フルフォードレポート 2018.11.26

Fine Regola dei Rothschild – Ben Fulford

 

フルフォード・レポート(11/26)【英語版】

嗚呼、悲しいではないかさんより転載

250年経てロスチャイルド支配の終了;新しい時代の始まり

ロスチャイルドとその会社が2018年10月24日に、信託業務(他人のお金を管理する)から撤退しているという発表は、ほとんど気付かれてはいないが、主要な歴史的転換点である。

https://www.rothschildandco.com/en/newsroom/press-releases/2018/10/24/rothschild-and-co-signs-agreement-sale-of-trust-business/

王朝の創始者であるメイヤー・ロスチャイルドが最初に王族のためのお金の管理を始めたのが1769年のことであった。7世代後、彼の子孫のアレクサンドル・ロスチャイルドは、この犯罪家族に焦点を当てた多くの国際犯罪調査によってビジネスから撤退させられたと、国防総省情報筋は言う。それは249年ぶりに西側金融システムがロスチャイルドの財務管理から解放されたことを意味している。

特に1マレーシア・デベロップメント・ブルハド・スキャンダルにおけるゴールドマンサックスの銀行家の逮捕は、ロスチャイルドの関与が明らかになるということを意味していると、フランスの捜査官と他の情報筋は言う。

https://en.wikipedia.org/wiki/1Malaysia_Development_Berhad_scandal

この複雑なスキャンダルは、ヒラリークリントン、バラク・オバマ、サウジ王室家族とその他多くが関与しているが、追跡調査は究極的にはロスチャイルドに繋がっていると、その捜査官は言う。また、それはマレーシア航空370/17便やG20核脅迫事件につながることは避けられないと、CIA情報筋は言う。それがロスチャイルドが信託事業から撤退を余儀なくされた理由である。

ロスチャイルドと関係を持つあるCIAの情報筋はこの進展を軽視して、「左手が右手に売っている」と言って、新聞発表のこの部分を指摘して述べている。

「この買収は、ロスチャイルドとその会社の上級役員であるリチャード・マーティンによって、経験豊かな投資家からの財政支援を受けて行われている。

言い換えれば、家族のフランス分家は多くの攻撃を受けて、家族のスイス分家か英国分家に事業を引き渡したと、彼は言っている。

それにもかかわらず、元CIA作戦捜査官のロバート・デ-ビット・スティールは、ロスチャイルドはトークンを5%保つように要求したにもかかわらず、中央銀行業務から完全に外れていると言っている。

https://beforeitsnews.com/v3/prophecy/2018/2501233.html

実際、ロスチャイルドが神の恩寵を失った兆候は、先週のカルロス・ゴーンの逮捕によって現れた。ゴーンは正式には税金の理由で逮捕されたが、逮捕の本当の理由は軍隊であった。国防総省情報筋は、ゴーンの逮捕は「ルノー・日産の合併を止め、マクロン大統領を弱体化させ、ロスチャイルドの影響力を弱める動き」だと言う。

アジアの秘密結社情報筋は、フランスは、日本と米軍の秘密を盗むためにルノー/日産/三菱連合の統合を完成させようとしていたことを明らかにしている。日産/ルノー自動車連合の一部である三菱自動車は、かっては三菱重工業(MHI)の一部であった。

https://www.mhi.com/products/defense/

MHIは日本を代表する軍事産業メーカであり、米国第七艦隊の司令官は、フランスが三菱自動車経由で技術にアクセスすることを防ぐために、ゴーンの逮捕とそれに続く陥落を取り決めたとアジア情報筋は言う。(誰が仕掛けた?トランプ?)

元ロスチャイルド銀行家のフランス奴隷大統領エマニュエル・マクロンは最近、ロシア、米国と中国から欧州を守るために欧州軍を呼びかけていたことを思い出してください。また今年の初めに、米大統領ドナルド・トランプが欧州を米国の主要な敵と呼んだことを思い出してください。

https://www.cbsnews.com/news/donald-trump-interview-cbs-news-european-union-is-a-foe-ahead-of-putin-meeting-in-helsinki-jeff-glor/

欧州と米政府との間の戦いは、13王族血統と彼らの欧州全体国が目下米国の軍産複合体を支配する反血統グノーシスイルミナティと世界支配を掛けて戦っている兆候であると、イルミナティ情報筋は言う。(?)

この戦いの他の目に見える兆候は、フランスのマクロンに対する暴動である。フランス人の3/4が反マクロン活動を支持しており、この不正に選出された大統領に対する圧力はひたすら増加しており、特に今は彼のロスチャイルド親分が権力を失っている。

いずれにしても、日本の軍事秘密を盗もうとしたフランスの企みは、日本の首相安倍晋三の主な支持者である菱グループを反財務大臣麻生太郎に変えさせたと、三菱のオーナー岩崎家のメンバーは言う。(三菱はギブアップした。安倍は?しねーだろうなぁ、、終わっちゃうけどね)

麻生の娘はアレクサンドル・ロスチャイルドと結婚しており、麻生は彼女の義理のロスチャイルドと繋がりのある会社ベオリアに日本の水の権利を売ったと、日本の右翼は言う。三菱も国家主義者も彼に対抗しており、麻生は有罪を宣告された男であると、情報筋は言う。

英国ロスチャイルドと日本の右翼情報筋によると、フランスのロスチャイルドは2011年3月11日の福島大量殺人津波事件に深く関与している。

有罪判決を受けるもう一人の人間は、ソフトバンクCEOの孫正義であると、アジア秘密結社の情報筋は言う。彼を倒すためにどのような赦免が使われるかはまだ明らかではないが、日本の選挙とサウジアラビア皇太子(より正確に言えば、彼の軸連の人形使い)への深いかかわりは、彼の時間が尽きたことを意味している。

アジアの秘密結社の情報筋は、新しい天皇の即位の後、来年の5月後に日本で大きな変化が起こると言っている。情報筋は、特別な印章か天皇の中止がこの変化を起こすためには必要であると説明している。情報筋は何が起こるか正確には分からないが、アジアはこれ以上西側の陰謀によって人工的に分割されないことは明らかにした。だから、韓国統一の後、台湾の中国への平和的機関も進行しているというのは良い仮説である。日本と中国の友好は全盛であると、その情報筋は言う。

アジアの秘密結社さえ、西洋文明は梅毒に感染している美しい女性のようであるという意見を完全に支持します。梅毒とはもちろんハザールマフィアを意味する。これが、彼らが西洋風政治から感染症を除去するための現在の運動を支持する理由である。

下のリンクの28ページの報告者は、ロバートムラーをはじめとする人々を記す、ハザールマフィアが起こした恐ろしい犯罪の詳細な例である。

https://www.docdroid.net/eVAAjIq/doj-ig-memo-mueller-bribery-extortion.pdf

最近表に出てくることは、まだ米国内と西側世界で起こりつつある戦いの小さな部分だけである。 米国での戦いは困難を極めており、FBI、司法省、CIA、軍産複合体、政治システム等は引き続き掃討が続けられている。

前線から:元CIAとNSAの筆頭将軍のマイク・ハイデンの一撃は軍産複合体の軍事情報社会の反トランプを沈黙させ、他の人たちが降伏したり転向させることができたと、国防総省情報筋は言う。拝殿は福島大量殺人事件の背後にいた一人であると、日本軍情報機関は言う。

ハイデンのような悪魔主義者を廃除することは、目下の大量逮捕を実行する準備ができているので、米裁判しスtムの掃討は容易にできる。もし、あなたが逮捕がすでに起こっていることを信じられないなら、点結ぶのは止めなさい。例えば、アーカンソー州でクリントン犯罪家族がどのように掃討されているかを見てください。

https://www.coreysdigs.com/clinton-foundation/arkansas-swamp-bleeds-as-clintons-circle-the-drain/

政治システムと司法システムが浄化されているので、善人は製薬産業界に対する大規模戦争を準備している。巨大製薬会社は2019年1月にファイザー社が過激な値上げを発表した後、保健省医師補佐官のダニエル・ベストに致命的な打撃を与えたと、情報筋は述べた。だから、彼らはトランプと議会が薬のカルテルを撲滅するために政府全体のアプローチを開始するように期待していると彼らは説明する。アメリカ医師会がすでに行っている証拠隠滅をさらに進めないように医師会への襲撃を彼らに励ましてください。

国防総省情報筋は、先週ロシアのアレクサンダー・プロコフクが新長官に選出されるとご報道したと述べた。インターポールの選挙は韓国人がロシアの評判を落とし、韓国を支持するように調整されているかもしれないと彼らは説明する。しかし、新たに選出された金正日は米国の情報機関から命令を受けて、プロコブシュク副大統領と共同して行くと付け加えた。

ロシアは最終的に、ウクライナのナチ州に対して先週、3隻の軍艦を沈没させることで、長引かせる措置をとった。これはウクライナ大統領ペトロ・ポーキーに戒厳令を宣言させた。ここにCIAがポーキーについて述べたことがある。「イスラエルのベンジャミン首相が終わったように、ポーキーの時も過ぎた。どちらも戦争犯罪者である」

ハザールマフィアを世界の権力から廃除すると、ネタニヤフ、マクロン、ポーキー、麻生らはドミノ倒れして、最終的にはロスチャイルド傀儡師を正義に導くことができる。信託業務の売却はあまりにも遅すぎる、この犯罪家にとっては遅すぎる。

終わりに、世界は第二次世界大戦のホロコースト等の人類に対する多くの恐ろしい犯罪の密接な関係を学ぶことになるでしょう。

 

フルフォードレポート【日本語版】

Weekly geo-political news and analysisさんより転載

 米仏の大喧嘩とロスチャイルドの信託ビジネス売却
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪2018/11/26 VOL488≫

先月24日、Rothschild & Co(ロスチャイルド&カンパニー)が驚くべき発表を行った。その内容は「ロスチャイルド一族が信託ビジネスを売却する」というもの。
https://www.rothschildandco.com/en/newsroom/press-releases/2018/10/24/rothschild-and-co-signs-agreement-sale-of-trust-business/

ロスチャイルド財閥の成功は、1769年に初代マイアー・ロスチャイルドが小さな地方国家ヘッセン=カッセル方伯領の宮廷御用商の銀行家に任じられたことに始まる。ロスチャイルド家にとって、今回の発表はそれ以来の歴史的な大変化と言えるだろう。
https://books.google.co.jp/books?id=c6JJAAAAYAAJ&pg=PA280&lpg=PA280&dq=rothschild+appointed+by+saxe+gotha&source=bl&ots=RSQpk0ORWi&sig=6d7aE1w-qptFCuZsxih9do8gwpg&hl=fr&sa=X&ved=2ahUKEwiZ3vOYm-zeAhUb7LwKHcgKCxgQ6AEwFHoECBwQAQ#v=onepage&q=rothschild%20appointed%20by%20saxe%20gotha&f=false

 

【 米仏の大喧嘩 】

フランスの反政府活動家やスイスの情報源らによると、この信託ビジネス売却には、先日もゴールドマンサックスの元幹部6名が起訴された「マレーシア政府系ファンド(1MDB)をめぐる汚職事件」、それから2014年に発生した「マレーシア航空370便の失踪」および「17便の撃墜事件」が裏で大きく絡んでいる。しかも「国際麻薬取引のマネーロンダリング」にも関与していたため、ロスチャイルド一族は信託ビジネスを手放さざるを得なくなったのだという。

http://www.agefi.com/home/entreprises/detail/edition/online/article/1mdb-rothschild–co-a-vendu-lembarrassante-filiale-trust-482565.html

http://www.economiematin.fr/news-paniquer-trembler-refugier-cave-rothschild-cede-activite-services-fiduciaires

(※リンク記事はフランス語です。興味のある方はページの翻訳機能を使ってください。)

この動きは間違いなくアメリカのトランプ大統領とフランスのマクロン大統領との喧嘩にも大いに関係している。前号でも述べた通り、先日ロスチャイルド

This post is only viewable for paid members please registeryour account to view full text.
If you registerd,please login.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です