フルフォードレポート(英文): 2020.6.22〜アメリカが内紛で麻痺、世界中で戦争に向けたドラムが鳴る

新時代コスモスさんより転載

アメリカが内紛で麻痺、世界中で戦争に向けたドラムが鳴る

2020.6.22 by Benjamin Fulford

https://benjaminfulford.net/2020/06/22/war-drums-beat-around-the-world-as-u-s-paralyzed-by-infighting/

 

倒産から4か月経ったアメリカ・コーポレーションは、ますます機能不全になりつつあり、内紛によって引き裂かれている。これは世界中に権力の真空状態を残しており、複数の地域戦争が勃発する恐れがある。一方、東西交渉は入れ替わっている。新しい交渉を避けるために、アジア代表が「健康問題」を抱えているため、DCの米国法人は失速したままであり、長期間放置すると、米国、インド、日本、ロシアが中国に対して攻撃し得る、と黒い太陽の軍事メンバーが警告する。

米国政府は現在、イラク、アフガニスタン、イスラエル、ドイツなどにおける軍事的プレゼンスを撤退、または縮小しつつあり、ドナルド・トランプ米大統領は、失敗したキャンペーンと、孤立主義、資金不足がその理由だ。

米国の混乱の最大の崩壊は、米軍の撤退がオスマン帝国を再確立しようとする多方面的な試みにつながっている中東で引き続き見られ、トルコは現在事実上の征服戦争(レコンキスト?)をイラク、シリア、リビア、イエメンで展開している。 https://news.antiwar.com/2020/06/19/iraqi-kurdistan-may-become-a-proxy-battle-for-uae-and-turkey/

https://dailytimes.com.pk/627354/france-wants-talks-over-aggressive-turkish-posture-in-libya/

トルコの軍事情報源は、イランと中東を分割する取引が達成されたと言っていますが、イランはイラクとシリアのシーア派を手に入れるだろうが、トルコはイエメンでイランに対する代理戦争に従事しており、実質的な賞品はシーア派の大部分が国境を接するサウジアラビア石油原油田を支配しているトルコは現在、サウジアラビア、エジプト、リビア、イスラエルの支配を事実上求めていると情報源は言います。

この壮大な計画は、地上での展開を見ることができる。イラクでは、トルコは、クルディスタンへの大規模な侵入を行うことによって、発表された米国の撤退に即座に対応している。最終段階は、イラクのスンニ派の部分を全て引き継ぐことにある、とトルコの情報源は言う。

トルコ人はまた、リビアのトリポリの首都周辺から武将ハリファ・ハフタルを亡くしており、現在は国の石油埋蔵量の70%がある東リビアという彼の縄張りを狙っている。

フランスの経済は(フィアットユーロで支払わ)リビアの石油に大きく依存しているので、フランスの軍艦は先週リビアでの力に武器を供給するトルコの船を停止しようとしました。北大西洋条約機構(NATO)の同盟国が海戦でほぼ始まったという事実は、事実上の米国の不在がどれだけ状況を不安定化しているかを示しています。フランスはNATOの援助を求めたが、NATOがリビアの石油の盗難を継続するのを助けることに興味を持っているかどうかは明らかではありません。https://dailytimes.com.pk/627354/france-wants-talks-over-aggressive-turkish-posture-in-libya/

ロシア外相セルゲイ・ラブロフと国防相セルゲイShoyguは、トルコに軍事と治安関係者の代表団を送ることを望んでいたが、

(無料分ここまで)

この段階ではいかなる交渉でも進展が見込まれず、ロシアの外務大臣と防衛大臣のトルコ訪問を延期する決定が下された」とトルコのシニアオフィスがトルコのメディアに語った。つまり、トルコは戦争を選んでロシアが引き下がると想定していた。 https://www.yenisafak.com/en/columns/mehmetacet/what-does-haftar-have-to-do-with-russian-ministers-postponing-their-visit-to-turkey-2047489

状況は、エジプトが中東で唯一トルコを止めるほどの大きな軍隊を持つ国であるところまで達している。エジプトはすでにリビアでトルコに対して介入すると脅している。トルコの国営メディアは「エジプト大統領アブテル・ファッタフ・エル・シシによる軍事の脅威介入は「容認できない」ものであり、「宣戦布告にも相当する」 https://www.trtworld.com/africa/egypt-military-threat-declaration-of-war-libya-37464

エジプトは、中東の制御上のこれらの国間の任意の戦いは、第二次世界大戦以来、最大の戦争になるだろう。トルコの11 番目 と比較して、世界の軍事力では9位にランクされています。 https://www.globalfirepower.com/countries-listing.asp

ちなみに、イスラエルは軍事力において18位にランクしている。したがって、もはや米国の軍事支援を持たないようになった今、この紛争の勝者に屈服しなければならないだろう。もちろん、傲慢なシオニストたちは、西岸を別館する計画を立てることによって、足元で(頭でなくとも)自分を銃撃している。イスラエルは、軍事力において18位にランクしている。彼らは彼らのために良いものを知っていれば、トルコに対する隠れユダヤ人のエルシシと立場を揃えた方が良い。

エジプトにとって物事はさらに複雑である。隣国エチオピアがブルー・ナイル川を渡ってダムを建設し、エジプトのライフラインを脅かすからである。ロシアのアナリストは、エジプトとエチオピア(人口約1億の国々)間の戦争は避けられないと考えている。https://www.zerohedge.com/geopolitical/egypt-ethiopia-are-verge-war-over-water-nile-crisis-escalates

中東は混乱の中で唯一の場所ではない。パキスタンと中国をインドに対して巻き込んだ戦争の非常に現実的な可能性もある。1960年代以降のインドと中国の間の激しい国境衝突は、今数週間ニュースで続いている。先週パキスタンはインドを爆撃してほつれに加わった。MI6の分析によると、パキスタンと中国は、米国がカシミールとヒマラヤ領土をめぐる戦いに参加しないだろうと賭けているようだ。https://www.news18.com/news/india/pakistan-opens-fire-and-lobs-mortars-at-forward-areas-along-loc-ib-in-jammu-kashmir-2679719.html

https://www.businesstoday.in/current/economy-politics/india-china-border-row-govt-grants-emergency-funds-to-armed-forces-for-war-preparedness/story/407563.html

インドは、パキスタンと中国の影響に対抗するために、スリランカとバングラデシュを組み入れる必要があるとMI6アナリストは言う。

米軍は現在、中国と南米に集中しているように見え、ヨーロッパ、インド、中東をロシアに委ね、そして誰もが真空状態を充填したいと考えている。

南米では、中国、ロシア、イラン、キューバが保護を申し出たことで、ベネズエラの世界最大の石油埋蔵量の奪取に失敗した。 https://tass.com/world/1165191

アメリカ企業政府はベネズエラの石油を手に入れることができないため、必死に必要な硬貨を得るために、コロンビアのコカイン生産量は3倍に増え、コロンビアとブラジルの共同によるベネズエラへの移動はまだ可能ですが、それほど可能性は高くない。https://www.zerohedge.com/geopolitical/us-army-deploys-elite-trainers-help-colombia-after-cocaine-production-triples

本当の戦場はもちろん中国と極東。中国はアメリカの同盟国台湾に対する深刻な挑発を開始している間に、アメリカは3つの運搬グループを南シナ海に送っている。 https://focustaiwan.tw/cross-strait/202006210014

しかし、ある秘密のアメリカの深層国家機関は、米国のハイテクエネルギー兵器を使用するよう韓国のエージェントに指示したとき、彼はトランプに会ったとき、北朝鮮の強豪キム・ジョンウンが効果的に「毒」するように指示したとき、大きな戦略的なミスを犯しました。それは主要な潜在的な同盟国を排除したためです。アメリカ人が彼らにとって何が良いのか知っていたら、キムの殺人犯をトカゲから尻尾を切り落とし、日本と統一された朝鮮半島を反中国同盟を捏造しようとする。歴史的に中国の一部であったことがない日本人は、このような動きを歓迎し、韓国人も中国領になることを警戒しています。

一方、中国人は、アジアの秘密結社の情報源によると、インドネシアとオーストラリアを引き継ぐことを目指しており、最近では、オーストラリア政府に対する国家主催のサイバー攻撃によって見られます。東南アジアのCIAの情報源は、100万人を超える中国人エージェントが近年インドネシアに潜入していると言います。 https://www.rt.com/news/492306-australia-cyber-attack-state-actor/

もちろん、インドネシアは、現在進行中の東西秘密交渉の対象となる世界的な金融システムの再始動の鍵でもあり、これまでの概説では、従来のアジアの金やその他の財宝と西洋が支配するFIAT金融システムとの組み合わせが想定されています。

P3フリーメイソンの情報源によると、マイク・ポンペオ米国務長官は先週、インドネシアの金の支配を試みる秘密の任務でインドネシアにいた。しかし、彼は手ぶらで戻った。POTUS以上のセキュリティクリアランスを持つ欧米の諜報機関の情報源は「トランプ氏とポンペオ氏」は、「外交外科手術」行われるため、立ち返るよう求められています。」

これらの情報源によると:

「将来の計画機関は、ロンドンと東京の両方に本社を置き、常に管理しやすいように西と東のアラインメントを整備することを想定しています。事態が収束するなら、運営資金を提供し、細かな詳細に着手できます。

現在、アジアの通貨は「流動性が低いので、既存のFIAT通貨にそれを解放するために取引を実行する必要があります。 FRBは現在、米国財務省によって管理されているため、米国政府機関は関与する必要があります。私たちはファイブ・アイズで彼らと協力し、それを調べることができます。Mr.ポンペオが動いた理由はそれかもしれない。」

将来の計画機関の資金が確保されると、機能不全の米国政府は、ペンタゴンの情報源によると、ルートとブランチが置き換えられる。アメリカの唯一機能している機関である軍部はアメリカ株式会社の11章による認知を見過ごすのを助けるだろう。(?:訳注)これは、米国とカナダの合併を伴う場合としない場合があります, とソースは言う。

このような合併が行われる場合、「万年に渡ってない」、「カストロ型イラン人、イエズス会悪魔狂気の沙汰」、だと、カナダのジャスティン・トルドー首相が役割を与えられたら、と、MI6英国の情報によると。

若きカストロが7月1日にオタワのアメリカ大使館に集まった5千人のデモ隊が「ジャスティン・トルドーの犯罪、カナダとRCMPのUSMCAセクション27.5の下で捜査するFBIとメキシコ国家警察への正式な要請を受けて集まるなら、もっと心配するかもしれないその日に施行される。」

一方、P3のフリーメイソンの情報源は、ロックフェラー家とロスチャイルド家の双方が降伏し、新体制を援助することで合意したとしている。問題はグノーシス・イルミナティがこれらの血統オリガルヒによるいかなる参加にも反対したままであるという。P3が仲介しようとしている。

関係する情報筋によれば、このような複雑さのため、この秋までには決着は見ないだろう、と。もし決着するならば、ミュージシャンを含むビッグな有名人達の攻撃がキックオフするだろう、とも言う。

その間、長い暑い夏が特にアメリカで加速する。アメリカ国内の無政府状態はさらに悪化すると見られるが、アメリカ軍部はいかなる流血や全面的な内戦も未然に防ぐだろう。11月に行われる選挙では、言論の自由の下、紙による投票が保証されるべく軍部による全面的な介入を必要とするのです。

 

翻訳:Mona

1 個のコメント

  • ロシアの支援をうけたトルコ軍は確実に勢力を拡大していくでしょう。難民問題による国境を守る意思が周辺の国家には無いことがハッキリとしたので踏み切ったのだと思います。フランスは黒人によって数千人のパリジェンヌがレイプされ、顔をぐちゃぐちゃになるまで潰れ殺害されています。黄色いベスト運動が延々と続いている由縁です。大統領を逮捕する意思を持つ将軍、警官は数多いですが傭兵部隊は世界1強いですからそれは極めて困難であると言えます。トルコの軍艦を攻撃している軍人はさほど積極的に行動しないでしょうね。  複雑な利害関係と思惑が交差しています。 そもそも中近東で果てしがない紛争が起きている原因はイギリス人の将校が国境を地図上に直線で書いた事です。この責任と解決はどのような権力ならば終止符をうてるのでしょうか? 中近東の全ての国家は分断されてもつれ、内紛が続いているので解決するために軍事行動を選択するほかには選択肢は無いと考えています。 つまり解決できる方法を示すことができない限り果てしなく戦争は続きます。1日も早く情報開示をして、ワンネス感覚に到達し、各々の胸に問いかけてトラウマや爆発的な感情の執着心を制御して、解放されることを望むばかりです。ワンネス感覚に到達してから 本当の自分自身の心との闘いが始まるのです。それは永遠に続きます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA