アルマゲドン-クロニクル パート2–大量子遷移 2021.4.23

アルマゲドン-クロニクル
パート2–大量子遷移

開示ニュース| 2021年4月23日に更新|レヴ
Armageddon-Chronicle-Part-2-lev-cover
ADAMANTINEさんより転載
(自動翻訳)
アルマゲドン-クロニクル -パート1by レヴ
アルマゲドン-クロニクル -パート2 by レヴ

2021年4月22日の朝までに、コズミック-アルマゲドンは、プレローマを占領しようとしたアルコンとDF(ダークフォース)の破滅的な敗北と、それによってローカル宇宙と地球上の失われた位置を回復することで終わりました。

共同作成者、高次の光階層の者たち、およびLF(ライトフォース)の地上チームは、これらの試みを完全な勝利で阻止しました。

LIGHT-FORCES-VICTORY
ライトフォースの勝利

事態がどのように悪化していたのかについての詳細を、やっと開示できるようになりました。

数ヶ月前、高次の光階層は、一過性ではなく、光の側に立つことを拒否したDFの多数のグループからの活動の増加を発見しました。

彼らはなんとか団結しただけではありません。彼らは、ローカルユニバース(地方宇宙)に残っている抗プレローマ自己復活マトリックスの1つをアクティブにすることができました。

元ブラックの共同作成者が彼のイーオン(時代)を築いていたとき、彼は同時に膨大な数のそのようなマトリックスを開発しました。
LFは、それらすべてを見つけたり計算したりする方法がなかったため、それらすべてを排除することはできませんでした。至高のブラック階層は、ローカル宇宙の多くの場所でそれらを注意深く隠し、偽装していました。

彼の高次の光階層への復帰は、以前にDNI(開示ニュースイタリア)で説明されていました。しかし、光に変身することによって、彼は以前の暗い記憶とそれに埋め込まれた情報の大きなレイヤー(層)を失いました。

これには、彼がかつて隠していたすべてのマトリックスの場所が含まれていました。光の側に移ってから彼の以前の仲間との戦争に従事することによって、彼は多くのマトリックスを見つけて排除しましたが、すべてではありませんでした。

彼のブラック階層のメンバーが彼の知らないうちに同じ潜在的な反プレローマ-マトリックスを作成したことも明らかになりました。彼はそれらにさえ気づいていませんでした。

DARK-MATRIX
ダーク-マトリックス

数ヶ月前、そのようなマトリックスの1つが自己活性化されました。もちろん、高次のLFにとって、それを破壊することは難しくありませんでした。しかし、ローカル宇宙では、別の非常に深刻な問題が突然表面化しました。

完全に変容するか、全滅するかの選択を考えた時、和解できない者たちの中にいた多くのブラックの実体は、深く入り込んで隠れていました。彼らは光側に渡ったふりをしていて、彼ら全員を追跡することは不可能でした。

より高い光の階層は、それらが多くの害をもたらす可能性があることを完全によく理解していました。そして、ローカル宇宙のグローバルなモップアップ(掃討)なしでは、古い3Dマトリックスのエネルギーとダークエンティティからの完全な浄化は避けられません。

アブソリュート(絶対)は、光だけで構成される次のローカル宇宙の新しい公式である新しい方程式を公布しました。

光に対する反対の状態として、光の重大な歪みである位格(hypostasis:本質、実体)は、単にその中に存在することはできません。アルコンにはその条件が残っていません。ダークは、新しい絶対方程式では規定されていません。

すべてのインテリジェンスフォームは、彼らの労力によってそれを実装する必要があります。それ自体は変わりません。少なくとも、それは非常に長くかかるでしょう。

そのため、LFは、残りのすべての和解できないダーク(アクティブで偽装された、潜んでいる)だけでなく、ブラックイーオン、悪魔の世界、および反プレローマの復活のすべての潜在的なポケットを検出して排除する任務を負いました。

BLACK-EON-POCKET
ブラックイーオン-ポケット

残念ながら、実際にこれをするための機会はありませんでした。

そして突然、前代未聞のラッキーなことに:残りのDFの統合とそれらによる反プレローマ-マトリックスの活性化が発生しました。

LFの計画はほとんどすぐに生まれました。それは危険で、独創的で、大胆で、そして結局のところ、非常に効果的でしたが、それは最も厳重な秘密のうちに即座に実行されました。

高次のLFとアブサリュート(絶対)の階層は、闇が団結するのを妨ぐのではなく、彼らが成長する反プレローマを所有させ、それを本格的に育させ、それを彼らの主な住居にすることを可能にすることを決定しました。

つまり、すべての闇の者たちをその1つの場所に集め、一度にすべてを排除する計画です。つまり、DFの残党とその反プレローマの両方です。

計画を実行するために、LFは単なる弱点を装う以上のことをしなければなりませんでした。彼らは自分たちの立場を放棄しただけではありません。本当の戦い、本当の損失、そしてその両側がありました。

ブラックのアンダードッグ(敗残者)には、5Dから12Dまで特定のイーオンを完全に引き継ぐ能力が与えられています。

同時に、アルコンは積極的かつ迅速に13Dで反プレローマを構築していました。LFはそれを妨げませんでした。

本格的な反プレローマを形成するには、生命エネルギーを含む巨大なエネルギー源が必要でした。DFはどこからでもそれを吸い上げていました。

私たちの地球を含む世界の寄生システムは、本格的に機能していました。政治と地政学、金融界と社会圏、人種と民族間の衝突における最近の進展は、このタスクにのみ焦点を合わせていました。

人種の衝突
RACIAL-CLASHES

元ルシフェリアンは、すべての資源、すべての所有者、地球上およびそれ以降のすべてのキャッシュをアクティブにしました…もちろん、それらはすぐにLFの標的としてマークされました。

これらの星の所有者の目的は1つです- 人々のフィールドに浸透し、彼らの活力を吸い上げることです。 「より強く一緒に」「前進しよう」、「イエス、ウイ・キャン」、のようなスローガンはすべて、アンチ-プレローマとして使用されました。

時計仕掛けの精度でLFたちは実行し…そしてDFたちはおとりの餌を飲み込みました。結局、彼らは本当の力を示し彼らはそれを感じました!

いくつかの点で、そこには彼らが作成したISISとの類似点がありました。ある時点で、彼らはバランス感覚を失い、結局破産しました。

彼らは、もう失うものは何もありませんでした。彼らは絶対に彼らの存在する権利を証明することに決めました。彼らがLFを打ち負かし、プレローマを乗っ取り、アブソリュートに手を置くことができることを彼らの力で示し、証明するために。

すべての軍隊には、完全に信頼されているリーダーが必要です。

そしてそれが…ルシファーが(舞台の前の)フットライトの前に現れた場所です。

LUCIFER-blue
ルシファー

彼の悔い改めと変容の後、彼は再び至高の光の存在になり、いくつかの遠い銀河の配置に従事していました。

LFの秘密のスペック作戦の責任者、アブソリュートのチーフ階層、大天使ミカエルは、個人的に彼にその主要な役割の1つを提供しました。

この役割によると、ルシファーはDFの反乱、暴動、復讐を主導することになっていました。彼は同意し、この役割を見事に果たしました。

彼は現場に戻り、DFたちのリーダーになり、プレローマを排除し、ローカル宇宙の新しいブラックの共同作成者になるという野心を宣言しました:かつて、彼はすでにソースを裏切り、ダークサイドに亡命しましたが、そして今、彼はそれが勝つのを手伝いたいと思っている、と。

そして彼らは彼を信じました。

彼はすべてのブラック軍の最高司令官になりました。それ以来、ルシファーは単に彼らを導き、統一のプロセスと反プレローマの回復を管理しました。そして着実に、彼は彼らをトラップに、わなに導きました。

しかし、その後、計画はLFの地上チームリーダーによってほとんど台無しにされました。 DNIがすでに説明したように、光の戦士たちはルシファーに彼のすべてのこの凶悪な犯行を止めるように個人的に訴えることに決めました。

高次の光階層および銀河委員会のグループリーダーの仲間は、彼を見つけてルシファーと接触させるのを手伝いました。彼らは極秘体制のために特殊作戦とその中での彼の役割に気づいていませんでした。

光の戦士たちはルシファーの反応に驚きました。ルシファーはかつて(光の戦士によって命を得た)借りを負っているのに、その彼と話すことすらしませんでした。彼は仲介者を通して、彼は何も助けることができないと伝えただけでした。

結局、その秘密作戦中に、すべてが明らかになりました。

地上クルーはその中で彼らの役割を果たしました。決められた時間に、彼らは電光石火で車に乗って、秘密の惑星地獄のポータルにある反プレローマ-マトリックスの秘密の隠れ場所の1つに行かなければなりませんでした。

しかし、それは作戦からそらすためのものに過ぎず、大天使ミカエルの戦略の一部でした。

ARCHANGEL-MICHAEL
大天使ミカエル

詳細に立ち入ることなく、スペック作戦で予期せぬ事態が発生した後、この作戦の必要性はなくなりました。

これ以前は、情報はオープン-テレパシーチャネルを介して地上グループに送信されていましたが、情報が光の戦士たちを探しているルシフェリアンによって傍受されることを知って、(偽情報)は意図的に行われました。

LFは、偽情報を植え付けるための多面的な計画を実行していました。グラウンド-グループのメンバーはダーキーズの攻撃のターゲットとしてマークされ、光の戦士たちはずっと打撃を受け続けなければなりませんでした。それが彼らがしなければならないことでした。

投稿の最初の部分(2021年4月22日のDNIを参照)に記載されているように、別の作戦場面が、私たちの地球のための戦い場になっていました。

ブラックアルコンの目標は、用語の完全な意味での反プレローマを形成することでした。それは反-プレローマ13Dではなく、ガイアの多元宇宙の類似物を形成することでした。

捕獲されたイーオンの5D-12Dにおける彼らの焦点は、反プレローマ13Dに統合されることになっていた新しいブラック-ローカル宇宙の統一フィールドとして形成されていました。

彼らは その計画全体で何が欠けていましたか?  3Dの拠点、そしてより良い海岸堡(かいがんほ:戦闘を有利に運ぶための前進拠点)です。そして、それを行うのに私たちの3Dアースほど、良い場所はありませんでした。

それで彼らは私たちの惑星を占領するために彼らの主力を送り込みました。最後のその日まで、光と闇の勢力の間で前例のない戦いがありました。

battle-for-earth-1
地球のための戦い

それはもはやおまけのゲームではありませんでした。惑星はどんな状況でもあきらめられるべきではありませんでした。それがそのバトルが死ぬまで戦われた理由です。

すべての地球のライトフォース、すべての光のヘルパーたちは2021年4月にそれに参加しました。一部は意識的に、一部はハイヤーセルフのレベルで参加しました。誰もが地球の防衛に立ち上がりました…

つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA