フルフォードレポート【英語版】2021年6月14日

フルフォードレポート【英語版】2021年6月14日

黄金時代がやってくるさんより転載

ベニヤミン・ネタニヤフの権力からの排除はゲームチェンジャー

WEEKLY GEO-POLITICAL NEWS AND ANALYSIS

イスラエルの犯罪大臣であるベンジャミン・ネタニヤフの権力からの正式な排除は、地政学的に大きな変化をもたらします。 ネタニヤフ首相の退陣は、人類の90%を殺し、生き残った人々を大イスラエルから支配しようとするメシア的シオニスト狂信者の敗北を意味する。

MI6の情報筋は、「これはKM(カザリアン・マフィア)の地政学に対抗するために重要なことだ」と言っています。 ネタニヤフは、殺されて口封じされる前に、隠された支配者について歌うことができるように、保護拘置されていると彼らは付け加えています。 モサドの情報源は、本物のネタニヤフはとっくに死んでいて、我々が見ているのはクローンだと主張しています。 しかし、MI6の見解は、私たちの多くが現実として理解していることと一致しています。

いずれにしても、最近のいくつかのニュースは、中東にいかに大きな変化が訪れているかを示しています。 ネタニヤフ首相が失脚する直前に、モサドとリンクされるDEBKAサイトが次のような記事を掲載した。

「イランの核開発は数週間で終わるかもしれない。 6月8日のアントニー・ブリンケン米国務長官によるこの評価は、ベネット・ラピド次期政権に最初の大きな挑戦を突きつけており、実際、過去のイスラエル政府が直面した中で最も不吉なテストである」

https://www.debka.com/first-test-for-emerging-israeli-government-iran-is-galloping-towards-breakout-says-blinken/

このバカどもは、30年以上も毎週のように繰り返してきたのに、まだ誰かが自分たちを聴いてくれるとでも思っているのだろうか。

今では代わりに、イスラエルの植民地であるサウジアラビアがシリアやイランと平和を築こうとしています。

https://www.aljazeera.com/news/2021/6/8/times-have-changed-saudi-syria-in-rapprochement-talks

ロシア側は、「ハマスとISはイスラエルの情報機関が作ったもので、リーダーは全員『モサダ』のために働いている」ことをよく知っています。このような行動があるからこそ、世界の軍隊が一斉に判断して、イスラエルに “やめなさい、さもなくば “と言ったのです。

現在起こっていることは、イスラエルの人々が、モサダのような(en: Mossada-like: 訳注)集団自殺を再び経験したくないと判断したことである。

いずれにしても、ロシアのFSB、MI6、モサド、CIAの情報源は、人類がハザリアン・マフィア(KM)という共通の敵に直面していることに同意している。 KMのメンバーは現在、G7の奴隷民間政府、NATO、スイスの銀行家の周りを回っている。

FSB関係者が、KMのオクタゴン政治局を排除するために、ホワイト・ドラゴン・ソサエティがスイスのジュネーブを核攻撃するのではないかと質問したところ、WDSは「ピンポイントで手術することに決めた」と言われたそうです。

これに対してFSBは、KMの分析結果として「トップマネジメントは全体で2,500人、その中でもトップは200人」と答えた。 これらの人々は現在、MI6、FSB、CIA、そしてアジアの秘密結社によって積極的に追われている。

どのような人々を相手にしているかを理解するために、MI6からは、トニー・ブレア元英国首相の主治医が、自分の娘を繰り返しレイプした際に受けた膣の損傷を修復するために手術を行ったという報告を受けています。 一方、サイモン・ケース官房長官は、ある病院から子供たちを連れ出し、レイプして殺しています。

そのため、これらの人々には死刑執行令状が出されているとのことです。

しかし、MI6の関係者は、いざとなれば “数十億人よりも数百万人が死んだ方がいい、それが我々の生きている現実の世界だ…気の弱い人には無理だ “と言っている。

これは決して誇張ではありません。 世界の多くの人々に押し付けられているワクチンが強い毒性を持っているという科学的証拠を得て、軍や機関のトップレベルの人々が行動を起こしたのです。 だからこそ、突然、パンデミックやワクチンの話題が世間から消えてしまったのです。 これを示すように、一部の企業メディアは、Covid-19を伝統的な名前である「風邪(EN: common cold: 訳注)」と呼ぶようになりました。

https://newyork.cbslocal.com/2021/06/08/reemergence-cold/

このような状況にもかかわらず、G7の奴隷政府は先週末にコミュニケを発表し、「直ちに開始し、世界中でワクチンを接種する…今後1年間で10億回分を提供する」と約束しました。 さらに、「2022年にパンデミックを終息させるためには、世界人口の少なくとも60%にワクチンを接種する必要がある」としています。言い換えれば、彼らはまだ大量虐殺をしようとしているのです。

https://www.consilium.europa.eu/media/50361/carbis-bay-g7-summit-communique.pdf

幸いなことに、G7はますます無用の長物となっています。 1976年に設立された当時、G7は世界のGDPの80%を占めていましたが、今では実質的な購買力平価ベースで20%程度になっています。 それでもG7は、「世界のインフラ整備」のために、G7全体のGDPをはるかに上回る40兆ドルを約束しました。 言うまでもなく、40兆ドルは巨大な不換紙幣の幻影に過ぎません。

“ドイツ銀行のチーフエコノミスト兼調査部長のデビッド・フォルカーツ=ランダウ氏は、同僚のジム・リード氏とピーター・フーパー氏との共著論文の中で、「50年前に社会や経済が高インフレに脅かされていたことを覚えている人はまだほとんどいない」と書いています。”

千年以上の時の試練に耐えてきた経済学の最も基本的な法則は、停止していない。 中央銀行が主な資金源となっている負債の爆発的な増加は、インフレ率の上昇につながる可能性が高い。”  言い換えれば、現実というものがあり、不換紙幣銀行家はそれにぶつかってしまったのです。

また、G7のコミュニケには、「鉄鋼、セメント、化学、石油化学などの分野での脱炭素化のための行動」や「バス、列車、海運、航空などの脱炭素化されたモビリティ」についての奇妙な記述がありました。 ワクチンを接種した人が磁石のようになるという奇妙な報道を見ると、グノーシス・イルミナティが言うように、G7は人間の「脱炭素化」をもくろむ不正な人工知能のために働いているのではないかと考えてしまう。 つまり、私たちのような炭素系の生命体からシリコン系の生命体への移行を目指しているのではないか(←ラ、ライトボディってどんなボディでしたっけ?( ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ ):訳者評)と考えられます。

いずれにしても、「軍人たちは皆、G7サミットを見て笑っていた」とMI6は約束している。 ロスチャイルド家は、Libor操作に関する訴訟で破産しているそうです。 今、この悪魔の一族は、”哀れな従兄弟であるロックフェラーを使って、必死に権力にしがみついている “という。

偽バイデン政権は、ロックフェラーのビジネス利害を図々しく宣伝することで、ロックフェラーの代理人であることを示しています。 だからこそ、偽政権の最初の仕事として、キーストーン・パイプラインを断ち切ったのです。 また、彼らのいわゆる「三海構想」を見てみると、ヨーロッパ諸国が高価なロックフェラーのLNGや石油などを輸入できるように、港やパイプラインなどを建設することで成り立っている。

ロックフェラー家は、バイデン大統領が6月16日にジュネーブでロシアの権力者プーチンと会談する際に、中国に対する新たな冷戦のジュニア・パートナーとして参加するよう、ロシアを必死に説得しています。

今回の会談に関するロシア側の公式見解は以下の通りです。

「冷戦への回帰は誰も望んでいない。 しかし、当時もそうであったように、今日、欧州大西洋地域の安全保障を向上させるためには、指導者たちが相互の利益を認識し、それを推進するために大胆かつ協力的に行動する必要があります。 6月16日にスイスのジュネーブで開催される米露大統領の会談は、戦略的安定性に関する重要な新しい対話を始める機会となります。 歴史の教訓の一つは、国家が平和から恐ろしい紛争へといかに早く移行するかということです。 その結果、私たちは振り返って、どうしてそんなことが起こり得たのかというだけでなく、どうしてこんなに早く起こったのかと考えてきました」

https://russiancouncil.ru/en/analytics-and-comments/analytics/advancing-strategic-stability-in-the-euro-atlantic-region-2021-and-beyond/

ロシア人もまた、自分たちが破綻した国家に対処していることを認識しています。「プーチン」は最近、公式ニュースサイト「タス(Tass)」で次のように述べています。

「問題は山積みになっている。 そして、ある時点で、彼らはもはやそれらに対処することができません。 そして、アメリカは今、ソ連の道を歩いており、その足取りは自信に満ち、安定している」

https://tass.com/economy/1299287

米国が破綻した国家であることを示す兆候は増え続けています。 例えば、以下のグラフが示すように、(国際的なものとは対照的に)国内の米ドルの購買力は急落し続けている。

https://www.zerohedge.com/economics/its-permanent-not-temporary-dollars-purchasing-power-plunged-fastest-pace-1982

また、バイデンの人々がアメリカ国民を買収するために配った偽金のせいで、40%の中小企業が値上げをし、48%の企業が労働者を見つけられないでいるという。

また、偽のパンデミックに対応するためにアメリカが配った失業手当の半分以上が、詐欺師によって盗まれ、海外に送られていることも判明しました。

https://www.axios.com/pandemic-unemployment-fraud-benefits-stolen-a937ad9d-0973-4aad-814f-4ca47b72f67f.html

また、無政府状態への移行も進んでいます。 例えば、メリーランド州フェルズポイントのビジネスマンは、市政府がゴミの収集や駐車違反の取り締まり、路上でのドラッグやアルコールの違法販売の停止、警察に仕事をさせるといったことをしなければ、税金を払うのをやめると脅しました。

https://www.scribd.com/document/511058781/Letter-to-City-Leaders-From-Fells-Point-Business-Leaders-6-8-21-Final#from_embed

一方、オレゴン州では、ホームレスが公道や敷地内でキャンプをして生活する権利を与えることを決定しました。 言い換えれば、公園や公道に別れを告げるということです。

https://thepostmillennial.com/oregon-legislature-passes-bill-to-allow-homeless-to-legally-camp-on-public-property/

また、この見出しが示すように、暴力と無法状態への継続的な降下もあります。

“2020年の歴史的な悲惨さの後、アトランタの犯罪発生率は2021年には60%上昇した。 ”

https://www.ajc.com/news/after-historically-deadly-2020-atlanta-homicides-are-up-nearly-60-in-2021/N63RJ5OKQZCZVOCNH2D6376S3E/

また、2020年には、4人以上が撃たれる大量殺人事件が600件以上発生しており、2021年にはこの記録を超えることが予想されています。

米国の奴隷体制が崩壊しつつある今でも、KMは静かに夜を明かすつもりはないようだ。 彼らは今、世界の商業を停止すると脅しています。 彼らの世界経済フォーラム部門は、先週、次のような脅し文句を発表しました。”WEFやその他の国際的なプラットフォームで専門家が語った重要なメッセージは、2021年にサプライチェーンのセキュリティがサイバーセキュリティの主要な問題になるということです。」 また、「世界はこれまで以上に相互に連結されてきている…この文脈では、ドミノ効果のように、単一の脆弱なリンクがシステム全体をダウンさせるのに十分である」と述べています。

https://cyberpolygon.com/about/#link-s181

https://cyberpolygon.com/news/bezopasnoe-razvitie-tsifrovykh-ekosistem-stanet-glavnoy-temoy-mezhdunarodnogo-cyber-polygon/

G7コミュニケでは、「重要鉱物や半導体などの分野における、重要なグローバルサプライチェーンの回復力に対するリスク」を指摘し、具体的なターゲットを示唆しています。 その端緒となったのが、台湾政府が「Nvidia、Intel、MediaTekなど、世界のトップチップ開発企業の主要サプライヤーである金源(King Yuan)に対して、外国人労働者の就労を全面的に停止するよう命じたことだ。 この命令は、COVIDの検査結果にかかわらず、直ちに有効であった。」

ロシアFSBの情報筋によると、”IS “や “ボコ・ハラム “などに偽装したKMの傭兵が、”米国在住の投資家に代わって “アフリカから金やその他の貴重な鉱物を盗み続けているそうです。

軍事的な観点から言えば、これらの犯罪者を阻止する方法は、彼らが中央銀行をコントロールする力をなくすことです。 その時にこそ金融の混乱を引き起こす能力を彼らは無くすからです。私たちはISやその他の傭兵に話を聞いたことがありますが、彼らはスイス・フランで報酬を得ていると言います。 ですから、スイスは依然として優先度の高い軍事目標です。

また、国連、WHO、国際民間航空機関、国際海事機関のKMによる支配を終わらせる必要があります。 これらの組織を支配していたからこそ、偽のパンデミックを利用して世界経済を停止させ、人類を脅迫することができたのです。

また、中国のある派閥にも目を向ける必要があります。 ジム・ストーン・フリーランスが、中国の100の学校で昼休みに生徒が拉致されているという報告をしていました。 最近、私のパソコンでは彼のレポートを読むことができませんでしたが、iPhoneでは読むことができました。 しかし、そのレポートは読んでいる最中にiPhoneから削除されてしまいました。 これは、ロックフェラーが、バイデン・アバター政権への支持を得るために、中国のある派閥との取引の一環として、日本のデジタル検閲の鍵を中国に渡したことを示しています。

また、なぜ学生が連れ去られたのかはわからないが、台湾のアジア系秘密結社のトップが、SARSへの復讐は「予測できない、予想以上にひどいものになるだろう」と言っていたのを思い出した。 この偽のパンデミックに対して、欧米人だけが危険なワクチンを注射されているのは、彼らの復讐だったのではないかという疑問が湧いてくる。 もしそうだとすれば、中国は、ワクチンキャンペーンの背後にいることが証明された場合に生じる避けられない報復から、優秀な人材を保護しているのかもしれません。

最後に、今週は秘密の宇宙プログラムの情報源から次のような情報を得ました。

“南極に関するニュースは、グリーンランドで起きていることを皆に知らせないために、今、押し流されている。 ロシアは米軍(トランプとプーチン)と密接に協力して、オフワールドのファミリーと直接つながっているユニークな地下基地を開発している。 彼らは、まだここでは利用できない新しい技術を共有しています。 これは新しいエリア51だ。 中国はこの作戦に参加していない」。

これがどのように展開するかは、時間が解決してくれるだろう。

本レポートの音声版は、購読者向けのオプションとして提供中です。 この調査・分析を可能にするためのご支援に感謝いたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA