フルフォードレポート【日本語版】2021.2.1

フルフォードレポート【日本語版】

米中の水面下の動きと個人投資家たちの反乱
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪2021/02/01 VOL593≫

ソース:http://benjaminfulford.jp

CG(ディープフェイク)や影武者を使って米バイデン政権を操ろうとしている「ハザールマフィア・中国共産党」の同盟に対する反発が世界各地に広がっている。その数ある動きの中でも特に興味深いのは、ペンタゴンが同じくバイデンのCGを操り、自分たちの主張を活発に発信し始めていることだ。そのため、中国の奴隷政権として誕生したはずのバイデン政権が急激に反中姿勢を見せ始めた。

 

【 米中の動き 】

そのアメリカ国内の動きに関して、直近では以下のニュースが非常に気になっている。
—————————————
台湾の国防部(国防省)は18日、少なくとも中国の戦闘機8機が台湾海峡の中間線を越え、台湾側に侵入したと発表した・・・
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64079980Y0A910C2NNE000/
—————————————
台湾は24日、中国軍の戦闘機など多数の軍用機が2日続けて防空識別圏に侵入したと発表した・・・
https://www.bbc.com/japanese/55791893
—————————————

実はこの時、「台湾・アメリカ」対「中国・イラン」の激しい戦闘が上空で勃発。
中国側が大敗北を食らった、との情報が日本とペンタゴンの2つの情報筋から寄せられてきている。今後、中国がミサイルでアメリカの航空母艦を撃沈するなど目立った反撃に出るのか否か、注目していきたい。

さらにCIA筋と日本の右翼筋からは「現在、アメリカ宇宙軍がグリーンランドのチューレ空軍基地(Thule Air Base)での動きを活発化させている」との情報も

This post is only viewable for paid members please register your account to view full text.

If you registerd,please login.
⭐︎
【日本最後の巫女】2021.01.31.Sun Today’s News 【Benjamin Fulford】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA