フルフォードレポート【日本語版】2022.3.14

フルフォードレポート【日本語版】2022.3.14

孤立する西側欧米諸国、世界の戦後体制が終わる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪2022/03/14 VOL646≫

ソース:http://benjaminfulford.jp

現在、ハザールマフィアの支配下に置かれる欧米のG7国家が、かつてないほど世界から孤立している。また、そのG7国家の内部では革命の機運が日々高まり、さらには世界各地でパンデミック捏造とワクチン犯罪に対する取締りがエスカレートしている状況だ。間違いなく世界の戦後体制が崩れている。

 

【 欧米の孤立 】

最近、西側諸国のプロパガンダマスコミは「ウクライナに対する軍事行動によりロシアが孤立を深めている」としきりに報じている。しかし、現実は真逆だ。

まず“対ロシア制裁”に参加している国は、主にアメリカ・EU・カナダ・日本・イギリス・オーストラリア・ニュージーランド。これら7ヵ国の人口を合わせると約10億6500万人だ。それに対して制裁に参加していないロシアの近隣諸国、例えば中国やインド、パキスタンの3ヵ国だけでも合計人口は30億3000万人を超えている。しかも、南米や中近東、アフリカなどの国々も実質的に対ロシア制裁に参加していないのだ。

https://foimg.com/00006/7fA1rx

つまり、世界の人口を80億人とするとロシアに制裁を科しているG7などの国々は“70億:10億”という大差で劣勢、世界から完全に孤立しているのだ。

結局、欧米のG7諸国が世界から孤立したのはハザールマフィアらがそれらの国を

 

This post is only viewable for paid members please register your account to view full text.
If you registerd,please login.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA