フルフォードレポート 2019.6.24

フルフォードレポート(6/24)英語版

さんより転載
ハザールマフィアの悪魔の夏至イラン生贄は大失敗に終わった
イランで第二次世界大戦を誘発しようとするハザリアンの悪魔主義者による最新の試みは見事に裏目に出た。起こったことは、悪魔の夏至の火の生贄の日である6月21日にドナルド・トランプ大統領が悪魔チャバド偽ユダヤ人の命令に従ってイランへの大規模攻撃を命じたが、米軍は彼に従うことを拒んだ。結局唯一の火の犠牲はイランへの攻撃が行われるはずの時にフィラデルフィアの石油精製所で巨大な爆発が起こった。
無人機に随伴する米国の有人航空機を撃墜しないで、空域に入った米国の無人機を撃墜する形で起った。面目を保つために、トランプのハザール人人形師たちは「報復的なデジタル攻撃」によってイランを攻撃したと言うお笑い報道を発表した。彼らが言うべきことは、「報復的な偽の報道」でした。
最大のコンテナ港の石油貯蔵施設が6月5日に燃やされ、6月7日にはイランの商船が2つのペルシャ湾の港でほぼ同時に、未知の放火装置によって燃やされたことを考えれば、イランは非常に自制している。
米国防総省の情報筋によると、イスラエルがこれらの攻撃の加害者である可能性があり、このような第三者による挑発が米国とイランの間の戦争を引き起こさないことを確実にするための直接路線が確立された。
MI6の情報筋によると、これに関連した動きとして、米国防総省国防長官のPatrick Shanahanが「彼はハザリ派マフィアに侵害された人々のリストに登場したため」解雇された。特に、彼は長年の雇用主である「ボーイングによる民間航空機の武器化」に深く関わっていました。言い換えれば、彼は、マレーシア航空370/17の大量殺人事件と核恐喝事件に関与したと、情報筋は述べている。
米軍はまた、トランプ政権に国防長官を派遣すること、つまりトランプ政権からの命令に従うことを望んでいない。代わりに、「軍は、ABCでのイランとの戦争に反対するために、その長老、元マイク・ミューレン参謀長の合同参謀長を派遣している」とペンタゴンの関係者は述べている。
長年のトランプの支持者でさえ、大統領が自分の義理の息子であるJared Kushnerが属する悪魔的なChabadカルトによって個人的に妥協され、脅迫されていることに気づき始めています。 これらの狂信者たちは、人類の90%を殺害し、残りを奴隷にすることを可能にする戦争を始めるためには、イラン、中国、ロシア(Gog)とG-7(Magog)の間の戦争を引き起こす必要があると信じています。
一方、トランプ氏は、最後に話した人物が米軍の愛国者であるか、ハザリアンの悪魔の暴力団であるかに応じて、ピンポン玉のようにころころ変わる。北朝鮮では、トランプは米軍から正直な指示を受けています。 北朝鮮の最高指導者、キム・ジョンウンはトランプ大統領から「優秀な内容の手紙」を受け取ったと発表し、「興味深い内容を真剣に検討する」と発表したのはそのためです。
ホワイトハウスの白龍会協会の情報筋によると、この書簡は朝鮮半島を統一することを提案し、金氏は皇帝の象徴的指導的役割を与えられ、韓国大統領のムーンジェイン大統領は日々の行政を統括する大統領になるだろう。 。米軍は、その基地を韓国に維持するが、統一された朝鮮半島では、38度線の南側にいると、情報筋は述べている。中国の習近平主席もまた、統一朝鮮民主主義人民共和国に対する中国の経済的支援を約束した、と中国政府関係者は述べている。
日本のヤタガラス、つまり三本足烏秘密結社の情報筋はこれを確認し、半島が統一されれば日本と朝鮮を結ぶトンネルで仕事が始まるだろうと付け加えた。情報筋によると、韓国は2020年の東京オリンピックに統一チームを派遣するという。
また、将来的には、朝鮮と日本の王室の間の結婚が、北東アジアの平和と団結を促進するために取り決められるかもしれない、と関係者は言います。
朝鮮問題の解決は、世界が米国の企業政府を破産させ、シオニストとその不正なイスラエル国家に彼らのテロ活動と警告活動をやめさせることに全力を注ぐことができることを意味するでしょう。
白龍会は、米国の企業政府を破綻させることでハザールマフィアの主要権力源を排除することができることを、多くの黒幕に示唆してきた。米国政府が35日間閉鎖することを余儀なくされたように、一つの試みは今年初めにほぼ成功した。(しかし、米軍はその間賃金を居給され続けたことを覚えておいてください)
しかし、それに続いてトランプは全ての軍隊が彼の政府を去った後に驚き、そして激怒するシオニスト熱狂者になるものと思われる。それ以降、企業メディアとトランプは株式市場から吸い上げて、実態は逆なのに「経済は絶好調」と唱えてきた。
今、米国企業政府は再び破産に直面しています。今回は中国との貿易戦争の敗北です。事実は、シオニストの銀行家たちは彼らの遊び金で米国の株式市場を後押しすることができるが、彼らは輸入にそれを使うことができないということです。
外国のいわゆる米ドルは実態米国経済には強すぎるので、トランプは生産を米国に戻すことができない。米国が米国経済に自国通貨を使用しない場合、中国の関税は工場を米国ではなくバングラデシュやベトナムなどの国に移すことになるだけである。
企業はチアリーダーなろうとしているが、実際の米国経済はすでにリーマン型の危機に直面しています。小売業界は「黙示録」を経験し、自動車販売は「全く悲惨」であり、農産物業界は「少なくとも数十年で最悪の年」を経験しており、不動産業界は「最悪」の状況を経験している。サブプライム住宅ローンの破綻以降、生産は急激に減少し、運送業界は創業以来最大の新規受注の減少に直面しています。

https://www.zerohedge.com/news/2019-06-21/quietest-season-20-years-truckers-turn-apocalyptic-sentiment-crashes-most-record

米国財務省が現在緊急電話オークションシステムをテストしているのは偶然ではありません。このようなオークションは、金融システムのコンピュータが停止している場合にのみ必要です。実際、事態が進行するにつれて、7月に何らかのありえない金融事件が行われる可能性があります。
しかし、6月28日と29日に予定されているG20会議では、中国はブリッジローンの交渉を数ヶ月間許可することを決定する予定です。 しかし、地球全体が、米国へのさらなる資金提供と引き換えにシオニストプロジェクトの終了を要求するでしょう。
第二次世界大戦を開始する彼の試みが失敗した後、米軍はすでにトランプにイスラエルへの公的支援を強制することを強制しました。 国防総省の関係者によると、「トランプ氏はイスラエル当局者をバーレーン経済会議から追放した」と言う。さらに、トランプ氏は報道陣に対し、イランが38人のアメリカ人にP-8監視飛行機の乗務員の命を守ったことに感謝していると繰り返し述べた。米軍はイランの対応者たちに、P-8飛行機は実際には「イスラエルの潜水艦を捜している」と述べた。
世界規模の鷹狩りドローンを犠牲にして、イランの強力な防空をテストし、イラン海軍とホットラインを設定することにより、米中央司令部は戦争誘起人ボルトンとポンペイオをおとなしくさせたかもしれないと、その情報筋は述べた。
国防総省の情報筋によると、イスラエルには核兵器の兵器庫を排除するよう圧力もかけられているという。あるオブザーバー国が「イスラエルの核テントに国連ラクダの鼻を持っている(一歩踏み出した)」と述べているように、国際原子力エネルギー連盟はパレスチナを歓迎している、と彼らは言う。
米国国防総省はまた、イランに対し、米国と締結した新たな核兵器条約にはイスラエルの非核化が含まれると発表した。
しかし米国では、原因不明の内戦は衰えずに激怒し続けている。反体制の象徴ジョン・マカフィーの2020年大統領選挙運動のために働いている6人の異なる従業員が、マカフィーが病気になっている間に彼が立候補すると発表して以来、死亡しています。
Patryk Labusもまた入院しました。そのことは私の2020年の大統領選挙運動のための私の6人の国際マネージャー全員を先週入院させた。 6か国で。さらに私の影武者 –  Jay Pizzle  – そして私の警備長 –  Bruce Heidelberg。アメリカを目覚めさせる!!!! pic.twitter.com/DcWaDsIEUw
 –  John McAfee(@officialmcafee)2019年6月20日
それは、オンラインで出版されたJefferyの “Pedophile Island” Epsteinの人物名簿帳の内容に従った。これらの名前と連絡先の詳細を公開することで、必要に応じてこれらの人々を狩ることができるようになると、情報源が約束する。
多くの著名なシオニスト億万長者や黒幕が最近「姿を消した」、そしてジョージソロスのような人々がまだ生きているように見えるコンピュータグラフィックスの試みを検出するための技術が開発されている。
支配的エリートはその間、その継続的な規則を正当化するために「規則に基づく世界的秩序」という用語を使用しています。 言語学的には、この文は世界がその「規則」を守らなければならないことを意味します。 もちろん、これらの人々はかつて私に黄金律が「金を持っている人は誰でも律法を作る」と言ったのです。 彼らは金が食べることができない単なる黄色の金属であることを忘れています。 それは、特にグローバルエリートのハザール悪魔崇拝派にとって、長くて暑い夏になることを約束します。

 

フルフォードレポート【日本語版】

http://benjaminfulford.jp/さんより転載

アメリカの対イラン工作の失敗と景気後退について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪2019/06/24 VOL516≫

例年6月21日前後に訪れる夏至の頃になると悪魔を崇拝するハザールマフィアは火を用いた盛大な「儀式」を執り行う。今年も例に漏れず米ペンシルベニア州フィラデルフィアで石油精製所が爆発、大火災が発生している。しかし、その日に予定されていた彼らにとって最大のイベント、「アメリカとイランの戦争勃発」というシナリオは見事に失敗した。

https://www.youtube.com/watch?v=Api_MNgAksQ&feature=youtu.be

 

【 対イラン工作 】

ここでアメリカとイランをめぐる騒動について、表と裏の情報を少し整理しておきたい。まず、6月12~14日の日程で日本の安倍首相がイランを訪問し、アメリカ・イラン間の緊張緩和や関係改善の仲介役を果たすべく最高指導者のハメネイ師とロウハニ大統領と会談を行った。しかし、安倍がトランプ米大統領のメッセージを伝えようとすると、イラン政府は「トランプ大統領と交渉するつもりはない」と拒絶。その最中、安倍の仲裁を遮るかのようにイラン沖合のオマーン湾で日本企業の石油タンカーなど2隻が攻撃を受ける事件が発生した。

実は、この事件が起きる少し前からイランも激しい攻撃を受けていた。たとえば、6月5日にイラン最大のコンテナターミナルであるシャヒド・ラジャイ港で大規模な爆発が発生、石油貯蔵施設が燃えて港は相当なダメージを受けた。また、6月7日には「何者かが仕掛けた発火装置」によってイランの貨物船6隻がほぼ

This post is only viewable for paid members please registeryour account to view full text.
If you registerd,please login.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA