フルフォードレポート 2019.8.26

フルフォードレポート(8/26)英語版
嗚呼、悲しいではないかさんより転載
国防総省は世界金融リセットが迫っているのでシオニストを国外追放しようとしている
軍産複合体シオニストに対して重大な動きを見せており、多くをシベリアのユダヤ自治区に追放する準備をしていると、国防相処情報筋は言う。国防総省とその同盟国はシオニストの支配権を受け継ごうとしており、先週ワイオミング州のウノジャクソン・ホールで会合しが中央銀行かやG7リーダーさえ、経済的パラダイムシフトが必要であることを水戸園ている。これらの動きは、民間所有の中央銀行に対するシオニストの支配を終わらせる世界的な金融リセットの話に関連している、と情報筋は言う。
大多数の公的機関のお偉いさんたちは現在、金融リセットを公に訴えている。これには、IMFのクリスティーン・ラガルド大統領、ロシアのウラジミール・プーチン大統領、中国の習近平国家主席ロスチャイルド所有のエコノミストなどが含まれます。世界経済の利益とシオニストに支配された会社アメリカ政府のそれとは対立しているので、そのような通貨は、ほとんど定義上、シオン主義者支配から外れることになる。
「貿易戦争は世界の通貨リセットの前線です」とペンタゴンの情報筋は確認しています。ドナルド・トランプ米大統領は、JPモルガン・チェース・バンクバンク・オブ・アメリカシティグループなどのCEOに貿易戦争に対する姿勢を支持するよう呼びかけている、と情報筋は述べている。JPモルガンチェースによるカナダのすべてのクレジットカード債務のキャンセル、ドイツ銀行の破綻、ゼネラルエレクトリックの不正暴露、人民元の切り下げ、および金で支えられたドルはすべて、新しいシステムの進行中の抜け目ない取引の一部でしたと、彼らは言う。
しかし、トランプが大騒ぎし電話をかけまくっても、新システムは米国から力を奪うことを明らかにしている。現在、米国は世界貿易のわずか10%を占めていますが、イングランド銀行によると、世界のGDPの70%以上が米ドルをアンカー通貨として使用しています。これにより、グローバル通貨リセットが米国企業から大きな力を奪うことは明らかです。
トランプ氏は先週、「長年にわたって年間合計約1兆ドルの損失があるため、この問題について「国家の緊急事態を宣言する」可能性があることを認めた。
彼はグリーンランドとその資源を乗っ取り、米国の軍事基地の全費用「50%以上」を同盟国に請求し、中国のすべてに関税を課そうとしました。
米軍は、海軍がさまざまな情報機関の制御を引き継ぐ一方で、陸軍を軍の全体的な責任に置くことによって進行中の大きな変化の準備をしていると、ペンタゴンの情報源は言います。 これは、すべての米国の情報機関の新しい責任者であることを意味します。ペンタゴンの情報筋によると、情報機関の新国家情報局長は元海軍の元海軍中将であるジョー・マグワイアです。マグワイアは”深層国家のさくらではない前上院議員ダン・コーツの解雇のあとを引き継ぐのであって、元CIA長官代理であのジョン・ブレナンの召使スーゴードンの代わりではないと、彼らは言う。
事実上の米国軍事政権は「ユダヤ人のマフィアに最も悲しい日に、戦いティシャ・バヴを宣言した」と情報筋は言う。小児性愛者ゆすり屋ジェフリー・イプシュタインに関連した文書は8月9日に封を切られました、そして、「すべての証拠がどんな法廷説明なしで現在認められるので、彼は他の起訴を急速に発展させるために8月10日に『自殺しました』」と国防総省情報筋は言う。
「紀元前586年に最初に破壊された寺院、期限後70年に破壊された二番目の寺院、1492年のスペインからの追放、そして今のティシャ・バヴにおけるシオニストの最終地は、軟石にもわたる反乱の実行のためにカルマの制裁を受けて極東ロシアのユダヤ人自治区になるだろう」と国防総省情報筋は宣言する。
情報源は、「エプスタインは明らかに、西側のモサド工作員、シオニスト寄生虫、巨大組織のアメリカ・イスラエル公共問題委員会、イスラエルの第五部隊を根絶するために軍から法主された熟練工である」と付け加えた。
”悪魔主義者とシオニストの一連の勝利として”、エプスタインはユダヤ日66年6か月、22日の6時、つまり66,6年に信だと、その情報筋は言う。
「8月10日は、スルチスペクトル衛星を使って、致命的な小児性愛やその他の凶悪犯罪を追跡し、エプスタイン島を冠水させた国防総省の70周年でもあります」と述べています。
情報筋はまた、「トランプはビビ(イスラエル首相ベンジャミン・ネタニヤフ)に議会の女性イルハン・オマールとラシダ・トライブを追放するよう強制した」と言っている。彼はイスラエルは抑圧された国家であると明かして、イスラエルボイコット運動を支援して超党派的支持を止めた。911と311の戦争犯罪者ビビは再選に勝てないかもしれないトランプ・ルカイのように今は見える。
中国習近平主席と連邦準備理事会議長ジェローム・パウエルは敵であるとのトランプの声明は米国の破産は反中国と同様に反シオニスト活動に繋がることが明らかになった。しかし、実際はそれほど単純ではありません。
イングランド銀行のマーク・カーネイ総裁は先週、仲間内で非常に興味深いスピーチをして明らかにした。カーニーによると「システムの中心部の不安定な非対称性による国際決済金融システム何に深い欠陥がある-世界貿易の10%、ビットコイン(BIP?)の15%に過ぎないが、世界のGDPの70%をなす国家間の基軸通貨として機能している」
IMFS管理からほとんど除外されている新興市場(EME)は、現在、世界のGDPの60%を占め、2030年までに75%を占めると彼は言います。それらを金融システムの制御から除外すると、「世界経済の6分の5」の経済成長が遅くなります。
カーニーは現在の低金利制度もターゲットにしています。「以前の低金利は、戦争、金融危機、金融混乱などの高リスクのイベントと一致する傾向がありました。」とカーニーは「新たな多面的で多極的な世界経済にふさわしいシステム」が必要だと結論付ける。
[ここからPDF形式のスピーチをダウンロードしてください。]金融政策の課題の増加
財務長官は、国際収支の効果的な調整を妨げるため、または国際貿易における不公平な競争上の優位性を得るために、各国が通貨と米ドルの間の為替レートを操作しているかどうかを考慮する必要があります。ムニュチン長官は本日、トランプ大統領の後援の下で、中国は通貨操作者であると述べた。
トランプ大統領は、「私たちの国は何年もの間、中国に何兆ドルも損失しているのは馬鹿げている。私たちは中国を必要としません、そして、率直に言って、それなしではるかに良いでしょう。彼はまた、「私たちがドイツや他の特定の国よりもはるかに多くの関心を払っているのはなぜかという質問です。 「もちろん、現在存在するドルは、米国経済にとっては良くありません」
カーニーの提案する解決策は、ドルを「バランス」に置き換えることです。「バランス」は、元カバルボスによって制御された暗号通貨です。もちろん、実際の解決策は、特派員が長年言ってきたことです。米国は、もはや米ドルではない国連ドルとは別の新しい通貨を発行しなければなりません。
古いシステムを制御している13の血統の政府委員会の情報筋は、次のように述べています。基本計画において我々は迅速に動く、それは投資銀行業務の加速と呼ばれます。ヨーロッパの王である情報筋は、将来の計画機関を積極的に検討すると述べています。現在使用しているシステムが確率された第二次世界大戦後に存在した世界ではなく、世界の現在の現実に基づいた投票構造を持たないだろうと彼は言います。世界は巨大なスーパータンカーのような勢いで、方向を変えたい新しい船長がいたとしても、向きを変えるのに長い時間がかかります。 そのため、従来の方法では非常に迅速に変化が起きていますが、進歩は遅いようです。 それでも、米国企業が国際的な債権者に支払いをしなければならない9月31日またはその前後に何が起こるかを見るのは興味深いでしょう。 この著者はヘッジファンドの投資家ではありませんが、もしそうなら、この秋に不安定性の危険にさらされるでしょう。
西側が重要なことを何もしなければ、アジア人が2020年の旧正月以降に移動するのはいいことです。 もしそうなら、中国人は非常に慎重であるが、彼らが動くとき、彼らは大きく動くことを思い出してください。

 

フルフォードレポート【日本語版】

http://benjaminfulford.jp/2013/11/さんより転載

イスラエル・シオニスト過激派との最終決戦が始まる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪2019/08/26 VOL524≫

ペンタゴン筋によると、アメリカの軍・諜報当局はイスラエルとシオニスト過激派との最終決戦に向けて動き出した模様だ。それにより、アメリカのユダヤ人の多くが「イスラエルかアメリカ」のどちらかを選択するよう迫られることになるという。

 

【 ティシュアー・ベ=アーブ 】

まず、アメリカ軍はユダヤ人の歴史の中で「最も悲しい日」と位置づけられるユダヤ教の祝祭日ティシュアー・ベ=アーブの直前、8月9日に裁判所の命令によりジェフリー・エプスタイン関連の事件の情報公開に踏み切った。そして、今年のティシュアー・ベ=アーブの前日、8月10日にあえてエプスタインの「自殺」が演出されたのだという。
エプスタインを「死んだことにした」ことで、その裏にいた欧米エリートらに対する捜査がやりやすくなったとペンタゴン筋は伝えている。彼らの話では、エプスタインは死んでいないし、今は軍や諜報当局などとの司法取引に応じて彼の裏方である欧米権力層について情報を提供しているという。

また、この動きと並行してアメリカのドナルド・トランプ大統領はディープ・ステートの工作員だった米国家情報長官ダン・コーツと国家情報副長官のスー・ゴードンを同時に更迭している。そして、8月15日付で辞任した彼らの代わりに海軍特殊部隊(SEALs)の隊員や海軍特殊作戦司令部の司令官などを歴任したジョー・マグワイア(Joe Maguire)という退役海軍中将が国家情報長官代行に任命された。
これにより、元CIA長官ジョン・ブレナンの息のかかった政権内の人物のパージが一気に進んだ。ペンタゴン筋によると、今後は全ての軍隊の統括を米陸軍が

This post is only viewable for paid members please register your account to view full text.
If you registerd,please login.

1 個のコメント

  • 単なる誤植で生姜、ツナとガリで料理が化脳。偶然も必然で全てに意味があるのが宇宙の法則・・

    >シフトが必要であることを水戸園ている。
    多分、見通している。

    水戸黄門、光圀公の庭で光門様と助さん、拡散。庭で執り行われる悪人への有罪判決の一幕。

    >軟石にもわたる反乱の実行のためにカルマの制裁
    何世紀・・だよね(笑)

    demo何世紀も軟石で、硬い意思礫を今迄ヒット出来得なかった事ニモ意味が有るので賞。

    人類の種としての課題のクリアも大詰めで賞か?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA