フルフォードレポート【英語版】2021.3.8

フルフォードレポート【英語版】2021.3.8

新時代コスモスさんより転載
f:id:monaden:20210308232815p:plain
グノーシスイルミナティ、血筋エリート2021への攻勢、始める
2021.3.8 ベンジャミン・フルフォード 〜週刊地政学ニュース分析

グノーシスイルミナティは、特殊部隊が以下の戦争犯罪者を追い詰め、逮捕し、必要ならば処刑すると発表しました。エリザベス女王2世、フランシスコ法王、アガ・カーン4世、ダライ・ラマ、イランのアヤトラ・カメイニ、デビッド・ロックフェラー・ジュニア、ロスチャイルド家のスイスとフランス支部、P3フリーメイソンのジャンマリオ・フェラモンティ、ヴィクトル・エマニュエル、アグネリ兄弟、ベニヤミン・ネタニヤフ、ヤロッド・ケネス・ウィルヘルム・ティッセン・デコステ男爵、その他多くの人々です。

これらの人々がターゲットリストに載せられたのは、証明された詐欺的なパンデミックに基づいてDNAの機能を変える実験的な遺伝子治療「ワクチン」の大量注入を公然と推進してきたからです。 これは、ジェノサイド未遂であり、現在の国際法の下で死刑に値する。MI6、ペンタゴン、CIA、アジア秘密結社、グノーシスイルミナティの情報源は、同意しています。
これらの人々は、ハザール・マフィアの政治局の最高位の識別可能なメンバーでもある、と情報筋は同意しています。 彼らを逮捕して尋問することで、惑星解放への明確な道が可能になります。
これは、バビロニアの負債奴隷制度として知られる古代の全体主義システムを支配するグループで、ピラミッドの頂点にある目に象徴されている。
この奴隷制度は、モーゼに十戒を渡したグループにまで遡ることができます。 ノーカット版の聖書を読めば、これらの戒めを渡したいわゆる「神」が、矢で人を殺すと脅し、ユダヤ人の指導者を次々と殺害し、金、銀、赤く染めた羊皮、アロマオイルなどの形で貢物を要求していたことがわかります。 これは “神 “ではなく、”サタン “として庶民に知られる高度に洗練された人間奴隷主集団である。
この筆者は、この進行中のパンデミック詐欺は、ニュルンベルク式の戦争犯罪法廷の対象となる必要があると、イルミナティ、世界の情報機関、そして何千人もの弁護士に同意する個人的な理由を持っています。 先週、私は次のような手紙を受け取った。
100-0005 東京都千代田区丸の内3-2-3 丸の内二重橋ビル5Fhttp://www.fccj.or.jp E-mail:front@fccj.or.jp Tel:03-3211-3161 Fax:03-3211-3168
2021年3月5日 Re: クラブの中の仮面
親愛なるベンジャミン・S・フルフォード氏へ。FCCJ理事会は、パンデミックが続いている間は、飲食中を除き、敷地内では誰もがマスクを着用することがクラブの方針であることを再認識していただきたいと思います。 科学的根拠によれば、これは死や重篤で長期的な病気を引き起こす可能性のあるウイルスに感染するリスクを減らす効果的な方法であるとされています。 理事会は、あなたがこの要件を遵守することを拒否したことがあると報告されています。 クラブへの皆様の貢献は大切にしていますが、コビド19やマスクについての個人的な信念がどうであれ、他の会員やスタッフの命や健康を心配させることは不公平です。 クラブの敷地内では、鼻と口を覆うマスクを着用してください。 それができないと思われる方は、パンデミック期間中の当クラブへのご来訪はお控えくださいますようお願いいたします。 ご協力をお願いいたします。 FCCJボード/理事会
これが私の回答です:
彼らが科学的な証拠を私に提供してくれるならば、私は喜んで従うだろうとボードに通知してください。 そうでなければ、事実から真実を求めるジャーナリストとして、私は彼らが迷信に基づいて行動していることを世界に知らせることになります。 CDCもWHOもウイルスの存在を証明していません。 だから、ジャーナリズムの利益のために、私は彼らに事実に基づいた議論をすることに挑戦します。 議論を拒否された場合、私は応じません。
彼らが私に答えなかったので、マスク問題を強要しようとした本当の理由は、3月2日に私が3月11日に日本の福島で起きた20011年3月11日の大量殺人事件を隠蔽しようとした彼らの試みを台無しにしたからではないかと私は推測している。 彼らは、福島に関する日本の国会調査の責任者である黒川清氏に来てもらい、日本政府の無能さのせいにして事件を白紙に戻そうとしたのだ。
しかし、私は黒川氏に、なぜ深海掘削船「ちきゅう」が震災前の数週間、地震震源地で海底を掘削していたのかと質問した。 また、日本とオーストラリアの軍事情報機関が、この船に核兵器が搭載されていたと言っていたことも指摘しました。 また、なぜイスラエルのマグナBSP社が震災直前に福島原発の警備を担当していたのか。 そこで黒川氏は「日本人は軍事力で守られていなかった」と言い放ち、黒川氏の部下に暴言を吐いたのである。つまり、あの日の日米軍と日本軍は任務を怠ったのである。
パンデミック」の話に戻ると、「存在しないことは証明できないが、存在することは証明できる」というのが論理の基本である。 だから、誰かが「紫色のスパゲッティでできた銀河がある」と言っても、誰もそれが間違っているとは証明できない。 しかし、もしエリートが「ウイルスと戦う」ために不衛生なマスクで窒息させたいのであれば、それが存在することを証明する必要があります。 これまでのところ、CDCもWHOも他の誰も、いわゆるCovid-19、あるいはSars Cov 2、あるいは彼らがそれを何と呼んでいるか知らないが、たった一つのそのサンプルさえも作成することができなかった。 対照的に、ワクチン推進派が保険詐欺やその他の手段を使って、インフルエンザ、肺炎、感冒結核などの病気を “Covid-19 “と表示するように医師に強制しているという圧倒的な証拠があります。
そのため、ハザール・マフィアの政治部に対して軍事的、法的なキャンペーンが始まっています。 MI6はこの件について次のように述べている:
「私達が持っている証拠は、1975年に世界銀行が事前計画の根本原因を分析していたことを示しています[「パンデミック」の]。 軍事的な懸念を与えたのは、シオニクスとワクチンに含まれるナノ粒子で、その後、大混乱に陥り、我々は防御よりも攻撃的になった。
シオニクスとは、システム・オブ・インソルジェンシー・ネゲーション・アンド・カウンター・サブバージョン(Systems of Insurgency Negation and Counter Subversion)を意味します。 基本的には政敵を攻撃したり、人民放棄を鎮圧することです。ジェノサイドは、これが全てであり、国連を支配するルシフェリアンカルトの人口削減の狂気から遠くない。”
また、先週、アジアの秘密結社とホワイト・ドラゴン・ソサエティとその同盟者は、私達が共有するこの惑星の運営方法を改善することについて、マルタ騎士団と西洋の秘密結社に接触しました。 西洋秘密結社の指導者たちは…(無料分ここまで)
このレポートが公開された時点では、何も述べませんでした。 私たちのメッセージを伝えたマルタ騎士団のリーダーが、上記の西欧一神教、別名バビロニア専制政治の政治局に突っ込んで、議論のテーブルに着くことを拒否したのだと推測します。
だからこそ、彼らの指導者狩りが本格的に始まったのです。
問題の根本的な原因を特定するために、MI6は私のサイトに投稿されたキム・ゴグエンとチャーリー・ウォードの会話を要約したこれらのコメントを調べるように依頼しました。
話し合いでは、地球の多層コントロールシステムの責任者は誰なのかについて議論されていました。 彼らはまた、長い間約束された「金融リセット」が決して起こらないことに注意する。
彼らは、それが中国のドラゴンファミリーだと思っていましたが、その後、彼らは、彼らが常に答えを待っていることに気づきました;ドラゴンファミリーが他の誰かに答えていることを意味します。 ウォード氏は、8層のコントロールシステムがあると述べた。
彼らの話を要約したコメンテーターは、「ヨーロッパ/アメリカの黒い太陽、スイスに拠点を置くナチス第四帝国のメーソン/デモニック・テンプル騎士団」について言及しなかったことに注意しています。
世界の目に見える指導者と、彼らの糸を引く様々な秘密結社のトップの両方と直接取引してきた数十年の経験に基づいて、私たちはグノーシスイルミナティに同意します。
「問題は、西洋の一神教を支配する個人のグループにある。 このグループは委員会によって指導されています。」
私たちが検出できるのは、公に見えるローマ法王、イランのアヤトラ女王、アメリカ大統領などの上に指導者グループが存在しているということです。 このグループは、証明できるほど存在しないパンデミックのために、試験されていないワクチンを推進させることができます。 また、アフリカとアフリカとアジアの大部分は、パンデミック詐欺に同行していないので、このコントロールグループの外に残っていることがわかります。
それが、私達がグノーシスイルミナティ、MI6等と同意する理由です。答えを見つけるには見える指導層を追い詰めればいいのです。 今、公の場に現れている女王と法王は、明らかな詐欺師です。 MI6は、エリザベス2世女王が生きているというアナログの確認を得ることができませんでしたので、テレビでワクチンを押している人は詐欺師です。 法王も同様です。
東方の秘密の指導者に関する限り、これは、私が彼らの目に見える指導者と目に見えない指導者と何十年にもわたって交流してきたことから学んだことです。
アジアでは、神道を支配する八咫烏北朝鮮政権などの秘密結社は、そのルーツをチベットにまで遡る。 これらのグループの指導者は、約3000年前に西洋一神教を支配するグループから分裂したと言う。 両グループともエジプトのファラオに起源があると主張し、太陽崇拝を実践している。
また、アジアの長老やドラゴン・ファミリーの話も多い。 これらはチベットのグループとは別のものです。 彼らは中国の様々な王族の系譜にまで遡ります。 だから、例えば李家の名前は唐の時代までさかのぼります。 ここで注目されている人には、中国のナンバー2である李克強や、タイクーロンのリチャード・リーなどがいます。
もう一つの強豪グループは、台湾に拠点を置く「明華Mei Hwa」または「梅花Plum Blossom」グループです。 これらは明の後継者である。 彼らは過去にこの筆者の命を救ってくれたので、名前は伏せておくことにする。
宋代の後継者も重要な存在である。 彼らは過去に、現代中国の創始者である孫(宋)弥千と宋姉妹に代表されてきました。 現在、この一族の中で最も顔の見えるのは、ソフトバンクグループの孫(宋)正義である。 孫は数年前にロックフェラー一族から日本のMusashiの選挙泥棒の機械の支配権を与えられた。 彼を疑う必要がある。
これは、アジアの王族や東南アジアのCIAが、ロックフェラー家と中国とのつながりについて報告しなければならなかったことだ:
「ロックフェラー家は100年以上にわたり、生物学、化学、物理学などの医学関連の科目から、考古学、遺伝学、農業、経済などのより広範な研究まで、中国に数十億ドルを投資してきたと報告されている。 ロックフェラー家の中国への投資の歴史は、デビッド・ロックフェラーの祖父ジョン・ロックフェラー・シニアが中国に灯油を販売した1863年にまで遡ります。 20世紀の間、ロックフェラー財団は数百の中国の機関と何千人もの中国の学者や実務家を支援してきました。
f:id:monaden:20210311114321j:plain
また、デビッド・ロックフェラーは「自分の種を蒔く」ことで知られており、CIAによると1973年から1980年代の間に少なくとも30人の子供を中国で養子にしています。 彼の孫のマーク・ザッカーバーグには中国人の妻がいます。 ロックフェラー家は、アメリカを中国に依存させたと、彼らは書いています。 「”コロナウイルス“の発生中、中国がロックフェラー財団の “ロックステップ “の脚本に従っているのは、これが理由なのではないか」と、CIAは尋ねています。
上記の情報は、NSAから送られてきた以下の質問と観察に対する回答を提供しています。
「DCライブトラフィックカメラ…ホワイトハウスから3ブロック先のトランプホテル前は通行禁止。 交通カメラ…DCの米財務省ビルは空室、ニューヨーク証券取引所は空室  議会、最高裁判所、大統領、米国財務省ニューヨーク証券取引所…すべての空きビル…だから…誰が米ドルを管理しているのか?”
答えは、ドラゴン・ファミリーによると、中国です。
ジョー・バイデン氏が100年ぶりに記者会見を開かなかった米大統領になったのは、そのためだ。
もし西側の指導者達が、ロックフェラーと彼らの仲間達による中国への米国の支配権の引き渡しについて何かをしたいと思っているなら、彼らは、ハザール・マフィアの政治局を打倒し、実力主義と民主主義のハイブリッドで彼らのシステムを置き換える必要があります。
グノーシスイルミナティは、2016年にヒラリー・ロックフェラー・クリントンの代わりにドナルド・トランプを政権に置くことによって、ロックフェラーを打倒しようと試みました。 しかし、トランプは部分的な粛清には成功したものの、米国法人の破綻を食い止めることはできませんでした。 だからこそ、2020年の盗作選挙によるロックフェラーによるアメリカの中国への引き渡しは、今のところ成功している。
確かに、ペンタゴングノーシスイルミナティは、ジョー・バイデンのCGをなんとかコントロールして、それを中国に向けることができました。 そのために中国は、以前のメルマガで報告したように、その後、台湾を侵略しようとし、失敗したのです。 現在、不安な膠着状態が続いています。

しかし、中国が長期的に勝つために有利なのは、彼らが国民のためになる未来計画機能を持っているからである。 それは、発表されたばかりの5年計画を見ればわかる。

http://www.xinhuanet.com/english/download/nationaleconomic.pdf

西洋では、長期的な計画は、悪魔のようなハザール・マフィアの支配下で、奴隷化と中央集権化についてのものでした。 その結果、富が上位0.01%の手に圧倒的に集中し、環境や社会の崩壊を引き起こしている。
西側が中国が使用するよりも優れた未来計画機能を設定するまで、時間が経てば経つほど、彼らは弱体化していくだろう。
訳:Rinta(MTPE)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA