フルフォードレポート【英語版】2021年6月21日

フルフォードレポート【英語版】2021年6月21日

黄金時代がやってくるさんより転載

 

軍産複合体が医薬産業複合体に着手、変換点となる夏至

2021年6月21日 ベンジャミン・フルフォード

 

2021年6月21日前後に、世界の最高レベルの権力者に根本的な変化が起こりました。 世界の軍隊と諜報機関は、現在進行中の偽のパンデミック医療緊急事態を戦争行為として扱い、それに応じて対応することを決定しました。 MI6の言葉を引用します。

 

「我々はCovidの全てが詐欺であり、嘘であり、金儲けのための詐欺であることを知っている。 宣言されていない戦争行為を行った民間人は、今では完全に特定されている。 そのおかげで、軍事的に合法なやり方で、実際に彼らに対処することができるようになった」。

 

モサドの情報源によると:

 

「スイスにあるオクタゴングループの一掃作戦が行われています。モサドのトップであるヨシ・コーエンが6月1日付で辞任したため、オクタゴンはモサドからの保護を受けられなくなった。新モサド長官のデビッド・バルネアは、身を引くように命じられている」。

 

この一環として、デビッド・ロックフェラー・ジュニアには死刑執行令状が発行されています。 下の写真は、奴隷である小池百合子東京都知事、安倍晋三元首相の妻である安倍昭恵と一緒に写っています(写真左端の女性が誰なのかは不明です)。

 

 

ロックフェラー家が、医師会を設立して資金を提供し、西洋医学を支配したことはよく知られています。 伝統的な自然療法を抑えて、石油や化学薬品を使った医療を提供したのです。 西洋医学は、古くから「外科医の将軍」を中心とした軍事組織として構成されていたので、その指揮命令系統を掌握することで、容易にこのシステムを利用することができた。 それがWHOであり、各医師会であり、様々な 「外科医/外科将軍」 である。 この指揮系統に反対する医師は、医師免許を剥奪され、高額な給料を得ることができなくなる。

 

ロックフェラーJr.は「パンデミック」とそれに伴う全人類へのワクチン接種に最終的な責任を負っているので、人類史上最悪の大量殺人者の一人となっている。

 

ロックフェラーは、イスラエルの元首相ベンジャミン・ネタニヤフ氏(現在は保護拘置されている)から、大量虐殺を行うオクタゴングループの最上級メンバーとして指名されている。 このため、ロックフェラー氏を引き渡して尋問するか、レマン湖畔のオクタゴングループ本部を完全に破壊するか、という警告がスイス側に出されている。

 

ロックフェラーJr.は、デビッド・ロックフェラーSr.から医師会の支配権を受け継いだだけでなく、フォーチュン500企業のほとんどを含む、いわゆるG7の権力構造の多くをも支配していた。 これが、彼らの言う「(ロックフェラーの)ルールに基づく世界秩序」である。

 

これらの企業オーナー一族が地球を巨大な動物農場に変えようとしていることに、世界の軍事組織は対抗することにしたのです。 下のリンク先の図は、ファシズム、つまり企業が政府を乗っ取る場合の影響を示しています。

https://cms.zerohedge.com/s3/files/inline-images/wage%20share%20US.jpg?itok=KX8Kb1_h

 

基本的に、それは権力構造を巨大な掃除機に変え、普通の人々や他の生物から富を吸い取り、寡頭制/オリガルヒの巨大なブラックホールに入れてしまうのです。

 

また、P3フリーメーソン、MI6、ロシアのFSBから、先週ジュネーブで行われたロックフェラーの米大統領アバター「ジョー・バイデン」とロシア大統領報道官「ウラジーミル・プーチン」の首脳会談についての報告を受けています。 首脳会談で「ジョー・バイデン」が提案したのは…

 

中国との新たな冷戦を提案したという。 そのために、ロシアのノルドストリームIIパイプラインの妨害をやめ、その他多くのインセンティブや賄賂を提供した。 その一つが、自国の主要メディアが展開しているヒステリックな反ロシアプロパガンダキャンペーンを終了するという約束である。 このことを強調するために、彼らはプーチンに米国の企業TVで長時間の無修正インタビューを許可した。

 

そのインタビューを引用して、ロシアの公式見解を見てみましょう。

 

“この2年間、米国内の激しい政争のために米露関係が犠牲になった。…. 我々は、選挙妨害、サイバー攻撃など、あらゆる種類のことで非難されてきた。 しかし、彼らは一度も、いまだかつて、何らかの証拠や証明を出そうとはしませんでした。 根拠のない非難だけなのです。”

 

また、プーチンはこうも述べています。

 

“米国はハイテクの国だ。 NATOはサイバースペースを戦闘地域としている。 それは彼らが何かを計画しているということだ。 彼らは何かを準備している。”

 

彼の主張を裏付ける最近の証拠をご紹介します。

 

https://edition.cnn.com/2021/06/17/tech/airlines-website-outage/index.html

 

https://apnews.com/article/caribbean-puerto-rico-power-outages-business-9894e9679ef144acb08973e199b8b73a

 

プーチンはまた、ロシアがG7の中国に対する冷戦に参加することに興味がないことを明らかにし、次のように述べた。

 

「過去数十年にわたり、我々はロシアと中国の間に、以前は両国の歴史上達成されなかった戦略的パートナーシップ関係を構築し、政治、経済、技術、軍事・技術協力などあらゆる分野で高いレベルの信頼と協力関係を築いてきました。 我々は、中国が我々にとって脅威であるとは考えていない…米国のように中国が我々を敵と宣言したわけではない」 http://en.kremlin.ru/events/president/news/65861

 

公式見解にしてはたくさんありますね。

 

記録によると、我々の様々な情報源は、実際に何が起こったのかについて異なるバージョンを持っていた。 P3フリーメイソンとMI6は、既存の国際的な統治基盤に代わる、あるいは強化するための世界連邦を設立する合意に達したと述べた。

 

しかし、ロシア連邦保安庁(FSB)の情報源は、地球をめぐる秘密の戦争はまだ続いていると語った。 ジュネーブからの情報では、オクタゴングループの計画は次のようなものだという。

 

「彼らは2年から5年ほどで現金をキャンセルする。 また、すべての金持ちはすべての財産を失うことになる。 中小企業は、半官半民の大企業に買収される。 大企業と政府が合併する。 しかし、実際には、政府は存在せず、国民は奴隷になるだろう」。

 

FSBは、これらの恐ろしい計画に終止符を打つためのステルス戦略を提案した。 しかし、その対抗戦略が何であるかを敵に予告したくないので、現時点では読者に伝えることができない。 しかし、その一部は、タコの腕と戦うのではなく、タコの頭を叩くという意味であることは明らかです。

 

ここでは、オクタゴンの様々な腕との戦いがどのように繰り広げられているかを見てみよう。 まず、「ヨーロッパでは、6月5日の時点で、COVID-19「ワクチン」によって13,867人が死亡し、1,354,336人が負傷している」ということに注目したい。

 

https://m.thebl.com/world-news/13867-dead-and-1354336-injuries-in-european-database-of-adverse-drug-reactions-for-covid-19-shots.html

 

MI6によれば、ワクチンによる死亡者のほとんどは、ワクチンに含まれるプリオンがダメージを与えるため、3年から5年後に起こるという。

 

いずれにしても、このワクチン接種キャンペーンの正当性がすべて犯罪的であったことを示す情報開示が相次いで行われている。 その一例を紹介しよう。

 

“元CDC長官のロバート・レッドフィールド氏は、世界保健機関(WHO)がパンデミックの起源を「調査」したが、それは非常に対立したグループが行った政治的な演劇に過ぎなかったと述べている。その中の一人、NGOエコ・ヘルス・アライアンスのピーター・デザック氏は、武漢ウイルス学研究所で働いており、アンソニー・ファウチ氏のNIHから数百万ドルの資金提供を受けていました。”

https://www.zerohedge.com/covid-19/who-highly-compromised-unfit-lead-covid-19-investigation-according-former-cdc-director

 

言うまでもなく、中国共産党指導部の大部分がこの犯罪に関与している。 モサドが送ってくれた写真には、明らかにシオニストのシンボルが描かれた毛沢東の中国の1元札が写っている。 アジアの秘密結社の情報源は、中国の権力機構からデビッド・ロックフェラーの庶子をすべて粛清することを約束している。

 

 

ちなみにWHOによると、2017年のインフルエンザ、結核、肺炎による死亡者数はそれぞれ65万人、150万人、256万人で、合計470万人の死亡者数となっています。

https://www.who.int/news/item/13-12-2017-up-to-650-000-people-die-of-respiratory-diseases-linked-to-seasonal-flu-each-year

 

https://ourworldindata.org/pneumonia

 

これに対し、2019年に勃発したコヴィド-19で亡くなったとされる386万人との比較です。 言うまでもなく、これらは肺炎、結核、インフルエンザの死亡者が統計から魔法のように消えた年です。

https://www.google.com/search?client=firefox-b-d&q=how+many+people+died+of+covid+19

 

日本では、医師や軍人がワクチン接種を拒否しているため、歯科医師や救急隊員、獣医師などを起用してワクチンを接種していることが確認できます。ワクチン接種者には、1人接種するごとに40万円(3,640ドル)の報酬が支払われるそうです。 奴隷首相の菅義偉をはじめとする内閣は、これらの罪で処刑されることは間違いない。

 

いずれにしても、このような詐欺デミックに対する完全な反乱は、すでに進行中です。 これはオーストラリアのテレビ番組の素晴らしい例です。

https://www.instagram.com/tv/CQGEVzvHPaw/?utm_medium=share_sheet

 

これはイギリスのGB Newsのものです。

 

今や否定できないのは、我々凡人が従うことを期待されている規制の中で、我々のリーダーの行動に関しては、コヴィドの偽善が横行しているということです。 今やコーンウォールにとって公式に超普及イベントとなったG7サミットでは、公の場で拳を突き合わせたり、マスクをしたり、社会的に距離を置いたりする姿がはっきりと見られました。 それに比べて、カメラが回っていないときには口に何もつけずにハグしたり、普通に社交をしていました。 さて、このようなCovidの偽善行為が、ダウニング街ナンバー10で何週間も行われていたかもしれないことが判明しました。

https://www.gbnews.uk/shows/dan-wootton-covid-hypocrisy-of-elites-is-an-insult-to-hardworking-brits/107263

 

MI6は、英語の企業メディアを分析し、ほとんどすべての記事が商業的にスポンサーされていると結論づけた後、事実に基づいた情報を一般大衆に提供するためにGBニュースを設立しました。

https://www.gbnews.uk/

 

ロックフェラーとオクタゴングループは、英国に対して独自のカウンター攻撃を行っている。 その一環として、ダイアナ・スペンサーの死の真相を広く知らせる動きが続いています。

 

これは、MI6がお金をもらって掲載したという、次の6月19日のデイリー・メール紙の一面トップ記事に見られる。まだまだ続くのは間違いない。

 

 

ドディ・ファイエドの子供を妊娠し、イスラム教に改宗しようとしていた彼女は、エリザベス女王に内緒でフィリップ皇太子の命令により殺害されたのです。 このような若い母親の冷酷な殺害は確かに犯罪であり、真実を明らかにする必要がありますが、組織的な大虐殺と同じレベルのものではありません。

 

ジョージア州アトランタのフォートマクファーソンに本部を置く偽のロックフェラー・バイデン政府が行っているもう一つのことは、NSAによると、石油産業の利益を強化することを目的とした経済的な妨害行為です。

 

ジム・ストーン・フリーランスは、アメリカ人から水力発電を奪うために、アメリカの多くのダムの水を意図的に抜いていると指摘している。 ところで、日本のPCでは、彼のサイトにアクセスできません。 彼のサイトにアクセスすると、次のようなURLが表示されます。jimstone.is/shutupordie.html 幸い、iPhoneではアクセスできます。

 

いずれにしても、ダムや原子力発電所などの施設を破壊/サボタージュすることは、ロックフェラーが支配する石油産業に利益をもたらすことを指摘しています。

https://www.smithsonianmag.com/smart-news/hoover-dams-lake-mead-hits-lowest-water-level-1930s-180978022/

 

https://www.bloomberg.com/opinion/articles/2021-06-17/green-energy-the-issue-is-politics-not-technology-or-cost

 

また、企業のプロパガンダ・メディアには、石油をさりげなく宣伝する「記事」がたくさんあることにも注目しています。 以下はその小さな一例です。

 

「世界中のエネルギー開発企業が、温室効果ガスを排出する石炭やガスの火力発電所を、風力や太陽光発電所に置き換えています。 しかし、太陽が沈んだり、風が弱まったりしたときのために、クリーンな電力源を支えるための十分なバッテリーを追加したり、バックアップ電源を確保したりすることが、必ずしも十分ではありません」 https://www.japantimes.co.jp/news/2021/06/18/world/global-power-grids/

 

バッテリーファームが設置されれば、破壊工作の格好のターゲットになることは間違いないでしょう。

 

米国防総省がロックフェラー家から離反したことを示すものとして、米軍が中東から部隊、航空機、ミサイル防衛を撤退させていることを指摘しています。

https://edition.cnn.com/2021/06/18/politics/pentagon-remove-missile-defense-saudi-arabia-middle-east/index.html

 

そして今、アメリカ人に代わってギリシャ人が登場したようです。

 

「ギリシャは4月、重要なエネルギーインフラを守るため、サウジアラビアにパトリオットバッテリーを貸与すると発表した」

https://www.msn.com/en-us/news/world/saudi-talks-up-strength-after-us-cuts-military-assets/ar-AALfv53

 

また、先週指摘したように、オクタゴンのフロントグループである世界経済フォーラムは、今年の残りの期間に大規模なサイバー攻撃を行うことを約束しています。 これもジュネーブで暴動騒ぎが起きている理由の一つです。

 

最後に、MI6からの生の情報で今週を締めくくります。

 

「ダイアナ事件は、コロナウイルスのような馬鹿げた事件よりも重要なものになるでしょう…我々は何人もの裁判官を解雇しました。 我々は何人の裁判官を解雇したか分からない。我々の全ての警官は、ああ、我々は間違ったことをしたのだと考え始めている。我々は警官やその他の人々が名乗り出ている。 警察官やその他の人たちが名乗り出てくれて、全体が崩壊し始めているのです。

 

リチャード・ディアラブをはじめ、情報機関を動かしてきた長官たちは皆、嘘をついてきましたが、その嘘が今では犯罪行為となってしまい、彼らはパニック状態に陥っています。 過去の悪行はすべてなくなってしまった…。

 

Liborのスキャンダルでロスチャイルド家は実質的に破産してしまったので、彼らは他にできることは何でもやろうとしています。 この人たちは自分の財産を失うことを良しとしない。 これが彼らのキックバックである医療方法を使って人を殺している…

 

世界中の諜報員に話を聞くと、彼らは賄賂をもらっている。 この人たちが気づかないのは、自分たちが負けたということ、自分たちはもういないということです。 私たちは、イスラエルで彼らの首相を追い出しました。私たちはブッシュを処刑してこのグループを排除しました。

 

Covidのビジネス全体は、正当な手続きを経なければなりません。 ウィリアム王子はロンドンを離れ、女王は見つからず、電話にも出られない…。

 

一夜にして何かが変わったようだ。 彼らは医産複合体に耳を貸すのをやめ、今度は軍産複合体に耳を貸すようになった。 世界の政府は、この医療の暴虐に目を向け始めた」。

 

今後の展開を見守りましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA