フルフォードレポート【日本語版】2022.9.5 崩壊する欧米権力と革命に向かう世界

フルフォードレポート【日本語版】2022.9.5

崩壊する欧米権力と革命に向かう世界
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪2022/09/05 VOL668≫

http://benjaminfulford.jp

現在、欧米は完全に破綻状態にあり、社会と経済秩序の崩壊が日々エスカレートしている状況だ。それを遅らせるためにG7を管理するハザールマフィアらは、いつもの通り日本の国力を容赦なく吸い取っている。日本銀行に円を刷らせ、貢がせているのだ。それが今の極端な円安の原因になっている。

しかし日本を搾取するだけではもう、西側欧米のG7国家が延命するのは不可能。
このままだと欧米と日本が共倒れするだけである。それにもかかわらず、日本の奴隷政府は欧米の悪魔崇拝マフィアに貢ぐために自国民を犠牲にし、さらなる負担を強いて苦しめている。

 

【 ワクチン・キャンペーン 】

また日本政府は、欧米勢に倣い、いまだ安全確認もされていない危険ワクチンを急いで国民に広めようとしている。以前から言うように、今のパンデミック騒動は風邪やインフルエンザ、肺炎などもまとめて「新型コロナ」と報道され、ワクチン営業に利用されているだけ。その結果として今、世界各地でワクチン被害の報告が雪だるま式に増えてきている。

たとえば、イギリス政府は「ワクチンは人々を新型コロナから守る最善の方法である」と宣伝しながらも、「今年8月24日時点で46万人が、ファイザー・

This post is only viewable for paid members please register your account to view full text.
If you registerd,please login.

編集者への手紙 2022.9.3

「これはフルフォード氏への質問であり、彼がそうすることが適切であると感じた場合、率直に対処することができます。彼は、標的にされた個人がその苦しみに対して具体的に補償され、彼らに対して仮想的/精神的/身体的嫌がらせを実行した機関から正式な謝罪とともに公に認められるかどうかを知っていますか? 私が持っているもう 1 つの質問は、オープン フォーラムで取り上げられることを願っています。DUMB から救われた子供たちに何が起こったのかということです。これは誰もが起こったと確信していたこととして報告されていましたが、それらの子供たちがどうなったかは決して明らかにされませんでした. それとも、バイデンが就任するまでトランプ政権/米国国境管理局によって保護拘留されていたのと同じ運命に扱われたのでしょうか? 「
米国担当者は、標的となった個人は嘘をついていないと述べています:  https://youtu.be/oSTjg2zFh8w
ありがとう、
Sp
持続的な嫌がらせの標的にもされた者として、私はこれが現実の現象であることを証言できます. それを実行する人々は通常、ハザールマフィアによって最終的に管理されているカルトのメンバーです。これは、公聴会の対象となる必要があります。
DUMBS の子供たちに関しては、答えなければならない質問がたくさんあります。これは奇妙に聞こえるかもしれませんが、あたかもいくつかの異なるタイムラインが合併しているかのようであり、このプロセスが最終的に終了すると、それと他の多くのことについて完全な開示が得られます.
それまでの間、正義が確実に行われるようにするために、私たち全員が個人的に経験する不正と直接戦う必要があります. 
– ベンジャミン・フルフォード

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA