フルフォードレポート【英語版】2021年11月16日

フルフォードレポート【英語版】2021年11月16日

黄金時代がやってくるさんより転載

 

ハザリアン・マフィアがバンカーに隠れ、戦争が宣言される

2021年11月16日 ベンジャミン・フルフォード

アングロサクソンの5つの目のグループによる正式な宣戦布告が、ナチスの第四帝国として知られるカザリアンマフィアに対して行われました。

エリザベス2世から送られてきた宣戦布告をご紹介します。

「私たちは、公衆衛生上の緊急事態について、世界中から繰り返し連絡を受けています。その中には、ジェノサイド(大量虐殺)を含む非常に重大な人道に対する罪を示唆するものもありました。

最初に警戒したとき、私たちは遠くから見守り始めました。そして、すべての防諜活動が真実であり、実際に、世界のすべての民間政府が軍法の下で大反逆罪を犯していることを発見したのです。

大量殺人が起きている、起きているという現実の行動可能な真実から逃れることはできない…我々は軍事法と戒厳令によって、この声明を発表しなければならない」。

 

陛下がもういないという噂について、MI6は次のようにコメントしています。「死のうが生きようが、遺産は生き続ける。もういいだろう」。

複数の情報源によると、宣戦布告を受けたハザリアンマフィアのエリートは、スイスのレマン湖とカリフォルニアのパロアルト周辺のバンカーに退避しました。スイスのグループは、自分たちが所有する中央銀行が発行する不換紙幣をコントロールしています。パロアルトのグループは、大手インターネット企業をコントロールして、世界の人々に偽りの現実を伝えています。この2つのセンターは、バンカーを破壊する核兵器で狙われることになるだろうと、ペンタゴンの情報筋は約束している。

一方、KM社は、モサドによって、法王フランシスコ、大統領 “Fuck “ジョー・バイデン、中国大統領習近平、売国奴将軍マーク・ミリーなどの人々が、あたかもまだ私たちと一緒にいて、まだ支配しているかのように見せるために、グリーンスクリーン・コンピュータ・グラフィックスを使用していることが暴露されています。

モサドから送られてきた以下のビデオでは、実際に行われているグリーンスクリーン・パフォーマンスの一部を見ることができます。

 

また、KMは、このKMに対する宣戦布告の一環として、組織的に殺害・逮捕されている公的リーダーの代わりとなる俳優やボディダブリストを必死に探しています。

例えば、逮捕されたカリフォルニア州知事ギャビン・ニューサムのそっくりさんを求める広告が複数掲載されています。

(画像省略)

 

その他の偽物の「リーダー」は以下のリンクからご覧いただけます。

https://www.rumormillnews.com/cgi-bin/forum.cgi?read=186736

https://www.rumormillnews.com/cgi-bin/forum.cgi?read=186751

KMはまた、第三次世界大戦を始めることで、自分たちにとっての「免罪符」を作ろうと今も必死になっています。

以下のプロパガンダがそれを物語っています。

“カマラ・ハリス副大統領は、ヨーロッパの東側の国境で戦争が起こるのではないかという懸念を引き起こした一日の急展開を受けて、「世界の目」がベラルーシの国境に注がれており、米国は「持っているツールを見ている」と述べた。”

https://www.dailymail.co.uk/news/article-10195079/Russia-deploys-paratroopers-Belarus-border-region-amid-fears-conflict.html

“米国のアントニー・ブリンケン国務長官は水曜日、米国は「ロシアの異常な軍事活動の報告に懸念を抱いている」とし、ロシアが2014年のウクライナ侵攻を「蒸し返そうとしている」可能性があると述べた。”

https://edition.cnn.com/2021/11/10/politics/blinken-ukrainian-presser/index.html

これに対し、ロシアのプーチン大統領は、”みなさんに知ってほしいが、私たちはこれらとは何の関係もない “と発言しました。

 

 

「ベラルーシとウクライナに見られるこの緊張感は、すべてCIAの干渉とプロパガンダである。バイデン政権がウクライナでマネーロンダリングを行っているのだ。それがバイデンの息子を経由して、トランプ逮捕キャンペーンの資金源になっている」とMI6は状況を説明していた。

また、次のようなCIAのノイズも見られるようになってきた。

“オーストラリアのピーター・ダットン国防相は土曜日、中国の侵攻の際に台湾を守るための行動をとるなら、オーストラリアがアメリカに加わらないことは「考えられない」と述べた。”

アジアの秘密結社関係者は、台湾を利用して中国との戦争を誘発しようとする試みは、中国や台湾の政府や国民とは何の関係もないことを確認している。それは、むしろKMのお節介だという。

いずれにしても、正式に宣戦布告された今、KM本家クラウス・シュワブ・ロスチャイルドの弟子たちは、次のように解任された、あるいは解任される予定である:アンゲラ・メルケル、ニコラ・サルコジ、トニー・ブレア、ジャシンダ・アーダーン(ニュージーランド首相)、エマニュエル・マクロン、セバスチャン・クルツ(最近までオーストリア首相)、ビクトル・オルバン(ハンガリー首相)、ジャン・クロード・ユンカー(前EU議長)、アナレーナ・バーボック(ドイツ緑の党党首)、ギャビン・ニューサム(カリフォルニア州知事)、ピーター・ブッティジェグ(米国運輸長官)、マイクロソフトのビル・ゲイツ、アマゾンのジェフ・ベゾス、ヴァージンのリチャード・ブランソン、チェルシー・クリントン。クリスティーヌ・ラガルド氏、ラリー・フィンク氏(年間約9兆円の資産を国際的に取り扱うブラックロック社のCEO。)

これらの人々に共通しているのは、シュワブの奴隷リーダー・アカデミー「Global Leaders for Tomorrow」の1300人の卒業生であるということだ。

暴露。クラウス・シュワブの独裁者養成学校、「グレート・リセット」計画 (動画)

シュワブとスイスに潜むKMは、パンデミックというワクチンと偽の全体主義的権力掌握の一環として、2年足らずで世界経済に20兆ドル以上を投入した。MI6によると、これらの第五列柱主義者の排除は、軍事情報による純粋な反国家的な捕獲である。ワシントンDCはすでに白竜会とその同盟国に奪われている。

NSAの関係者が最近のワシントンについて語っていることを紹介しよう。ワシントンDCは日が暮れると空っぽになる。ナイトライフはありません。

空っぽの電車。空っぽのビル。そして、強い悪臭が街中に感じられる(水没して空になった地下トンネルから)。連邦政府に残されたものは、18日か12月3日には資金が尽きるとNSAは言っている。

他にゴーストタウンになっているのはハリウッドです。そこでの状況について、モサドが報告した内容を紹介します。ハリウッドは緩やかな死を迎えている。アドレノクロームの点滴は止まり、制作予算も止まっています。中国共産党とFRBの偽のフィアットマネーも途絶えてしまった。

小切手を出しているのは、技術系のストリーマー(Apple、Amazon、Netflix、大手スタジオの一部)だけです。それ以外の人たちはパン屑を食べているようなものです。これは、ドナルド・トランプ米大統領の大統領令13818「深刻な人権侵害や汚職に関与した人物の財産をブロックする」の結果です。

私たちは、ペド・エリートとその歪んだライフスタイルの死を目撃しています。世界の偽りの偶像が倒れています。ついにその時が来たのです。多くの著名人が危険にさらされています。以下のリストの全員が危険にさらされているかどうかはわかりませんが、その多くが危険にさらされています。罪を犯した人にとっては破滅の日です。

有名人やスポーツ界のレジェンドの家の売り出しリストです。

Ellen Degeneres, Johnny Depp, Mathew Perry, Eli Manning, Kat Von D, Shia Lebeouf, die Brüder Hemsworth, John Legend und Chrissy Teigen, Brittany Snow, Beyoncé, Jay-Z, Cindy Crawford und Rand Gerber, Gene Simmons, Bella Thorne, Tom Cruise, George Strait, Emily Blunt, Alonzo Mourning, Jemima Kirke, Kevin Jonas, Chelsea Handler, John McEnroe, Tommy Lee, Jason Derulo, Alicia Keys, Frankie Muniz, Keith Richards, Lil Wayne, Peter Thiel, Pharrell Williams, Loris Loughlin und Mossimo Giannulli, Rosie O’Donnell, Kellie Clarkson, Cheryl Tieg, Joe Pesci, Suzanne Somers, Adam Lambert, Meghan Markle, Sean Diddy Combs, Billy Joel, Gary Levinsohn, Dr. Phil, Barry Manilow, Mel Gibson, Diane Keaton, 50 Cent, Heidi Klum, Ryan Seacrest, Zsa Zsa Gabor, Jennifer Aniston, Katharine Hepburn, Christie Brinkley, Nicholas Cage, Ricky Martin, Angelica Huston, Charlie Sheen, Burt Reynolds, Emilia Clarke, J. Lo & Alex Rodriguez, Simon Cowell, Kris Jenner, Jeffree Star, Gordon Ramsay, Jason Aldean, Pamela Anderson, Jerry Seinfeld, Jimmy Fallon, Dave Ramsey, Jon Bon Jovi, LeBron James, Matt Damon, J.J. Abrams, Sugar Ray Leonard, Ellen Degeneres, Sylvester Stallone, David Bowie, Clay Mathews, Michelle Pfiefer, David E Kelley, Shonda Rhimes, Rihanna, Pete Townshend, Britney Spears, Joe Jonas, Sophie Turner, Robert Redford, Steve McQueen, Shaquille ONeil, Glen Frey, Sammy Hagar, Stockard Channing, Michael Chiklis, Tom Petty, Serena Williams, Bill Russell, Kathryn Bigelow, Don Rickles, Bruce Kovner, Adam Neumann, Leonardo DiCaprio, Barb Ellison, Alicia Keys & Swizz Beatz, Kate Beckinsale, Robert Herjavic, Josh und Heather Altman, Soleil Moon Frye, Jim Harbaugh, Anthony Kiedis, Fredrik Eklund, Meghan Trainor, Gideon Yu, Hellen Miren, Taylor Hackford, Bette Midler, Todd Phillips, Mitt Romney, Dianne Feinstein, Miley Cyrus, Kelly Clarkson, A-Rod, Bobby Patton-LA dodgers co owner, Dwyane Wade & Gabrielle Union, Michael Amini, B-52 Kate Pierson, Bill Guthy, Victoria Jackson, Will Arnett, Zac Efron, Wayne Gretzky, Katy Perry, Derek Jeter, Mike Piazza, Shane Smith, Bryon Cranston, DJ Khaled, Leonard Ross, Ted Sarandos – Netflix Co-CEO, Dustin Johnson, John Fogerty, Melissa Rivers, Jamie Lynn Sigler, Lena Dunham, Lyndsey Vonn, PK Subban, Robyne Moore, Cara und Poppy Delevingne, Big Sean, Steph Curry, Chris Bosh, Phil Collins, Liam Payne, Bryan Singer, Tom Ford, Robby Naish, Tom Brady & Giselle Bundchen, Anthony Davis, Emilia Clarke, Clare Bronfman-Seagrams (Erbin mit Verbindungen zu Nxivm), Jane Fonda, Carmen Electra, Morgan Moses, Bobby Cox, Danny Masterson, Evander Kane, Kate Winslet, Mark Teixeira, Jonah Hill, Judd Hirsch, Carlos Santana, Kennet Chesney und Brooke Shields.

スティーブ・マックイーン、キャサリン・ヘップバーン、ドン・リックルズ、ザザ・ガーボル、バート・レイノルズなど、リストに載っている人の中にはすでに亡くなった人もいるので、家の販売は彼らの遺産によって行われることになる。それを裏付けるかのように、先日のアカデミー賞でも、いつもの「有名人」はほとんど全員が欠席していた。

もちろん、偽のパンデミックやワクチンキャンペーンに関わった製薬業界の幹部も全員排除される。パンデミックがどのように処理されているかについては、先週詳しく報告したので、今日はその部分だけを追加する。

米国食品医薬品局(FDA)は木曜日、家庭用のEllume COVID-19テストが「偽陽性」の結果を出す可能性があるため、約200万個のEllume COVID-19テストをリコールすることを確認した。

https://www.theepochtimes.com/fda-alert-2-million-at-home-covid-19-tests-recalled-over-false-positives_4101243.html?utm_source=partner&utm_campaign=ZeroHedg

これは、病院で「偽陽性」の検査結果を使って人々を死の病棟に強制的に送り込むという大量殺人が行われていたことを一部裏付けるものです。まもなく解任されるワクチン犯罪者のトップの一人は、カナダのジャスティン・カストロ・トルドーです。カストロは、ムースを含めたカナダ人の数の10倍ものワクチンを発注しており、(ワクチンに)使われた金額のすべてが払い戻されるのだから、これは恐喝だ。

 

この写真は、KMで最も多作な俳優の一人であることを示しています。歴史上非常に陰湿で、我々の共有する経験の中に遍在する要素から西洋を消毒することは止めなければならない…. 私たちは、まず世界的なテロリズムとそれに続く戦争、そしてその惨劇のすべての痕跡を排除し、その後にすべてのことに対処するために、西洋と東洋の間で実行可能で意味のある協力関係を築くことを約束します。まず第一に、平和はプロセスです。

私たちはその道を順調に歩んでいます。エリザベス2世 R. アジアでも消毒のプロセスが行われています。

日本では、ロスチャイルドのエージェントである麻生太郎とその取り巻き全員が、権力と金融の支配から排除されました。ワクチン接種を推進してきた東京都の小池百合子知事も、11月2日以降、公の場に姿を見せていない。他にも多くの政治家、暴力団、日本の支配者、金融関係者などが姿を消しています。

中国でも一種の粛清が行われている。中国共産党が100周年記念文書を発表した際、毛沢東主席は7回、習近平は17回言及され、鄧小平は5回しか言及されなかった。鄧小平の背後にある勢力が行動を起こしていることは間違いないでしょう。

中国の権力闘争の詳細はわからないが、この1週間で10回も大きな爆発があったことに注目したい。

https://www.thesun.co.uk/news/16719022/inside-fbis-ufo-files-packed-hundreds-alien-craft/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA