フルフォードレポート【日本語版】2022.6.6 西側敗北の予兆と堕落する欧米社会

フルフォードレポート【日本語版】2022.6.6

西側敗北の予兆と堕落する欧米社会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪2022/06/06 VOL657≫

http://benjaminfulford.jp

欧米社会の堕落が加速している。その事例の1つとして、先週イスラエル諜報機関モサド筋からフランス大統領エマニュエル・マクロンに関する新たな情報が寄せられた。それは「マクロンが子供の頃に両親に連れていかれたイスラエルで男性を相手に売春していた」というもの。
https://foimg.com/00006/eKKZQB

さらに同筋は「マクロンには乱交パーティーで子供を殺す癖があった」とも話している。

ちなみに、彼が15歳だった時の相手:ジャンミシェル・トロニュー(Jean-Michel Trogneux)という男性が、今の仏大統領夫人ブリジット・マクロンである…との情報もある。「ブリジット・マクロンの出生時の性別は男だった」という情報については、昨年の秋頃からネット上にも出回っているため聞いたことがある人も多いだろう。
http://pressibus.org/gen/trogneux/indexgb.html

また、アメリカのバラク・オバマ元大統領の夫人ミシェル・オバマが男性であるとの情報も以前から有名な話。オバマ本人については「マサチューセッツ州ボストンの同性愛者が集うサウナで、若い頃に年配の白人と交際していた」という内容の記事が、以前に地元紙ボストン・グローブなどで報じられている。

しかし、ここで問題なのは、彼らが同性愛者であることではない。「そのこと

 

This post is only viewable for paid members please register your account to view full text.
If you registerd,please login.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA