FM144: 2021年1月19日 

FM144: 2021年1月19日 

https://fm144.blogspot.com/2021/01/2021.html

 

2021年が始まったばかりですが、予想通り混沌とした状況が増えています。

封鎖は相次いで延長され、締め付けられ、人々の可動域はますます制限されています。予防接種をしてもこれは変わらないでしょう。

https://www.news.com.au/travel/travel-updates/health-safety/widespread-overseas-travel-unlikely-for-australians-in-2021/news-story/3d84c7bd3dff15b132e53ebb7e014e7c

カバルは、特に都市部に、より効果的に人口をコントロールできる、いわば「ゲットー」を設立したいと考えている。

https://www.thejc.com/news/world/israel-goes-into-a-third-lockdown-as-coronavirus-cases-surge-1.510141

https://www.thelocal.de/20210113/berlin-to-order-15-km-movement-restriction-rule-amid-rising-covid-19-cases

そして突然、感染者の収容所の話も出てきました。

https://www.dailymail.co.uk/video/news/video-2336038/Video-look-inside-Chinas-newly-built-quarantine-camps.html

検疫拒否者のためのキャンプ/収容所も。

https://nypost.com/2021/01/18/german-quarantine-breakers-to-be-held-in-refugee-camps/

また、世界の一部では天候が狂っているが、これは一部、ダークワンズによって人為的に作られたものである(これもまた、エネルギー平面/エネルギー界を介して)。

https://www.dailymail.co.uk/news/article-9156697/Ice-blankets-Sahara-desert-snow-falls-Saudi-Arabia-temperature-dropped-2C.html

https://www.bbc.com/news/world-europe-55586751

停電や停電の可能性があるとの報告が増えており、カバルが「ダークウィンター/暗い冬」を発表しているので、常に備えておくと良いでしょう。

https://strangesounds.org/2021/01/major-power-outage-pakistan-europe-great-reset.html

というわけで、イベントの密度はどんどん高まっており、昨年すでに述べたように、この混乱のすべての理由はただ一つ。闇の勢力はイベントが来ることを知っていて、パニックに陥っているからだ。それは、彼らがパンデミックを利用して、世界的なロックダウンを発表することによって、自分達をバンカーにして、惑星表面を封鎖している理由です。

https://fm144.blogspot.com/2020/03/system-shutdown-15032020.html

もちろん、そのためには軍事力が使われるのですが、一方で光の勢力はそれを承知の上でのことであり、だからこそ軍をコントロール下に置くことは常に第一の目標でした。

昨年の夏、このブログではCOVID-19とは関係ないかもしれない重大な偽t旗や事件が秋に向けて発表されていました。振り返ってみると、これはアメリカでの選挙の不正行為であった可能性が高いことが判明しました。

アメリカの状況については、カバルが内戦までの最大の人口分断を計画していることは明らかであり、有名な家族の社内報の表紙を参照してください。

https://www.economist.com/the-world-in-2021

しかし、その点では、このメッセージも面白い。

https://www.rt.com/business/512735-french-banker-benjamin-de-rothschild-dies/

これで、アメリカがいわゆるディープステートの支配から自由になれる可能性が出てきました。

選挙の不正行為は目新しいものではないし、西洋の世界でもないが、これほどの規模で、これほどの大胆さと明白さで行われたことは歴史上一度もない。この事件の規模は、ビッグ・テックによる大規模な検閲と相まって、9.11をも凌駕している。そして、9.11が多くの人々の覚醒をもたらしたように、今回の事件は、演出されたパンデミックと同様に、真の大衆の覚醒をもたらすだろう。

より大きな偽旗へのさらなるエスカレーションは、近日には[その可能性は]排除されないが、すでに米国では、物事が正しい方向に向かうようにするために、集団瞑想を求める声がさらに高まっている。

https://www.welovemassmeditation.com/2021/01/buddhic-column-meditation-for-the-continential-united-states.html

表面上の全体的な状況は、解放戦が物理的に見えてきていることを示しているに過ぎない。とはいえ、それは現在の出来事の一部を見ているに過ぎず、隔離の外では他にも多くのことが起こっている。

この一ヶ月間、ダークワンズのネガティブ艦隊は、地球人の意識上昇に影響を与えた結果、近隣の地球惑星に対して散発的に必死の報復攻撃を行ってきた。しかし、銀河連合は再配置後、これらの攻撃を素早く撃退することができた。

一方、光の勢力は、さらに閉じ込められたスターソウルをネガティブな地下施設から解放し、治療のために船に連れてくることができた。

その過程で、これらの施設で他の魂に残虐な行為を行っていた闇の勢力のネガティブオカルトキーパーソンたちがさらに捕らえられた。捕らえられた際に大規模な抵抗があった場合、光の勢力は、彼らが今世、そして他の人生で他の魂にしてきた苦しみを全て感じさせることができる。

この経験は純粋に感情的なものであり、瞬きをするだけの間でもある。しかし、それだけで十分なので、これらの個人の捕獲と除去は簡単に実行することができます。彼らは直接セントラル・サンに連れてこられる。

また、ダークワンズに奪われた重要な転生したスターソウルのソウルパーツも回収された。

光の勢力からは、現在行われている外でのスペクタクルに負けないように、集中することが大切だとのアドバイスがありました。また、ロックダウンの時間をヒーリングや瞑想に使うこともお勧めします。というのも、今は特に光の勢力とのエネルギー的な接触がさらに増加するからです。

スターシードの意識が夜だけでなく、日中にも船に連れていかれることが増えています。そして、より多くの表層に転生したキー・ライトワーカーが、これらの記憶の一部を保持することができるようになっています。

ロックダウンの影響で現在は暗い状況に見えても、ムードは沸点に達しており、それがひっくり返るのは時間の問題である。もう我慢できない人が増えているし、国によっては政府がすでに無力な状態になっているところもある。

https://www.rt.com/news/512744-italy-restaurants-protest-lockdown/

同時にUFO公開も進んでいます。

https://www.foxnews.com/science/cia-release-ufo-documents-real-life-x-files。

狩人が狩られるのも時間の問題だ。この時代には、もはや嘘は通用しない。勝利が近づいている。

Victory is Coming 432Hz

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA