コブラ – 金融システムに関する更新 2019.12.18

コブラ – 金融システムに関する更新 

2019年12月18日(水)

金融システムの舞台裏では多くのことが起こっています。彼らの計画を進める方法について黒い貴族の内部に分裂があります。
ある黒い貴族の派閥は、レポ市場を通じて現在のシステムを出来るだけ早くクラッシュさせ、人々がスマートフォンで支払い、その行動が監視され、評価されるIMF集中暗号金融システムに置き換えたいと考えています。社会信用システムにより個人を評価するものです
JPモルガンとドイツ銀行は、来るべき金融危機の主要な役割を果たし、両方の黒い貴族の派閥の支援を受けています。この派閥はまた、IMFとECBの政策を支持しており、クリスティン・ラガルドは。彼らの主役の一人です。
9月16日、ドイツ銀行はJPモルガンが主導するグローバルブロックチェーンネットワークに参加しました。
その時、この派閥は次の動きの準備ができていると感じ、同じ日に、彼らは他の銀行からの流動性を低下させることでさらに拡大されたレポ市場で巨大な異常を引き起こしました。
9月から12月まで、この派閥は彼らの計画を進めていました。
彼らのシステムの評価試験は、中国で今月開始されつつありました。
彼らの計画は、レポ市場を通じて現在の金融システムをクラッシュさせ、この新年までに新しいシステムを導入する予定でした。
彼らの計画は先週崩壊し始め、他の黒い貴族派が行動を起こしました。
他の派閥は、現在の中央銀行債務奴隷制システムを支持し、システムがクラッシュすることを望んでおらず、FRBを支持しています。
この派閥は、次の記事を公開しました。
その記事は、レポ市場の状況を一般の人の意識に認識されることになり、FRBは、彼らが介入しなければ、システムが新年にクラッシュする可能性があることを認識しました。
彼らの反応は大規模かつ迅速で、FRBは、今後数週間でシステムに5,000億ドルの流動性を注ぎ込む予定です。
これは状況を落ち着かせ、システムを激しくクラッシュしたい最初の黒い貴族派は、今、力を失っています。
中国のブロックチェーンシステムの評価テストは、次のように展開しています。
新年の世界的な金融危機はないでしょうが、連邦の介入なしには、我々は歴史上のどの時点よりも総暴落に近づいていました。
光の勢力は、金融システムの激しいクラッシュを望んでいません。彼らはシステムの緩やかでバランスのとれたメルトダウンと、肯定的な金融リセットにつながる意識の向上を望んでいます。
このため、彼らはできるだけ多くの人々に次の瞑想に参加するよう求めています。

 

金融制度を安定化させるための瞑想 – Japanese guided audio

youtu.be/uI7Z1P0BQEI

私たちは、アクエリアスの時代がやって来るまで、この調停を行います。
1月13日から1月17日の週は、金融市場の状況が、現在の金融システムの崩壊の危機につながる可能性が最大の時期となります
1月13日(月)午前9時30分にニューヨーク証券取引所を開始時の占星術チャートは、アークからわずか8分以内に混雑したすべての惑星と組み合わせて、強力で正確な太陽・土星・冥王星・セレスの合を示していますが、土星は実際には地球から見た太陽の後ろにいます!
一部の人々は、1月15日頃にドイツ銀行の崩壊を予期している人達がいます。
金融アナリストのマーティン・アームストロングは、市場サイクルを研究しており、彼の結論は、経済信頼サイクルが1月18日〜19日頃に最低点に達するだろうということです。
2つの独立した情報源は、ヨーロッパの機関はドイツ銀行の崩壊を許さないと伝えており、彼らは次のように、最後の瞬間にそれを救済します。
いずれにせよ、現在の債務ベースの金融システムは、長く持続することはなく、欧州の中央銀行はすでに破綻の準備をしています。
金融リセットにつながる今後の危機がどのように機能するのかは不明ですが、考えられるシナリオは次のとおりです。
数日後、私たちの時代のアクエリアスの時代活性化に関する更新を投稿します。
今回は、クリティカルマスに達することを望んでいます。
光の勝利!
翻訳  HP編集委員会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA