フルフォードレポート【日本語版】2021.11.22

フルフォードレポート【日本語版】2021.11.22

日本・米国・欧州・中近東で狙われる旧体制勢
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪2021/11/22 VOL632≫

ソース:http://benjaminfulford.jp

現在、「日本関西地区の裏権力に対する報復が始まろうとしている」と複数の結社筋が伝えている。その理由は2011年3月に起きた東日本大テロ(311)に関西の裏権力が加担していたからだという。グノーシス派イルミナティの幹部筋は「12月21日に日本の関西地区で500メガトン級の核爆発を起こす用意がある」と話している。そうであるならば、それが起きる前に、全ての人間は勿論、重要文化財なども出来得る限り関西から避難させる必要がある。

 

【 311テロ 】

まずは、この事態の背景から説明する必要があるだろう。

東日本大テロを実行する前、ロスチャイルド一族は関西地区の裏の権力者らにその計画を知らせ、「東日本で“原発事故”が起きる」と事前に説明していた。
当時の計画とは、まず311地震による“原発事故”の後に放射能汚染に対する不安と恐怖を日本国民に煽り、環境難民と化した関東地区4000万人を中国や朝鮮半島に移動させる。次に、欧米支配階級が100万人のユダヤ人インテリ奴隷を連れて朝鮮半島に渡り、韓国・釜山に建設される新たな金融センターを拠点に欧米結社によるアジア支配を展開する、というもの。その際、日本の首都(政府

 

This post is only viewable for paid members please register your account to view full text.
If you registerd,please login.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA