皆既日食瞑想 7月3日 (水)午前4:15

 

youtu.be

または

黄金時代瞑想.mp3 – Google ドライブ

皆既日食瞑想 7月3日 (水)午前4:15

7月3日の水曜日、チリとアルゼンチンから見える皆既日食があります。天候が許すならば、エクアドル、ブラジル、ウルグアイ、パラグアイでを含む太平洋と南アメリカの一部の地域では、部分的な日食を見られます。

https://www.timeanddate.com/eclipse/solar/2019-july-2

https://en.wikipedia.org/wiki/Solar_eclipse_of_July_2,_2019

通常、日食は新たな始まりの機会の時間であり、そして今度の日食の占星術による星の配置は、多くの肯定的な側面を持っています。

https://astrologyking.com/total-solar-eclipse-july-2019/

特に、それは誰もに平和的な方法で紛争を解決する機会をもたらします。

日食時には、金星、シリウス、オリオンのベルト(オリオン座ゼータ星、アルニラム、そしてオリオン座デルタ星)とリゲルの3つ星を含め、全体のパスから特定の星が見えます。

http://www.americaneclipse2017.org/maps/the-sky-during-totality/

https://youtu.be/f0E72tl830g?t=113

コブラによれば、アルニラムのスターゲイトとANの白い炎のエネルギーは、オリオンに由来する一次暗いプラズマと暗い異常を、浄化することができます。

http://2012portal.blogspot.com/2018/08/key-to-freedom-meditation-report.html

https://en.wikipedia.org/wiki/Alnilam

アルニラム、シリウス、金星のエネルギーで皆既日食は、この惑星の表面上の暗闇と一次異常の浄化のプロセスをスピードアップするための機会を提供します。

したがって、我々は、浄化プロセスを支援するために、7月3日の水曜日4:15の日食の最大の瞬間に地球上の黄金時代を発現するために、以下の瞑想を行うことをお勧めします。

あなたがここにあなたのタイムゾーンのための瞑想の時間を確認することができます。

https://www.timeanddate.com/worldclock/fixedtime.html?msg=Total+Solar+Eclipse+on+July+2nd+at+7%3A22+ PM + UTC&ISO = 20190702T1922&P1 = 1440&午前= 15

この瞑想のためのガイド音声はここで共有されます。

瞑想指示(この瞑想の推奨時間は15分です):

1.自分なりのやり方で、リラックスした意識状態に入ってゆきます。

2.この瞑想を、地上に光をもたらすための手段として行うことを意思表示します。


3.宇宙のセントラルサンから、白く輝く光の柱が発せられて、宇宙の全ての銀河にあるセントラルサンに配給されることを視覚化します。次にこの光が、銀河のセントラルサンを通り、アルシオーネにあるプレアデスのスターゲートを通って、シリウスのスターゲートを通り、我々の太陽系に入り、太陽系内の全ての光の存在を通って、惑星地球の全ての生命体と皆さんのカラダを通って、地球の中心に届くことを視覚化します。

4.次に、もう1本の光の柱が地球の中心から上ってきて、あなたの身体を通り、空高く上がって太陽系や銀河にいるすべての光の存在に届き、最後は銀河の中心とソースに繋がるのを視覚化します。

あなたは今、2本の光の柱の中にいます。光が上向きと下向きに同時に流れています。

5.地球の周りのプラズマ平面上に残っているすべてのトップレット爆弾を浄化する白い火を視覚化します。その後、浄化の白い火に惑星の表面の周りのすべての主要な異常を視覚化します。

6.すべてのプログラミング、制御および抑制からそれらを解放され、バイオレットフレイムにより浄化される地球の表面上のすべての人々を視覚化します。すべての否定的な行動を視覚化し、闇の勢力の心のプログラミングが人類から取り除かれ、かつ表面集団に置かれていたすべてのインプラントが完全に溶解されています。

7.惑星の解放に向けて調和の中で一緒に働いている薔薇の姉妹団、ライトウォーリアンやライトワーカーのすべての仲間たちを視覚化します。

8.地球とその住民にワンネス、調和、平和と繁栄を回復し、イベントが起こっを可視化します。

9.地球上に現れる黄金時代を視覚化し、誰もが自分のハイアーセルフと精神的なガイドとの会合を再び確立します。

光の勝利!

翻訳   ホームページ編集委員会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA