フルフォードレポート【日本語版】2021.12.20

フルフォードレポート【日本語版】2021.12.20

孤立するアメリカ、イスラエル、ウクライナの現状
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪2021/12/20 VOL635≫

ソース:http://benjaminfulford.jp

現在、ハザールマフィアの支配国家イスラエルが存亡の危機に直面している。
そして、もう一つのハザールマフィアの重要拠点ウクライナの混乱も日々深まるばかりだ。何より、イスラエルとウクライナの既存体制が近々崩れることになれば、アメリカのバイデン政権は一気に崩壊する。

 

【 ウクライナとイスラエル 】

先週、米バイデン政権とウクライナの繋がりが国連総会の場で浮き彫りにされた。ロシアが提案した“ナチズムや人種差別”を非難する内容の決議案に対して、全世界の中でアメリカとウクライナだけが反対票を投じたのだ。

https://twitter.com/RussiaUN/status/1471589093305954310?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1471589093305954310%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_&ref_url=https%3A%2F%2Fwww.rt.com%2Frussia%2F543448-unga-resolution-condemns-nazis%2F

昔、ウクライナの地には僕がハザールマフィアと呼ぶ勢力の故地、ハザール王国があった。それこそがバイデン政権の裏にいるロックフェラーやロスチャイルドたちがウクライナに関わり、こだわり続ける理由である。ハザールマフィアらは、長期にわたり「自分たち民族の世界制覇」をずっと目論んできた。そして、その計画実現のためにはハルマゲドン(第三次世界大戦)を自らの手で起こす必要があると信じている。

そこで彼らは、現在ウクライナとロシアの紛争を煽り、念願の第三次世界大戦を勃発させようとしている。それに対してロシアは、ウクライナ・ロシア間の国境近くを飛行するアメリカ偵察機に対して警告を発し、それと同時に核兵器搭載

 

This post is only viewable for paid members please register your account to view full text.
If you registerd,please login.

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA