フルフォードレポート【英語版】2021年11月29日

フルフォードレポート【英語版】2021年11月29日

バビロンはバブルになるが、無駄になる

2021年11月29日 ベンジャミン・フルフォード

 

 

カザリアン・マフィアのリーダーたちの口からは、破滅への道を巡っている恐怖が伝わってくる。ハザリアン・マフィアの幹部がパニックに陥っている兆候は、時間が経つにつれてますます明らかになっています。彼らが必死になっているのは、自分たちがまず破産し、次に戦争犯罪の容疑をかけられるのは時間の問題だと知っているからだ。

先週の彼らのパニックの最も明白な例は、彼らの偽のパンデミックのバカげたオミゴッド!オミクロンバージョンだった。従来の500倍の感染力を持つこの「新種」は、アフリカで「発見」された後、光の速さで地球を一周した。ボツワナの大統領府Covid-19タスクフォースの発表によると、この新型はまず、ワクチン接種を受けた4人の旅行者から発見されました。

その後、カナダ、シンガポール、香港、英国、ドイツ、イスラエル、ベルギー、オーストラリア、オランダ、イタリアでも感染が確認されました。

 

問題は、「狼を叫んだ少年」の話のように、「パンデミック」を叫ぶエリートたちが、何度も何度も嘘をついてきたことで、「今回の狼は500倍大きい!」と言われても、誰も信じないということです。

「現在、25カ国以上の127の機関が記録を残していますが、そのすべてが、地球上のあらゆる患者のサンプルから、疑惑のコビドウイルスを精製したという記録を、誰一人として提供することも引用することもできませんでした。すべての文書は公開されています」と、パンデミックの真実を追求する医師グループは述べています。

ワクチン推進派のニュージーランド首相ジャシンダ・アーダーンは、真実と国民に迫られている中、「作り笑いの裏に、これまで誰にも見られなかった恐怖心」を見せているとCIA関係者は指摘する。この恐怖心は、彼女が「ワクチンパスを持っていれば、何でもできるという、実にわかりやすいものなのです」と言っていることからもわかります。基本的にはそれだけです!」と語っていることからも、その怖さがうかがえます。

このように、英国政府が手をこまねいていることは、先週のRedditの国際ニュースフィードに掲載されたトップ25の記事を、2日連続で調査したことからもわかります。最初の記事では、40%がCovidに関する記事でした。次の日には、それが64%にまで増加しました。Redditの創始者であるAaron Swartzは、さぞかし墓の中で転がっていることでしょう。彼の父親によると、Swartzは「政府に殺された」とのこと。

https://www.latimes.com/nation/la-xpm-2013-jan-15-la-na-nn-aaron-swartz-funeral-eulogy-father-20130115-story.html

その理由はもう明らかで、インターネットの民主主義と情報の自由の中心ではなく、Redditは高度に規制されたプロパガンダのフィードになってしまったのです。しかし、どんなに避けようとしても、真実は自ずと見えてくるものです。たとえプロパガンダ版の「コヴィド」の死亡者数を信じたとしても、現実にはパンデミックは起きていない。

 

事実に基づく証拠を必要とする軍、警察、法執行機関のコミュニティは、KMに決定的に反対する動きを見せています。例えば、米国連邦地方裁判所のT.ケント・ウィザレル2世判事は、コロナウイルスの話を完全に否定しています。

-COVIDの死亡率は低く、ほとんどの人にとって重症度は低い。

-COVIDの死亡率は低く、重症度はほとんどの人が軽度であること、ジャブ(注射)のリスク・ベネフィット比はリスクの方が大きいこと

-自然免疫による保護

自然免疫による保護 -イベルメクチンやモノクローナル抗体のような代替治療 -注射は感染を防ぐものではない

-注射はウイルスの感染や伝播を防ぐものではありません。

これは、偽のパンデミックを推進する者たちに対する、雪崩を打ったような法執行活動のほんの一部に過ぎません。ワクチン推進派のビル・ゲイツは殺人罪で起訴され、インドでのワクチンによる死亡事故を理由に死刑を求刑されています。
https://vaccineimpact.com/2021/bill-gates-charged-with-murder-for-covid-19-vaccine-death-in-indias-high-court-death-penalty-sought/

ロバート・F・ケネディ・ジュニアは、世界的な全体主義を押し付けるワクチン/パンデミックの試みが崩壊したおかげで、彼の叔父と父の殺害に対する真の正義を得ようとしているのかもしれません。ケネディ氏は、「医学的危機に対する医学的対応の代わりに、軍事化された対応とマネタイズされた対応が行われた」と述べています。

 

現在進行中のパンデミック・フィアー(=恐怖)・ポルノの目的は、「人々を軟禁状態に閉じ込め、ストックホルム症候群と呼ばれる状態を誘発することである。ストックホルム症候群とは、人々が捕獲者に感謝し、生き残るための唯一の方法、危機を脱するための唯一の方法は、捕獲者の命令に完全に従うことであると、彼らの中で信じさせることである。

彼によれば、米国はテロに基づいた外交政策を行ってきたが、問題はイスラムのテロリストが十分な人数を殺害していないために、憲法で保証された自由や制約を放棄するように十分な米国人を脅かすことができなかったということだ。また、自由な世界の人々に強制的にワクチンを受け入れるよう強要するのにも使えなかった。

このプログラムは、ジョージ・ブッシュ・ジュニアのナチス政権が、「テロ」を口実にワクチンの安全性テストを廃止するために、米軍が炭疽菌を放ったことから始まったと彼は指摘する。

2000年にビル・ゲイツ氏とアンソニー・ファウチ氏が「(ゲイツ氏の)8700万ドルの豪邸の居間で握手を交わし、2020年までに全世界にワクチンを接種するためのパートナーシップを結んだ」という画期的な出来事があったとケネディ氏は述べています。

https://www.worldviewweekend.com/news/article/rfk-jr-cia-led-military-response-pandemic-was-meant-drive-democracy-world-and-usher

現在、米軍の白人部隊、アジアの秘密結社、ヨーロッパ貴族の博愛主義的な派閥の同盟が、あらゆる面で反撃しています。

 

例えば、日本では、岸田新政権が米軍の支援を受けて、偽装パンデミックを鎮圧しようとしている。また、偽パンデミックの推進者だけでなく、福島原発事故の加害者を特定し、起訴するための警察の捜査も行われている。

先週、筆者は岸田内閣の幹部に会ったが、その幹部によると、この反撃の一環として日銀が国有化されたという。次は、地震兵器で攻撃すると脅して日本からKMに強奪された日本の上場企業の40%近い株を没収することになるだろう、と同閣僚は語った。

また、日本の政治家の殺害を下請けしていた朝鮮人暴力団も、天皇陛下に近い右翼の支援を受けた前例のない日本の警察の捜査によって排除されるという。

最終的には、この捜査は、KMの北朝鮮とのつながり全体を対象とするだろう、と関係者は言う。

ペンタゴン筋によれば、日本の敗北は、KMとアメリカの偽バイデン政権にとって致命的な打撃となった。

 

米国では、宇宙軍情報局の高官によると、「Project Odin」にハンマーが打たれようとしているという。この情報源によれば、プロジェクト・オーディンは

チュール軍事基地とシャイアン・マウンテンのバンカー群(司令官の命令で今もロックされている)で運営されている軍事宇宙軍の諜報活動である。世界中のグリッドを制御するスターリンク衛星システムに接続されており、すべてのメディア、ラジオ、インターネットのプラットフォームをバイパスしているが、プロジェクト・オーディンは、緊急放送システムを介してすべてのメディアプラットフォームを引き継ぐことができる。同盟はその準備を進めている。

しかし、緊急放送システムについては、これまでにも多くの誤報があったので、読者の皆さんには、これを見たら信じることをお勧めします。

一方、宇宙軍の救援を待つ間に、アメリカではKMコントロールグリッドが崩壊する兆しが見えてきました。

ギスレーヌ・マックスウェルの小児性愛容疑の裁判は、まさにその兆候を示しています。すでにお伝えしたように、この裁判は、欧米の寡頭政治の大部分を巻き込むことが予想されています。今では、国連をも崩壊させるかもしれないと言われています。

 

信じられないかもしれませんが、ギスレーヌ・マックスウェルは国連の許可を得て、世界の海洋をコントロールしていました。これは、CIAの情報源によれば、外交特権と独自のパスポートを持つ国連NGOのマイクロネーションであるテラマー・プロジェクトを通じて行われた。テラマーは「世界の海を守る」とされていましたが、実際にはジェフリー・エプスタインとクリントン財団の利益を代表していたと情報源は言います。独自の潜水艦を所有するテラマーは、人身売買の隠れ蓑だったとモサド筋は付け加える。また、大富豪のリチャード・ブランソンも関与していたといいます。彼のネッカー島は、エプスタインのリトル・セント・ジェームズ島の隣にあるという。

テラマーについてのCIAからの情報です。

テラマー・プロジェクトの関係者や資金提供者には、クリントン財団、コメットピンポン社のジェームズ・アレファンティス、ジョン・ポデスタ、タメラ・ルザットなど、現在では児童の性売買に関係していると認識されている人たちが多く含まれています。

ルザットはヒラリー・クリントンのチーフ・オブ・スタッフでした。現在はThe Pew Charitable Trustsの政府関係担当上級副社長。ルザットは、「Evie’s Crib」という不穏なウェブサイトを公開していました。彼女は、ウィキリークスで公開されたジョン・ポデスタへの悪名高いメールを書き、まるで自分の乳児の孫を政治エリートに斡旋していたかのような内容でした。

1991年にギスリーンの父であるロバート・マクスウェルが亡くなった後、彼女はイギリスの銀行家エブリン・ロバート・ド・ロスチャイルドを夫に持つリン・フォレスター・ド・ロスチャイルドが所有するマンハッタンの物件に移り住みました。この物件はテラマー社の拠点としても登録されていた。

マクスウェルが国連に頼んで、彼女を刑務所から出してもらうのも不思議ではない。

https://news.yahoo.com/ghislaine-maxwell-asks-united-nations-233300155.html

もちろん、刑務所に入ることになるのは、国連のオーナーたちの方が多いだろう。

鍵となるのは、米国法人の倒産でしょう。この面では、偽バイデン政権が、米国の戦略石油備蓄を中国とインドに売却することで、12月15日までの時間稼ぎをしていることに注目したい。

https://www.foxbusiness.com/politics/oil-reserves-released-biden-expected-china-india

また、偽バイデン政権は、政権維持のために、上位20都市の米国商業不動産の30%以上をすでに中国に売却したと、金融業界関係者が語っている。

 

しかし、ハットトリック・ニュースレターのジム・ウィリー氏が指摘するように、米国の金融システムは崩壊に近い状態にある。15%の実質インフレ率と1%の金利で、実質金利はマイナス14%になっていると指摘しています。これは、過去2年間で生産性が30%低下したのに対し、マネーサプライが2倍になったために起こったことだと指摘しています。

このような誤った管理の結果は、急速にKMとその上位1%の従者に対する民衆の反乱となっている。富裕層が経営するブティックなどの店舗が大量に襲撃されているのも、その表れである。LA警察によれば、「人気のあるショッピング街、裕福な住民、有名人」が「組織的に狙われている」という。

 

https://www.zerohedge.com/personal-finance/lapd-targets-follow-home-robbery-crime-wave

問題は、スイスのレマン湖周辺に隠れているKMの政治部が、いつ暴徒や警察の裁きを受けるかということだ。

この件に関しては、バチカンを支配しているP2(現在はP3)フリーメーソンから、彼らのスイス人オーバーロードは “エイリアン “だと言われたことを覚えている。これを確認することはできませんが、今週の締めくくりとして、読者の皆さんに以下の写真をご紹介したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA