地域では、私たちはソウルの暗夜に入るよう励まされます。一方、南半球では一年で最も日が長い日となります。この地域では私たちは光を祝うように励まされます。
>
あなたがどこに住んでいようとも、至は非常に感受性が高まる日であり、私たちは自分の周囲のエネルギーにより波長が合っているように感じることができます。
>
至の日には、この世界と高次元との間にかかるベールが最も薄くなり、私たちが銀河のエネルギーと銀河の領域を容易に利用できると信じられています。
>
12月の至はまた、太陽が山羊座へと移る時でもあります。あなたは山羊座のシーズンの意義について以下のリンクでより詳しく読むことが出来ます。
>
提供されるエネルギーにどう波長を合わせるかを理解するために、それぞれの半球のための解説と儀式を以下に掲載します。
>
ソウルの暗夜 - 北半球
>
12月21日に私たちは、一年で最も日が短く夜が長い一日を経験します。増えた闇の時間が私たちをソウルの暗夜へと入るよう導きます。私たちの内面へと赴(おもむ)き、自身という存在の幽かな活動に聞き入る退避の日なのです。
>
私たちが本当に自分自身であることに快適さを感じるのは、闇の中のみであることがしばしばあります。太陽の光のスポットライトが私たちを照らす時、私たちは曝け出されてしまったように感じます。そのような時に私たちは自分を演じなければならなかったり、ある種のやり方通りにしなければならなかったりします。
>
光が消された時、真夜中での自身の考えに従って本来の私たちに戻る時、その時私たちは自分自身の中核深くに潜入し、自分自身の本当の姿と出会うことになるのです。
>
太陽の明るい光の下で私たちというものを恥じなければならないわけではないのです。なぜならば、それは私たちの一部でもあるからです。しかし、私たちが太陽の光の下に余りにも長く留まっていると、私たちはその私の一部と切り離されてしまいがちなのです。ですから宇宙は一年のうちで最も長い夜を呼び求めるのです。
>
この時こそ、私たち皆が闇に入り込む機会なのです。スポットライトから離れ、その代わり、私たち自身と、私たち自身の真実と一緒に座るのです。
>
私たちはこのことで知った真実を誰かに説明する必要はありません。軽く一礼して終わりにしてしまいましょう。私たちは自身が感じたことの正体を暴く必要はありません。分析するために書き留めることさえ必要ありません。私たちはその真実とともに座り、そのままであり続けることを許すのです。
>
闇の中では、私たちの思考は問題ではないのです。そこで本当に輝いているのは私たちの感覚なのです。それは私たちの感情的な声なのです。闇の中で感情が私たちに語りかけるチャンスを得るのです。私たちはその感情の声に耳を傾けることを許さなければならないのです。
>
私たちは思考によるレッテル貼りやジャッジを忘れる必要があります。その代わり、ハートのパワーで感じることを自身に許してください。
>
私たちが闇の中に座っている時、自分に自分自身のままでいることを許してください。どんな感情が湧き上がってきますか?どのような不快感が現れてきますか?私たちが自分自身であることを許す時、何が起こりますか?
>
これがソウルの暗夜が私たちに降伏を迫るものなのです。これが私たちが実践することを薦められていることなのです。私たちは話すのを止めて、感情の声を聞きめる必要があるのです。
>
私たちは静寂を見出す必要があります。私たちがそうする時、私たちは新しいパワーへと踏み入ることが出来るのです。そして、本当の私たちという新しい真実に踏み入ることが出来るのです。
>
ソウルの暗夜の儀式
>
この夜のためのあなたの儀式は闇の中に座るというものです。照明を消して暗い部屋の中で座ってください。あなたが目を開けていられるかどうか見てください。闇の中に座っている時、あなたがどのように感じるかを観察してください。
>
座りながら快適になるようにしてください。呼吸してください。もし何らかの思考が浮かび上がって来たら、それらをどうにかしようとせずに過ぎ去るに任せてください。
>
あなたは数分間これを行えればそれで良いのです。しかし、あなたが過去の苦悩や休むことなく現れる思考や感情をやり過ごすことができるかどうかを観察してください。
>
闇の中に座った後、お風呂に入ってリラックスしてください。浴槽の中にお肌をすべすべにするオイルとバスソルトを入れ、あなた自身が手放したいと望んでいるあらゆる感情や思考を浄化してください。
>
ソウルの暗夜は休息して思考や感情を鎮める時なのです。あなた自身に優しくあってください。この世のスポットライトから離れ、本当の自分を知るために時間を使ってください。
>
翻訳終わり
>
解説
本当の自分を探し、本当の自分となる旅は、北半球においては12月21日の冬至で最高潮に達するようです。
>
この機会までに本当の自分に向き合おうとせず、自分自身の闇を自身の内面に見ることから逃げ回った方は、次に紹介する日食時の高次意識へのポータルが開かないという事態になってしまう可能性大です。
>
ここで紹介されているソウルの暗夜の儀式は自身の闇に向き合うのに大変優れた方法ですので、是非、これを実践していただいて、日食までに自己愛の完成を達成していただきたいと思います。
>
自己の闇に反発してはいけません。
>
それを自分から追い出そうとしては、切り離そうとしてはいけません。
>
それはかえって逆効果です!
>
ありのままを見つめ、そのようなものが自分自身だと、自分自身とワンネスであると認めるだけでよいのです。
>
そうすると、その闇の幻影は煙のように消えて行くものなのです。
>
このことはブッダが証明しています!
>
翻訳はじめ
霊感に満ちた占星術:12月の日食2019 
原文
>
12月25日、26日での山羊座での日食と共に、私たちは食/eclipseのシーズンを迎えます。
>
日食は強力な新月のようなものであり、意識を高次レベルへと加速化するポータルを開きます。
>
日食時には新しい扉が開き、その扉は私たちがソウルの道程を更に押し進んで行くことを支援します。
>
この日食前後のエネルギーは豊かで拡張をもたらします。
>
この食の時期の前後ではまた、私たちは子供時代の反応パターンを超越するか自身のインナーチャイルドを解放することを求められるでしょう。
>
いかなる家族内でのドラマやカルマを超越出来るという強い感覚がこの日食の前後でもたらされることでしょう。
>
山羊座のエネルギーは最も表現力に富むものでも最も感情的なものでもありません。そのエネルギーは現実的なものであり、物事を論理的に維持する類いのエネルギーなのです。とはいえ、このエネルギーはこの時期の前後の私たちに助けをもたらすかも知れません。
>
このエネルギーは拡張的であり、防御をもたらすものであり、調和的であり、宇宙からの贈り物のように感じるものです。
>
翻訳終わり
解説
恐怖を越えていく勇気を発して、自身の内面の闇に向き合ったライトワーカーには素晴らしい報償が待っています!
>
日食のエネルギーがあなたの内面の闇の浄化を助け、あなたの内面に高次意識へのポータルを開いてくれます!
>
このポータルを通って、イベントが起きると期待できる2020年に向かうのです。
>
このように内面の浄化を果たし、インプラントに機能不全を起こさせたライトワーカーの数が多ければ多いほど、インプラントと繋がってプラズマトップレット爆弾に複雑に絡みついているプラズマフィラメントは弱体化し、光の勢力によるプラズマトップレット爆弾の除去作業を容易にするのです!
>
それだけイベントが近づき、現実のものとなるのです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA