フルフォードレポート 2019.1.21

フルフォードレポート【英語版】

嗚呼、悲しいではないかさんより転載

戦争犯罪者の一斉検挙が続いて、第四帝国は崩壊している

総統ジョージ・ブッシュ・シニアの廃除は、悪魔崇拝ハザールマフィアに対する戦いが激しくなって、米国と日本の大量殺人ファシストの新しい層が逮捕や突然の死に晒されだした。

日本では、ファシスト首相安倍晋三とその政権が戦争犯罪法廷に向いだした。最初に、フランス警察が日本オリンピック組織委員長の竹田恒和を汚職で起訴した。これは彼の法的困難の始まりに過ぎない。日本の米軍警察筋によると、竹田は、裕仁天皇の従妹である戦闘部隊731の創設を担当した竹田恒徳の息子である。安倍政権はまた、獣医学部大学を見せかけた彼ら自身の生物兵器研究所を設立しようとして追われていると、その情報筋は言う。

また、2020年東京オリンピックの予想超コストは暴力団や政治家に賄賂を支払うために3倍の300億ドルを超えるまでに至ったと、その情報筋は言う。この金が洗浄される主要な方法の一つは、官僚がオリンピック会場はどこに建設されるかを暴力団に話すと、彼らはその土地を買い、大幅な値上げをして政府に売ることができることであると、日本の暴力団情報筋は言う。他の金はオリンピックの安全保障や警備サービスのために暴力団への支払いに使われると、その情報筋は言っている。

これは、彼らがいわゆる福島の洗浄から横領していた資金を置き換えると言うことである。実際に自分のガイガーカウンターで福島に行くジャーナリストは、放射線がほとんどないことを認めざるを得ません。「洗浄」のためのお金はゴミ箱に入れられて賄賂のために東京へ送り返されると、情報筋は述べている。安倍と彼の仲間は、可能な限り早く牢獄か地獄へ行く必要がある。

一方、米国では、CIA情報筋によると、特別検察官ロバート・ミュラーはゲシュタポ隊長のハインリッヒ・ミューラーの息子であるということです。父親の犯罪は息子の犯罪ではないが、ロバート・ミュラーは9/11に隠蔽工作への関与と、現在進んでいるロシアの魔女狩り偽装への参加で起訴される予定だと、その情報筋は言う。

面白いことに、スイス・ダボスで開催される今年のファシスト主催の世界経済フォーラムに参加するトップ政治家は、第二次世界大戦のファシスト同盟のそれぞれの長である、安倍晋三とドイツ首相(ヒットラーの娘)アンゲラ・メルケルである。一方、ファシストと戦う国のトップである、英国首相テレサ・メイ、フランス大統領エマニュエル・メルケル、米大統領ドナルド・トランプ、中国国家主席習金平、ロシア大統領ウラジミール・プーチン、インド首相ナレンダ・モディらは全員ダボスをボイコットする。昨年10月のサウジアラビアの「砂漠のダボス」で行ったように、多くのビジネス・リーダーたちも参加を取り消している。国防総省情報筋は、これは偶然ではないと言っている。

国防情報局筋は、次のように述べている。「米軍は、中国とロシアと共に、バチカンと連邦準備理事会を含むすべての世界口座を引き継ぎ、効果的に世界通貨リセットを始めさせる」

この第一段階には、最上層の口座所有者を清算することを含むことになると、その情報筋は言う。最上層口座所有者であり、重要な主権者は、実質的にはどいてもらい、世界通貨リセットを妨害遅延させるの止めさせる。基本的に、因縁が元に戻ってくる。それはバチカン、連邦準備制度理事会、イエスズ会等への申し入れは金塊を取るか死を取るか(賄賂か死か)であるとある情報筋は言う。

その他の金融リセットについてはまだ議論中であるが、中国の一帯一路計画と協調して活動する西側の将来計画期間を設立すると言う幅広い合意があると、欧州王室関係者は言う。初期予算は約3,000億ドルになると彼らは言う。また、中国は米国経済から雇用とお金の流出を防ぐために1兆ドル相当の米国輸出品を買うことに同意したと、多くの情報筋が認める。

このリセットの目に見える兆候の一つは、米国を国連から脱退させ、米国抜きで国連を再立ち上げするための法案が米議会に提出されたと言う事実です。国連は私有企業であり、本当の世界の市民の代表ではありません。国連の健全な部分は、アジア-おそらくラオスに本部が置かれるであろう国連の代替機関に引き継がれることになると、アジアの秘密結社情報筋は言う。

国連の浄化は、彼女の旅費を支払うようなことをする為のエボラ資金の悪用を含むWHO(世界害機関)の汚職調査も始まった。WHOはまた、人種差別と性差別の横行を非難されている。これらの調査が進めば、世界は、彼らが報酬との見返りにワクチンキャンペーンと医薬品の販売を促進するために偽装や実際に病気を流行をさせることの彼らの役割について知ることになる。

トランプと北朝鮮の実力者キム・ジョンウンの首脳会談は、アジアの旧正月休日後の2月下旬に予定されており、日本のファシスト政権や朝鮮統一のような問題を取り扱うことになると、国防総省とアジア秘密結社情報筋は言う。

首脳会談が行われる頃には、西側の悪魔徒党の一掃はほぼ完了しているはずであると、その情報筋は言う。米国では特に、政府の閉鎖が大規模廃除のための道を切り開きつつある。「閉鎖が30日を過ぎると、トランプはTSA(アメリカ合衆国運輸保安庁)、IRS(アメリカ合衆国内国歳入庁)のような圧政的な機関、FBI、DOJ、国務省や前大統領バラクオバマによって導入された深層国家工作員や高級官僚を解雇することができるようになると、国防総省情報筋は述べる。

また、「連邦裁判所が1月18日に資金を使い果たしたので、軍事法廷が本格的に開始される可能性がある」とその情報筋は述べている。

さらに、国会議員トム・マリノの米国内で急増しているオピオイドへの関与を理由に再選直後に辞職させることで米政府の掃討は続いていると、その情報筋は述べている。

さらに、改革されたFBIが議会の海外の汚職調査を始めたと、彼らは言う。これは、下院議長のナンシー・ロペスとアダム・シフのブラッセル、エジプトとアフガニスタンの旅行を初め様々な議会代表団(コーデル)のキャンセルの形で実を結び始めていると、その情報筋は言う。
「どうやらコーデルはブラッセルのグローバリストからの命令と賄賂を受け取り、エジプトのイスラム教徒同胞団を扇動して、シナイ経由でイスラエルに後退させ、アフガニスタンの麻薬密売を引き延ばさせることであった」とその筋は言う。

イスラエルへの旅行は、コーデルへ賄賂を提供し、イスラエルへの米送金を守り、悪魔崇拝首相ベンジャミン・ネタニヤフを守ることを意図したものである。幸いにも賄賂は払われず、今やイスラエルはついに首相を起訴する動きに出ている。イスラエルの報道によると、イスラエルの検事総長アビチャイ・メンデルビットは来月ネタニヤフを起訴することを推奨している。

https://www.haaretz.com/israel-news/attorney-general-expected-to-charge-netanyahu-with-bribery-next-month-report-says-1.6851579

一方、今秋ダボスに集まる敗者たちは、人類への奉仕と環境保護の両方における彼らの失敗を熟考することになる。国際金融研究所による先週の報告によると、彼らのバビロニア債務奴隷制度は人類に、GDP比318%の244兆ドルのふさいを負わせている。一方、世界の人々の46%が一日5.5$未満で暮らしており、最も裕福な6人が最貧層の50%を所有している。

https://www.zerohedge.com/news/2019-01-18/global-debt-tops-244-trillion-dollars-nearly-half-world-lives-less-550-day

https://www.ecowatch.com/richest-men-in-the-world-2274065153.html

そして、もちろん、大金持ちが我々から金を盗み、最貧者は自然から盗むことを強いられ、結果的にこの惑星の歴史の中で最悪の絶滅危機になっている。もうたくさんだ。

https://www.infowars.com/earths-ecosystems-are-on-a-collision-course-with-extinction-insect-populations-have-declined-by-up-to-98-percent-in-some-areas-of-the-world/

 

フルフォードレポート 【日本語版】

米政界の泥仕合とその裏側にある本気の世界権力闘争
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪2019/01/21 VOL495≫

米政府機関の一部閉鎖が過去最長の5週目に突入している。しかも、その間にアメリカ支配階級がみせた泥仕合は、呆れるのを通り越してもはや笑えてくる。
特にトランプ大統領と民主党を中心とした反トランプ勢の最近の喧嘩は、実に幼稚でまるで猿芝居だ。

たとえば先週16日、米民主党幹部のナンシー・ペロシ下院議長が“政府閉鎖をめぐる与野党の膠着”を理由に「大統領は議会への一般教書演説を延期すべきだ」
と呼び掛けたところ、翌17日に今度はトランプが米軍機の使用許可を取り消し、ペロシのブリュッセルとアフガニスタンへの視察旅行を出発直前に中止させた。
https://www.bbc.com/japanese/46914609

突然の中止を言い渡され、ペロシが米空軍バスに乗り込んだまま議会議事堂の前で立ち往生する様子を米マスコミも大きく報じている。

また、17日には「トランプの元弁護士マイケル・コーエンが、議会で偽証をしたのはトランプの指示だったと認めた」と米ニュースサイト:バズフィードが報じた。そして、その報道が出た翌18日にコーエンは顔にあざを作り腕に包帯

 

This post is only viewable for paid members please registeryour account to view full text.
If you registerd,please login.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です