フルフォードレポート【日本語版】2021.2.8

フルフォードレポート【日本語版】2021.2.8

米中対立の膠着の裏で起きる世界の地殻変動
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪2021/02/08 VOL594≫

 

ソース: http://benjaminfulford.jp

前号でも述べた通り、米軍は今、バイデンのCGを操り、自分たちの主張を活発に発信し始めている。そのため、中国の奴隷政権として誕生したはずのバイデン政権が急激に反中姿勢を見せ始めた。一方、「バイデン政権を中国の傀儡として差し出す」というハザールマフィアがした約束を反故にされた中国は、先日その仕返しとして台湾侵略を試み、結果、アメリカと台湾の空軍に大敗北を食らった。

日本の右翼筋によると、その後、台湾勢は中国国内に潜伏する800万人ものネットワークを稼働させて、中国共産党の支配を終わらせるべく工作に乗り出しているという。それを受けて先週、中国は次にパキスタンとミャンマーの権力の中枢を押さえ、「インド包囲網を張った」との情報が複数の筋から寄せられてきている。

ようするに「これ以上、中国を攻撃するならばインドを侵略する」というアメリカに対する脅しだ。というのも、近年アメリカは中国経済を弱体化させるために工場や資本をインドに移し、インドを中国に対抗する大国に発展させようと計画していたからだ。そしてその後、アメリカと中国は第三次世界大戦にエスカレートすることを恐れて、軍事的には事実上の停戦状態に入った。

 

【 米中対立の膠着 】

ただし、水面下の経済的な戦いは引き続き繰り広げられている。たとえば米軍は、

 

This post is only viewable for paid members please register your account to view full text.
If you registerd,please login.
【日本最後の巫女】Today’s News 2021.02.05【Benjam Fulford】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA