フルフォードレポート 2019.9.23

フルフォードレポート(9/23)英語版

嗚呼、悲しいではないかさんより転載

多くの兆候は差し迫ったリーマン金融津波より大きなことを示している
ベテランの金融市場オブザーバーは、先週の金融市場の異常はある種の予期せぬ大事件が起こりそうであることを示していることを教えてくれる。これは、くわばらくわばら、幸運を祈るという、米国の政府の待望の崩壊の兆候かもしれません。それはまた、世界の金融システムの新しいブレトンウッズスタイルの再起動の合図かもしれません。
理解するには、9月19日のこれら2つのグラフを見てください。最初のはレポ市場(不動産買戻し市場)で、二つ目はSOFR(担保付翌日物調達金利)です。
レポ市場は基本的に、銀行などが今ここで現金を借りるための担保として米国国債のような長期の高品質の金融商品を使用する市場です。 2つ目は、銀行が互いに貸し合う割合です。レポ市場が1日で2%から10%に上昇するということは、インサイダーが米国債が価値を失いそうになっていると考えるか、巨大な銀行が破綻しそうであるため、誰も現金を引き渡したいと思わないことを意味します。
2番目のSOFRは282ベーシスポイント移動し、一般に20ベーシスポイントの移動でも人々が大騒ぎする市場です。 SOFRの動きは、少なくとも1つのメガバンクまたは複数のメガバンクが他の銀行からお金を得ることができなかったことを示しています。 この種の動きはリーマンショック時に最後に見られました。
個人所有のFRBは、今から10月10日までの間、1日当たり750億ドルを提供することで物事を落ち着かせようとしている。 これは興味深いタイミングです。米国政府は9月30日に支払い期限があり、9月30日に支払いに失敗した場合、10月10日頃(または遅くとも17日)までに支払いを行う予定です。
英国の王室の家族は宣言しました:
「米国司法省による決定が彼らに対して集団訴訟を許すので、金融業界は破産しました。不安定性は、余震にすぎない」と彼は説明する。以下のリンクはJPモーガン、ドイツ銀行、バークレイズ、ニューヨーク銀行メロン、ソシエテ・ジェネラル、コメルツ銀行その他を含むその多くの銀行は現在組織犯罪のギャングとみなされていて、RICOと他の反ギャングによって攻撃されています。法律は関与している。
言うまでもなく、これらの刑事事件は、これらの金銭的な悪行の被害者に破産訴訟を起こす原因となります。これらの法的措置は、金融システムの崩壊の兆候はこれだけではありません。米国の信用市場を見ると、完全な災害がすでに始まっていることがわかります。現在、サブプライムまたは疑わしい企業向けのハイリスクのローンまたは債券には3,128兆ドルがあります。
これはリーマンショック前のほぼ2倍の速さです。現在、米国の民間部門の資産はUSBIPの5.6倍であり、GDPに見合うためには80%近く下落する必要があります。
思い出してください。これに一時借り入れのアメリカ政府負債の200兆ドル以上(GDPの10倍)は含くまれていません。
別のショック:国有の不動産金融会社であるファニーメイとフレディマックは合計60億ドル(それぞれ30億ドル)の資本バッファーを持っていますが、5兆ドル近くの住宅ローン証券を所有または保証しています。これは1に対して1,000を使用されることを意味します。言い換えれば、住宅価格が0.01%下落すれば、破綻します。そして、何を推測します。不動産価格が実際に下落した兆候があります。
金融の第一人者であるジム・ロジャースが、金融システム全体が2、3年以内に崩壊すると予測するのも不思議ではありません。彼はおそらく楽観主義者です。少なくともかなり過大に評価されているが、実に不正な不動産会社WeWorkが崩壊の直接の引き金になっている可能性があります。
債券価格については、このチャートをご覧ください。
サウジアラビアと日本の投資家である孫正義に1000億ドルの「ビジョン」ファンドをもたらしたので、これは非常に興味深いです。 WeWorkの崩壊は最終的に孫の破産につながる可能性があり、その結果、日本の政権交代につながる可能性があります(孫は武蔵エンジニアリング、日本の選挙を盗んで安倍首相の犯罪政権を維持する会社を所有しています) )。孫の主な支援者であるサウジ皇太子ムハンマド・ビン・サルマン(本物のMBSは死んでいる)は、先週述べた英国王室に財政支援を求めて連絡を取ろうとした。
「MBS(それが何であれ/誰であれ)は直接接触への申し込みをしました、しかし、要請がスクリーニングされていない源から来たので、それは拒絶されました」と、彼は言います。これはサウジアラビアの先週突然の精油所火災、イタリア、インド、中国、メキシコ、その他の背景です。そして、内部爆発しているオイルダラーのシステムの所有者は言うようです。「やりましょう、さもなければ、我々はあなたの油をカットします」さらに、いくつかの日本の情報筋は、日本に対するいくつかの脅威(地震、核爆弾など)が米国企業により多くのお金を送らせることを強いられていることを伝えています。そして、ロックフェラーが管理する世界銀行と世界保健機関 間接的に8000万人を殺すと脅しています。
国防総省情報源によると、「長年のジンバブエの指導者ロバート・ムガベの死、イラン中央銀行に対する制裁、サウジアラビアの石油危機、中国貿易戦争は、トランプ大統領が金本位制への復帰を発表するためのスケジュールを加速させる可能性がある」 、 「トランプの金本位制計画の詳細に関心がある場合は、最近、トランプ氏がFRB総裁に指名したジュディシェルトンのエッセイを読むことができます。
一方、米軍は、世界の来たるべき変化に備えるために、中東で増強している。
「前イスラエルのベニー・ガンツ国防長官は、2人の他の前IDFのリーダーを取り込み次のイスラエルの首相なりそうである」と、我々の国防総省筋は報告している。
「これは、中ので平和によいことと、情報源は説明します」ガンツはアラブ党の支持を必要とします、そして、張子の虎のIDF[イスラエル国防軍]は能力上のロシア人とイスラエルのイランの武器の犠牲になることを恐れている。
したがって、これは将来の攻撃を阻止するはずです。 「ビビ(ベンジャミンネタニヤフ)が追放された後、エジプトの反SISIと米国の軍隊がサウジアラビアにMBSの保護のために進軍する。トランプは彼の3人の独裁者、ロシア、中国、イラン、トルコの下の新しい中東に躊躇している。」
情報筋はさらにヒントを提供する。国防総省はまた今週、「軍産複合体の三社は追い詰められており、ロッキードのF35、ボーイング737、787、777、令孫のパトリオットミサイル防衛システムに問題がある」と述べた。「シオニストと深層国家に対するもので多極世界にとっては平和には良い」と言っている。
今週、米国を拠点とするCIAソースから非常に興味深い奇妙なレポートを受け取りました。これは、いくつかの上級インサイダーから同様のことを独立して聞いたため、文字通り以下に記録しました。 MJ(?)レベルで、私はそれが絶対に正しいと思います。
キラリー(ヒラリー)を起訴するためにはCIA全体を廃止し、偽の国家システム(多くの秘密作戦と制裁、およびトップ支配者の個人的な強化)全体を起訴し、95%縮小する必要がある。ヒラリーはCIAの事務員であった。ジョージ・ブッシュ・シニアとキラリーはロスチャイルド家とネルソン・ロックフェラーの庶子ビルらによる伝えられるところによるオカルト儀式に目をつぶることで作られた。よって彼女は偉大な力を持った。
「CIAは、国家安全保障下でキラリーとビル・クリントンおよびクリントン財団に対するすべての証拠を保護するために、米国司法省に国家安全保障の免除を提出し、人々の訴追には使用できませんでした。 Killeryの電子メールは中国人に対する秘密作戦であり、中国人を誤解させるために、信頼を獲得し、虚偽の情報を誤解させるために、電子メールとエージェント名(それらを削除する意思のある人)は与えられた。キラーリーは、中国人をだまし、彼らがロンドン市の民間銀行家に後に寄生されるように彼らを育てるのを助けるために、二重のエージェントの役割を果たしました。 「現時点では、トップの異なるグループ間で熾烈な戦争がある。
「USN提督たちによってつくられたトランプ」キラリーは悪魔的な/小児性愛のネットワークを代表しており、カリフォルニアのサークルの悪魔的なモロクの魔女であり、通常月に1度オカルトセレモニーに参加しています。 Pizzagateのストーリーはすべて真実であり、エプスタイン、NXIVM、および世界中の性的行為や児童被害者のオカルトシステムにおける人身売買の他の多くの事例に関連しています。
ブッシュ/シェルフカバルは、ナチスの第4帝国(COL Ziosが率いる黒い太陽の支持者)の一部であり、ジョンディーとアリスタークローリーの時代のさまざまなオカルトサークルに関連しています。 イギリスはダークサイドを統合しました。
子どもの人身売買と犠牲が非常に重要な理由は、これらの犯罪者は、バアル/モロクの負のライフサイクルエネルギーニーズを満たしながら、すべての主要な役人と企業幹部を買収し、コントロールするためにこれを使用しなければならないと信じているからです。世界を導き、非常に豊かなままです。犠牲者の血液やホルモンに依存している人もいます。
すぐに、この全Z徒党グループがサンヒドリン・ラビとチャバドによって押しのけられると、私は思っています、そして、彼らはNoahide法を導入します∥(それはは既に米国の法律にある。米国で、伝えられるところでは、ロナルド・レーガンはそれ(多分PDD)の先頭にたったでしょう。大統領決定指令)
すべての目に見える既存の経済および権力構造、特に「ミステリーバビロン」-赤ちゃん-米石油ドルのバチカン/ COL / DCシステム-は権力から追放されています。
ここに、トップ9の9人のコントローラー(人または「ハイブリッド」ではないと言う人もいます)が現在計画に持っているものがあります。ロシアとアメリカを操作してお互いを破壊し、ジオニスト/イスラエルと中東のイスラム教徒がお互いを破壊し、そして中国が世界をリードする力になり、一帯一路と道路システムを持った後、中東を引き継ぐこれは、アメリカでの第二次世界大戦以来の最大の経済発展です。
「その一方、東アジアのCIAの情報源は次のメッセージを送信しました。」私の非常に良い連絡先の1人が昨夜、大きなFalse Flagイベントがまもなく計画されていると言った。
そして、はい、イベントはオーストラリアの近くで起きることになっているので、オーストラリアが関与しています。 スコット・モリソン首相は、単なる素敵な州の夕食会よりもはるかに多くの目的でトランプを訪問しました。 彼は9月27日までそこにいます。 首相がオーストラリアにいない間に事件が発生するのでしょうか? オーストラリアは、いわば、NWO法律といろいろな社会工学プロジェクトのための最初の試験台でした。
これは生の情報であるため、一粒の塩で取りますが、情報源は本物であり、大きな何かが私たちの道を進んでいることに疑いの余地はありません。 米軍は、120,000人の起訴者をできるだけ早く逮捕し、彼らが私たちのために建設したFEMAキャンプに連れて行かなければなりません。

 

フルフォードレポート【日本語版】

http://benjaminfulford.jp/さんより転載

アメリカ金融市場の異変とサウジアラビアの危機
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪2019/09/23 VOL527≫

先週、アメリカを中心とした金融市場に大型異変の前兆が見られた。
まず、下記リンクの2つのグラフを見て欲しい。1つ目のリンクを見て分かるように9月19日、レポ市場の金利が一夜にして2%から10%に急騰している。
そして2つ目のリンクから見て取れるのは担保付翌日物調達金利(SOFR)が、いきなり282ベーシスポイント急騰しているということだ。

・レポ市場
https://www.zerohedge.com/s3/files/inline-images/overnight%20repo.png?itok=ZRVq-AIV
・SOFR(= Secured overnight financing rate)
https://zh-prod-1cc738ca-7d3b-4a72-b792-20bd8d8fa069.storage.googleapis.com/s3fs-public/inline-images/SOFR%209.18.jpg?itok=VdFxRkwo

「レポ取引」とは短期金融市場の1つで、簡単に言うと「債券を相手に貸し、その担保としてほぼ同額の現金を受け取る取引(またはその逆の取引)」のこと。
大量の証券を保有しながらも現金が不足している企業は、レポ市場があるおかげで資金を安く借りることが出来る。また、「SOFR」は米国債のレポ取引に基づいた金利で、2012年に発覚した「LIBOR(ロンドン銀行間取引金利)不正操作事件」をきっかけにアメリカがその代替金利として採用した銀行間取引の金利指標のことだ。

先週20日にニューヨーク連銀が金融市場への積極介入を表明したことを受け、とりあえず事態は沈静化に向かっている。発表によると、10月10日まで「翌日物

This post is only viewable for paid members please register your account to view full text.
If you registerd,please login.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA