フルフォードレポート【英語版】2021年4月19日

フルフォードレポート【英語版】2021年4月19日

 

https://benjaminfulford.net/2021/04/19/it-is-payback-time-for-the-cabal/

 

カバルへの仕返しの時

WEEKLY GEO-POLITICAL NEWS AND ANALYSIS

2021年4月19日 ベンジャミン・フルフォード

 

地球をめぐる戦いは変曲点を迎えています。 ハイレベルな情報筋からの報告によると、ハザリアン・マフィアが接触し、権力の移譲を交渉しようとしているとのことです(詳細は後述)。

 

しかし、CIA、MI6、アジアの秘密結社、FSB、ペンタゴンなどの情報源は、反応するのをやめて行動を開始する時期であることに同意しています。 私たちは、地球を修復するための数兆ドル規模のキャンペーンが続くことになる降伏を実際に見るまで、あらゆる面で攻撃を続ける必要があります。

 

降伏の話は以前にも聞いたことがありますが、それはいつも、何か恐ろしい新しい事件が起こるまでの時間稼ぎだとわかります。 例えば、カバルは最近、中国の三峡ダムを爆破すると繰り返し脅しています。 これにより、下流に住む3億5千万人の人々は壊滅的な打撃を受けることになります。

https://www.quora.com/What-would-the-effects-be-if-the-Three-Gorges-Dam-were-to-collapse

 

また、ラ・パルマ島を爆破し、アメリカ東海岸を時速600マイル、100メートルの津波で襲い、フロリダなどを壊滅させるという形での報復を受けることになります。

https://websites.pmc.ucsc.edu/~ward/papers/La_Palma_grl.pdf

 

 

だからこそ、相互確証破壊よりもWin-Winの解決策を取る方がはるかに良い選択肢なのです。

 

とはいえ、ハザリアン・マフィアがイベントを何十年も前から計画していることはわかっています。 つまり、プランデミックの恐怖キャンペーンが勢いを失っている今、彼らは何か別の計画を立てているということです。

 

この点については、トルコのテレビで、エバーグリーンの船「Ever Given」がスエズ運河を封鎖したのと同時のタイミングで、エバーグリーンのトラックが中国の幹線道路を封鎖した理由について放送されたことを取り上げました。 彼らは、大規模かつ長期的に計画された「地球温暖化」という環境災害イベントを阻止するためだと主張しています。 これは真実であり、私たちはテレビ放送が正しく、計画された災害が阻止されたことを願っています。

https://www.dailymotion.com/video/x80l09q

 

また、企業のプロパガンダ・メディアでは、UFOや宇宙人の証拠がますます増えています。

https://www.veteranstoday.com/2021/04/18/stunning-pentagon-releases-slam-dunk-ufo-video-admits-withholding-far-more-compelling-images/

 

これは、少なくとも1930年代から取り組んできた彼らの「緑の小人による侵略」キャンペーンが、間もなくあなたの近くの「ニュース」画面に登場することを意味するのかもしれません。 空に浮かぶホログラムにも注目してみてください。

 

このようなキャンペーンの展開は、実はハザリアン・マフィアの絶望の表れでもあるのです。 ルーマニアの独裁者チャウシェスクが、銃殺刑になるまで弾圧を続けたのを覚えていますか。 それと同じことが、今、カナダで起こっているようです。 オンタリオ州首相のダグ・フォードが先週、偽のパンデミックを口実に全体主義的なロックダウン(封鎖)を呼びかけたところ、オンタリオ州の45の警察署のうち39の警察署がこれを拒否しました。

https://thepostmillennial.com/ontario-government-backpedals-on-extraordinary-police-powers-that-would-have-allowed-police-to-randomly-stop-and-question-people-for-being-outdoors

 

fractricidalな傀儡であるジャスティン・カストロと彼のハザリアン・マフィアの手下たちが、彼ら自身に対する銃殺隊相当のものに直面するまで、もう長くはないはずです。

 

一方、米国では、民主的に選出されたドナルド・トランプ大統領を排除したクーデターが崩壊しつつあります。 CIAの情報源は、マーク・ミリー統合参謀本部が打倒され、海兵隊のデビッド・バーガー元帥が統合参謀本部の指揮を執っていることを確認しています。 新司令部は、北米を解放するために、カナダのカウンターパートと連携する必要があります。 民主主義、法の支配、権力の分割、メリトクラシー(能力主義)という共通の原則が、まもなく誕生する北米合衆国を結びつける接着剤となるはずです。

https://realrawnews.com/2021/04/biden-denied-entry-to-pentagon/

 

また、アメリカでのクーデターは、ソ連の崩壊を助けたのと同じチームのメンバーによって実行され、賄賂と殺人を組み合わせた似たような手法を使ったことが分かってきました、とCIA関係者は語っています。 特に、

 

ロックフェラー一族とフォーチュン500の手下たちは、… 軍の上層部や西海岸のハイテク企業などに12兆円もの賄賂を提供してクーデターを起こしたといいます。 賄賂の総額は、米国のM1マネーサプライが2020年2月(米国企業が倒産した時)の4兆ドルから2021年2月の18.4兆ドルに跳ね上がったことから推測できます。

https://fred.stlouisfed.org/series/M1SL

 

この資金は主に、選ばれたいくつかのハイテク企業を経由して株式市場でロンダリングされました。 例えば、テスラモーターズの時価総額は7400億ドルで、車の販売台数がトヨタの1/16しかないにもかかわらず、トヨタモーターズの時価総額の約5倍にもなります。 また、JDパワーズの自動車信頼性評価では、トヨタがトップであるのに対し、テスラは最下位です。

https://edition.cnn.com/2020/06/25/cars/tesla-jdpower-rankings/index.html

 

https://www.jdpower.com/cars/toyota

 

そして、イーロン・マスクのスペースXのロケット(またはロケットのCG)が爆発していますね。 では、なぜテスラが時価総額1兆ドルの企業になるという話があるのでしょうか?

 

その答えは、ロックフェラー傘下の連邦準備制度が、イーロン・マスクやジェフ・ベゾスなどのオリガルヒを介して、軍産複合体に資金をロンダリングしているからに違いないです。 そうやってドナルド・トランプ米大統領のツイッター・アカウントなどを遮断することができたのです。 また、パンデミックの真実などを伝えるU-Tubeの検閲も彼らの仕業です。

 

多くの人が不思議に思うのは、通貨供給量が1年で5倍近くになったにもかかわらず、なぜ米ドルが崩壊しないのかということです。その答えはもちろん、ロックフェラーとその仲間たちは、アメリカ国内で使うためのドルを印刷することはできても、国外で使うことはできないからです。 だからこそ、株式市場を盛り上げ、一般市民に小切手を配っておだやかにしようとしているのです。

 

もちろん、タダでお金が手に入るということは、多くの人が働く意欲を失い、中小企業が人手を確保できなくなることを意味します。 ソ連で共産主義が失敗したのは、一生懸命働いてもお金にならないので、誰も一生懸命働かなかったからだということを思い出してください。

 

ソ連が破綻した時と同様に、破綻したUSSAでは社会的混乱と犯罪が増加しています。 最近の不穏な兆候は、先月だけで54件という驚くべき大量殺人銃撃事件が発生したことです。

https://www.the-sun.com/news/2716751/mass-shootings-us-map-biden-statement/

 

もう一つの興味深い出来事は、アメリカ人が借金奴隷制度に目覚め、銀行を通じてロンダリングされた連邦政府のにせ金を借りることを拒否していることです。 だからこそ、米国の大銀行は現在、融資額よりも預金額の方が100%以上も多いのです。 これはシステミックな失敗の兆候です。

https://www.zerohedge.com/markets/stunning-divergence-latest-bank-data-reveals-something-terminally-broken-financial-system

 

先週の2つの経済ニュースは、この政策が米国の国際的な力にどのような影響を与えているかを示しています。

 

“米国の2月の貿易赤字は711億ドルと記録的に拡大した。これは輸出の減少が輸入のわずかな減少を上回ったためである。”

 

“中国のGDPは第1四半期に記録的な18.3%の成長、輸出が産業を牽引”

 

https://abcnews.go.com/U.S./wireStory/us-trade-deficit-jumps-48-711-billion-february-76920869

 

https://asia.nikkei.com/Economy/China-GDP-grows-record-18.3-in-Q1-as-exports-drive-industry

 

中国人が米国の貿易赤字を賄うために米国の国債を買い集めているのは、その引き換えに米国の海外保有株を提供されているからだとドラゴン・ファミリーは説明します。

 

最近の例では、レジデント(住人)・バイデンがアフガニスタンからの米軍撤退を約束する一方で、中国が同じ国に「平和維持軍」の派遣を提案しています。 言い換えれば、ロックフェラー家などが中国に「我々がアメリカを支配し続けることに協力してくれれば、アフガンのヘロインビジネスを提供する」と言ったのです。

 

もう1つは、もちろん、アメリカ/西洋の外交政策は、同じことを何度も繰り返す壊れたレコードのようなものだということです。

 

「イランが核を持とうとしている、攻撃しなければならない!」、「北朝鮮が海に向けてミサイルを発射した、日本はもっとミサイル防衛を買わなければならない!」、「ロシアがウクライナに侵攻しようとしている、NATOにもっと戦車を売る時だ!」、「アルカイダ、IS、BLM、ANTIFAなどがテロを起こしている、もっとファシズムを追求する時だ!」。「SARS、EBOLA、BIRD FLU、COVID-19が皆殺しにする、人権を放棄して予防接種を受ける時だ!」などなど。

 

幸いなことに、このようなやり方では地球を運営することはできないという高レベルの認識があるようです。 MI6の情報源によると、「ロスチャイルド一族との対面式のサミット が」、”バーゼルのBIS、世界銀行、IMF、国連の合併 “について話し合うために手配されているそうです。

 

エルサレムから世界を支配しようとしているシオニスト・カザリアン派閥の軍事部門であるテンプル騎士団のスイス支部も、WDSとテンプル騎士団の情報源によれば、ホワイト・ドラゴン・ソサエティとその同盟者と交渉する準備が整っているといいます。

http://www.templiers.ch/

 

すべてが順調に進めば、WDSの代表者が5月にスイスに行き、地球の未来計画組織を設立するための具体的なプロセスを開始する予定です。 この組織の基本的な考え方は、東西の主導権を半々にして、それぞれが拒否権を持つというものです。 組織の初期資金は1,000億ドルを予定しています。 それ以降の資金は、実際の具体的なプロジェクトと連動させ、民間の競争入札にかけることになる。 実現可能なプロジェクトが十分に見つかれば、年間の資金調達額は何兆ドルにもなると予想されています。

 

作られた敵への恐怖に基づいて地球を運営する時代はまもなく終わります。 新たなパラダイムは、「私たちは今、どこに行きたいのか、どうやってそこにたどり着くのか」を問うことになるでしょう。 世界は監獄惑星から地上の楽園へと変貌を遂げるでしょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA