フルフォードレポート(英文):アメリカがいかにバビロン式奴隷国家になってしまったのか2020.7.13〜Weekly Geo-political News and Analysis

アメリカがいかにバビロン式奴隷国家になってしまったのか

2020.7.13 by ベンジャミン・フルフォード

Weekly Geo-political News and Analysis

https://benjaminfulford.net/2020/07/13/how-the-usa-became-a-babylonian-slave-state/

読者への注意書き:今回からの3回分の記事はあらかじめ書かれたもので、それで私が夏の休暇をとることができます。何か重要なことが起きれば、アップデートという形でお知らせします。

私にとってのハザリアン・マフィアとの戦いは日本で始まりました。30年以上の前線で活躍するジャーナリストとして、首相が代わる代わる殺され、成功していた経済システムが解体されるのを見てきました。1985年に日本についてレポートするようになった当時、日本は世界一の一人当たり所得と先進国の中で最小の貧富格差をほこっていました。これは何十年にもわたる二桁台の経済成長によるもので、日本の奇跡と呼ばれています。今では日本はハザール・ギャングのヘッジファンドとその奴隷たちに支配されています。OECD諸国内で(アメリカに次ぐ)第二位の貧富格差があります。そして平均的な日本人はほとんど生きていくことができません。

日本になされたことに対する怒りが、奴隷主達にみつぎものを捧げるのをやめさせるよう説得することによってこの国を解放しようという道を歩み始めるきっかけとなりました。これは個人的なことでした。なぜなら、私が知っていて尊敬していた日本の多くのジャーナリスト、中央銀行家、政治家がこの人たちによって殺害されていたからです。日本のやくざからこれを知り、彼らがいうには、彼らはハザリアン徒党の下請けであるとのことでした。

アジアの秘密結社がハザリアンの支配から日本と残りの世界の解放を手助けすることに合意した時、あらゆる種類の秘密結社のいろいろな人が隠れることをやめて私たちのもとにきて話しに来るようになりました。

その中で特に影響力があったのが、英国の上級エージェントであったDr.マイケル・ヴァン・デ・メーアです。別名マイケル・Meiringです。彼は、私が扱っていることについて私がしっかりと知っているかを探るために幾つかの読み物のタスクを私に与えました。ヴァン・デ・メーアは何十年にもわたりハザリアンと戦っていました。代償も大きかったです。設置された爆弾によって両足がなくなり、彼によれば、それをしたのはジョージ・ブッシュ・シニアとデーヴィッド・ロックフェラーでした。

彼がくれた情報で私が気づいたのは、日本で直に目撃していることはアメリカで既に完了した奴隷化への緩やかなプロセスだということです。彼らはアブラハム・リンカーン、ジョン・F・ケネディ。マーティン・ルーサー・キング、その他大勢を殺した人たちです。

多大な推測を醸した後で公開されたケネディ暗殺についての公式文書においてでさえ、メディアアウトレットのどれも、ケネディの殺害が…(無料分ここまで)

当時のイスラエル首相ダヴィド・ベン・グリオンによって命令されたことを報じなかったことは注目すると面白いです。

ベン・グリオンは、人類の90%を殺して残りを奴隷にするというハザリアン徒党から命令を受けていて、イエルサレムから世界を支配しようとしていました。

私たちは、これらの読書資料から鍵となる引用をする前に、彼らがユダヤ人の問題を非難するとき、彼らは間違っている理由を説明しましょう。これらの人々はユダヤ人を自分自身と呼ぶだけで、彼らは現実にサタンの崇拝者です。

私自身の家族はユダヤ人です。母の家族はもともと馬の岩や馬の山を意味するHorsteinでした。彼らはロシア人とモンゴル人に倒されたハザリアの騎手の女性子孫でした。祖母がユダヤ人と特定されることを恐れたので、彼女は文書を持ち歩いていて、それは彼女が聖公会としてバプテスマを受けていたと述べるものでした。父の母もユダヤ教徒であり、死床にいたるまで父にこれを伝えなかった。父も同様に彼が死ぬまで教えなかった。

彼らは何かを非常に恐れていたし、その何かとはハザリアの悪魔主義者だった。彼らは奴隷制から逃れ、そこに戻ることに消極的だったし、そのために近縁の親族からも先祖を秘密にしていたのである。ほとんどの宗教的なユダヤ人はまだ彼らの奴隷である。彼らは彼らの奴隷であるならば、彼らは彼らの奴隷である。本当のバビロニアの歴史を知れば、あなたは割礼が奴隷として敗北した部族の男を識別するための儀式去勢だったことを学びます。

いずれにせよ、私のアングロサクソン人の男性の祖先は、惑星地球の無敗の戦士王の子孫であり、私たちは敗北した部族の女性部族に何をすべきかを教えてもらうことはなかった。私たちは割礼や奴隷化をされていなかった。

もう一つ知っておくべきことは,わたしたちは黄金律によって生きていることです。「あなたが他の人にやってほしいように,他の人にやってください。」私たちは、地獄を恐れたり、約束された天の賄賂に誘惑されたからではなく、道徳的であることが自己利益にあったからです。あなたが盗んだり殺されたりしない社会で生きることができるように、盗んだり殺したりすることはありません。

わたしたちは、イエス・キリストが死ぬまで拷問を受け、彼の殺人者はまだ権力を握っていたからという理由でクリスチャンではないというわけではありませんでした。また、神が地球上でそれほど多くの悲惨さと苦しみを許すとは信じられませんでした。だから私たちは無神論者でした。そこで最も迫害されたユダヤ人のタイプでした。

個人的には、私たちは自分たちを作り出さなかったので、創造者がいなければならないことを知っています。創造者を尊重するためには、創造物を尊重し、言い換えれば、他の人や生き物を尊重しなければなりません。

いずれにせよ、私たちは今、「ユダヤ人」についての3つの主要なインサイダーを引用しましょう。彼らは真のユダヤ人ではなく、サタンのシナゴーグについて話しているという証明があります。

私たちは、建国の父ベンジャミン・フランクリンからの警告から始めましょう:

「私は、ワシントン将軍に完全に同意します。この若い国家を陰湿な影響と浸透から守らなければなりません。脅威、皆さん、はユダヤ人です。ユダヤ人がどんな大勢に定住していても、彼らは道徳的調子を下げました。商業的完全性を減価しました。自分自身を分離し、同化しません;その国がその制限に反対することによって設立されているキリスト教の宗教を嘲笑い弱体化しようとした;  国の中に国を作った;  反対されると、その国を財政的に絞め殺そうとした、ちょうどスペインとポルトガルの場合のように。

あなた達がこれらの米国からそれらを除外しない場合, 200年未満で、この憲法で彼らを除外しない場合、彼らは支配し、土地を食い荒らし、私たちアメリカ人が血を流し、生活をもたらし、私たちの物を与え、自由を危険にさらして勝ち取った政府の形を変えるだろう。

あなたが彼らを排除しない場合、200年未満で、私たちの子孫は彼らに養育を提供するためにフィールドで働き、彼らは彼らの手をこすって数える家になります。皆さん、警告します、あなたがどんな時もユダヤ人を排除しない場合、あなたの子供たちはあなたの墓であなたを呪うでしょう。」

フランクリンはとても正しかった。ジェイコブ・ジャビッツ元上院議員の最高行政補佐官ハロルド・ウォレス・ローゼンタールからの引用でこれを確認できます。

「ほとんどのユダヤ人はそれを認めたくないが、私たちの神はルシファーです。」

後に多くを暴いたために殺害されたローゼンタールもこう言った。

「我々ユダヤ人はアメリカ国民に問題に次ぐ問題を入れました。その後、混乱が君臨するにつれて、問題の両面を推進します。彼らの目が問題に固定され、彼らはすべてのシーンの背後にある人を見ることができません。私たちユダヤ人はアメリカ国民のおもちゃをマウス付きの猫のおもちゃとしてアメリカ国民におもちゃします…。

世界勝利の日を待つので、大衆の血が流れるだろう。道徳よりもお金が大事。お金で何でも成し遂げられる。私たちの力は国家の通貨制度の操作によって生み出された。我々は引用文を作った。『お金は力だ』。私たちのマスタープランで明らかになったように、私設の国立銀行を設立することは不可欠でした。連邦準備制度は、私たちが所有しているので、私たちの計画をうまく適合させました。しかし、名前は政府機関であることを暗示しています。非常に当初から、私たちの目的は、すべての金銀を没収することでした。それらを価値のない兌換性のない紙の証紙に置き換えます。

映画産業、ラジオネットワーク、そして新たに発展したテレビメディアの総独占権を獲得し、印刷業界、新聞、定期刊行物、技術雑誌はすでに我々の手に落ちていた。最も豊かな果実は、私たちがすべての学校の教材の出版を引き継いだときに来ました。これらの乗り物を通して、私たちは自分の目的に合わせて世論を形作ることができましたが、人々は真実であろうと嘘であろうと、私たちに与えた聖歌を鳴らして鳴らす、愚かな豚に過ぎません。」

インタビューの全文はこちらで読むことができます: https://archive.org/stream/ericsproat_gmail_Rosy/rosy_djvu.txt

次に、高レベルシオニストインサイダーベンジャミン・フリードマン(Khazariaion=シオニスト奴隷制から解放された男)からの警告があります。

「シオニストとその共同宗教主義者は、この国の絶対君主であるかのようにこのアメリカ合衆国を支配している。[シオニスト] はイギリスにこう語った。『戦争に勝ってからパレスチナを約束するなら、あなた方の味方としてアメリカを戦争に持ち込むことを保証する。』

で、私たちは今何に直面していますか?核戦争に発展するかもしれない世界大戦を誘発すれば人類は終わるそしてなぜそれが起こるのだろうか?Act III.. のせいで行われます。Act III. に幕が上がります。Act I. は第一次世界大戦でした。Act II は第二次世界大戦です。Act III は第三次世界大戦になります。どこにでもいる世界のユダヤ人、シオニストとその共同宗教主義者は、再び米国を使用して、パレスチナを世界政府の足掛かりとして恒久的に維持できるようアメリカをして彼らを支援するよう決意しています。

米国は、世界の約5%の国が、世界の80~90%をホームグラウンドで戦うにはどうすればよいでしょうか?どうやってやればいいのか… あそこに少年たちを虐殺されるために送れ?何のために?だから、ユダヤ人は彼らの「コモンウェルス」としてパレスチナを持つことができますか?彼らはあなたをだまして、あなたが来るのか行くのか分からないほどだった。私は彼らをユダヤ人と呼んでいません。私は彼らをいわゆるユダヤ人と呼んでいます。 私は彼らが [悪魔主義者] であるか知っているからです。

さて、アメリカは過去200年かそこらでゆっくりと奴隷化されてから解放しようと必死の戦いが続いています。このプロセスは順調に進んでいます。米国におけるハザリアンマフィアの指導部の大部分が殺されたり逮捕されたりしています。しかし、日本の軍事情報部は、約100万人のハザリアのマフィアがアメリカ合衆国を支配していると推定している。彼らはユダヤ人、イスラム教徒、キリスト教徒などのふりをするが、彼らはサタンを崇拝している。現在、彼らは自分たちの生活のために戦っている。暴落や破壊活動に関与したアンティファとブラック・ライブズ・マター活動家は、ハザリアンエージェントまたはそのデュープです、NSAの情報源によると。例えば、ピュー分析では、いわゆるブラック・ライブズ・マターの活動家6人のうち1人だけがアフリカ系アメリカ人であることが示されている。言い換えれば、彼らはハザリアのエージェントである。アンティファについても同じことを言うことができる。https://www.zerohedge.com/political/pew-analysis-shows-only-1-6-blm-protesters-are-black

米国がハザリアン悪魔主義者によって支配されるバビロニアの債務奴隷制度から自分自身を解放する場合、これらの人々を無力化する必要があります。

来週は、誰が彼らと戦っているのか、そしてどのように米国だけでなく、世界全体がこの恐怖から解放されるのかを見ていきます。

重要な拠点は、企業メディア、「薬学」産業、ハイテク独占企業、メガバンク、ワシントンの政治エリート、保健官僚、そして多くのエネルギー企業です。

 

翻訳:Mona

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA