私たちのインナーワーク パート1 3次元から4次元および5次元へ レフ著 2022年1月3日

私たちのインナーワーク パート1 3次元から4次元および5次元へ レフ著 2022年1月3日

光の勢力による地球革命と宇宙人 さんより転載

 

 

レフ

怒りを感じることは、その原因を明確に理解すれば、何も悪いことではありません。今、最も多いのは、急速に変化するエネルギー環境に対する私たちの身体の自然な反応によって引き起こされるものです。細胞や原子レベルの生物は、波動があまりに速く変化するのについていけず、怒りで反応するのです。

一方では、これは彼の防衛反応です。一方では、4次元への切り替えを阻む私たちのすべてを燃やすツールです。

現在、4次元空間自体は4.0次元〜4.05次元です。その中には多くの周波数フロアがあり、最も重要なのは5次元に入る前の通過です。

厳密には段階的かつ個別的なプロセスです。それは、私たちの振動をできるだけ長く1000Hz以上に保つ方法を学ぶための訓練場なのです。

もし、3次元に戻ったとしても、それはそれでいいのです。ただ、今はインナーワークに集中し続けなければならないのです。

2022年、共同創造者と銀河司令部は、地球を完全に4次元に移行させ、100%活性化させることを計画しています。

私たち一人ひとりにとって、4次元に入り、滞在するために、1000Hz以上の周波数に適応するための非常に深刻なインナーワークを意味します。

移行の活動的な部分は、2023年3月23日まで続きます。この日までに、そのフェアウェイは閉じられ、次の段階が開かれます。

4次元に切り替わった人は全員、4次元で完全に安定した状態になっているはずです。3次元にロールバックした人は、4次元のフィールドの条件に完全に適合するために必要な変容をしなければなりません。

そこでは、4次元地球上で、私たちは今非常に必要とされていて、適切な状態とエネルギー形態になっています。私たちを通して、私たちの存在するフィールドによって、4次元の地球の最終的な構造化が行われます。

それができるのは、私たち人間なのです。それは、新しいアパートや家に定住するようなものです。建てることも、提供することもできますが、家具や配管などの設備がない状態です。ですから、新しい場所では、私たちがそれを居住可能なものにしなければなりません。

私たちは、直感や超意識、ハイヤーセルフのレベルで、より無意識にこの作業に参加しています。たいていは夜、夢の中で。

4次元フィールドはまったく新しいものです。以前はこの地球にはなかったものです。将来、完全に準備された5次元の地球に移動するため、すべてが準備された状態で4次元に来るわけではありません。

3次元にロールバックされた人は、まだこの作業に参加することができません。今、彼らの主な仕事は、2022年3月23日までの残りの時間で必要な基準を完全に満たすことです。

私たち全員は、微細領域からのメンターとハイヤーセルフによって導かれます。しかし、すぐに私たちの多くが、特に一時的なものに夢中になります。3次元にとどまっていた人たちは、今は触られていません。

もちろん、彼らもまたガイアとともに変身、変化しているのです。結局のところ、惑星の変化は、地球上の現実全体、すべての有機的な生命の変容を伴います。

これは必然的なプロセスです。しかし、それは4次元への移行という変容ほど集中的に進行するものではありません。それに加えて、4次元での生活のための身体の変容が加わります。

その中には、「移行守護者」という条件付きの名前のグループも含まれています。彼らは、説明したプロセスに加え、地球のアセンションの形成と安定化、つまり3D/4D/5Dの惑星ロゴスの共通フィールドであるホールフラクタル・イーオンの活性化に参加するライトワーカーたちです。

また、「移行先駆者」も存在します。彼らは先に4次元の変容の必要最低限を通過し、2021年12月21日に、次の段階の身体変化のための新しいファイルがアップロードされました。

初期フォーマットでは、4.1D~4.2Dのレベルで振動を発していました。アップロードされたファイルによって、それは4.5Dに引き上げられます。しかし、それが限界ではありません。現在では、4.8D以上のものも多くテストされています。実験は、短期間の5次元への没入で生体内で行われます。

変身ファイルとは、モデル、私たちの未来像、私たちが近いうちになるべき姿のことです。それは自己充電結晶として配置されています。その中には、私たちの身体をあるレベル、ある日付に変化させるプログラムがロードされており、私たちのコーパス(データベース)と微細体の再構築に必要な波動を発するエネルギーも充電されているのです。

4次元への変容と適応はどのくらい続くのでしょうか?

人それぞれです。ある人は早く、ある人は遅く再構築されるでしょう。個人的な要因に大きく左右されます。

暫定的な完成予定は2022年3月23日です。現在、ライトウォーリアはすべての移行作業に積極的に参加しています。

残念ながら、私たちの肉体はこれらに簡単に耐えられるものではありません。もちろん、命に別状はありませんが……2021年12月21日以降、多くの人が夢の中や半分眠っているような、非力な状態で過ごす時間が長くなっています。

覚醒している期間は、桁外れの振動、偏頭痛、何時間も続く吐き気、全身のかゆみ、胃痙攣(胃腸のリストラが本格化)、地獄のようなめまい…を伴います。

 

特に、集合点を4次元のレベルまで上げて引き伸ばすと、そのすべてが悪化します。そうなると、歩くこともできず、水平線が浮いているような状態になり、何かにつかまって立つか、横になるしかありません。

このとき、散歩やジョギングをしていると、四方八方によろめき始め、緊急に足場を探す必要がある。自分がどこにいて、どの星にいて、昨日何があって、今日何をしなければならないのか、理解できていないときの不十分な状態になります。特に、目が覚めてから現実に戻るのが難しくなります。

唯一の慰めは、正月休みで、街中でこんなふらふらした状態でも、他人から嫌な顔をされないことです…。

 

ソース

https://www.disclosurenews.it/our-inner-work-part-1-from-3d-to-4d-and-5d-lev/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA