アレックス・コリアー : ウェビナーまとめ

アレックス・コリアー:ウェビナー54〜2018/4/6 〜まとめ

新時代コスモス)さんより転載

アンドロメダの人たち(A’s)とのコンタクティで有名なアレックス・コリアーさんが、しばらく前から毎月ウェビナーを開催しています。今回はその4月6日に行われた54回目のウェビナーの内容をまとめとして紹介します。

参照サイト:
Alex Collier Andromeda Contactee Website: http://www.alexcollier.org
Alex Collier – Webinar 54 – April 6, 2018, Vimeo: https://vimeo.com/ondemand/alexcollierwebinar54

まとめ箇条書き

人類は今までの支配される状態から癒しの段階に入った。ハートを開く段階へとシフトした。
後退的なコアグループ(Regressive Core Group)に残された動きはあと2つしかない
善意のETたちが、後退的なコアグループ宇宙人たちを消去・終了させること(terminate)を決定した。なぜなら、これまでに何度も更生のチャンスを与え選択肢も与えたのに彼らは決して自らのネガティブさ、支配とコントロールというマインドセットを捨てようとせず、もうダメだという判断に至ったので。
後退的なコアグループ(=地球だけでなく多くの銀河、多くの惑星・星々で支配とコントロール、命の冒涜を行って来たネガティブな宇宙人たち)が行いうる2つの動きは、①地球への偽宇宙人侵略劇(ホログラフィー技術を使って行う)②偽のイエスの再臨(クローンが使われて行われる)のいずれか。両方とも、人類一人一人が最後には自らの主権を諦めて手放す・明け渡す・サレンダーすることを企図して行われる。なぜなら、サレンダーした人は簡単にコントロールできるから
キリスト教に限らず宗教は人それぞれの自らの主権を明け渡し、奴隷のように扱うこと、つまりコントロールが目的である。
2000年前のヒマラヤの霊能者たちやシャーマンたち、ヨギたちはテレポーテーションやクレアヴォヤンスの超能力を持っていた
地球の支配者たちはその2000年前のヒマラヤから、アトランティス時代のテクノロジーを記した古文書を全て奪い、教会にそれを集めて知識と英知、テクノロジーについての情報を独占した。
そして彼らは地球に残っていた古来の叡智を伝える痕跡をことごとく焼き払った。例えば、アレキサンドリア図書館の焼き討ちがそう。他に、ローマにあったLibrary of Appollo(アポロ図書館)の焼き討ちとか。
こうした史実は全て今でも文書化されて保管されている。(だから公でアクセス可能な情報である)
ハートは全てを見通し、マインドよりも高性能。そのハートに還ってゆく時代へとすでにシフトした。
地球は彼女自身が第四密度にシフトし続けていて、さらに大きくなってより多くの生命を育めるよう変わっていこうとしているのかもしれない。
多くの人は地球に起きている変化に気づかない。「何も起きないではないか」と彼らはいう。だが本当に多くのことが目まぐるしく起きている。金融制度も各国で変容をきたしている。例えばベネズエラは暗号通貨を大々的に打ち出そうとしているし、中国などは金に兌換された金融制度の構築に向けて大きく動いている。FRBの法定通貨によるフィアットな金融制度はますますその終わりに近づいている。
アメリカも変わりつつある。クリントンの時代からトランプ大統領の就任までは支配者たちの影響力が大きかった、特に金融制度面で。だが、トランプ大統領になってからはFRBの銀行券が効力を失う方向付けがなされるようになって来ており、アメリカでも金融制度は大きく変化しようとしている。
金融制度さらには貨幣制度そのものもいずれはなくなる。なぜなら、広い宇宙の中でどの文明も貨幣制度などなく、地球ぐらいなものだから。だから無い方が宇宙的にみて普通。
この地球で変化をもたらす、夜明けをもたらすことは、まさに宇宙の英雄並みの偉業である。
地球人のみんながこの大きな、第四密度への地球のシフトに関わる。ある人たちは生まれ変わって体験するだろうし、ある人たちは生きながら体験するだろう。ある人たちは元の星・惑星へと帰って行って新しい創造のプロセスに出るだろう。
外を向く人たちよ、夢見続けよ。内を向く人たちよ、目覚めなさい。
以上です。だいたいポイントは全て抑えているはずです。コリアーさんはいい人ですね。感心します。人類愛がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です