フルフォードレポート 2019.9.16

フルフォードレポート(9/16)英語版
嗚呼<悲しいではないかさんより転載
ハザールマフィアはサウジアラビアに対する「イラン攻撃」と言う嘘のハルマゲドンで最終決戦を要求する
ワシントンDC株式会社の差し迫った破産に直面しているハザールマフィアは、彼らの以前から予定された第三次世界大戦を始めるための必死のアベマリア計画において、サウジアラビアの石油生産への「攻撃」を行ったと、複数の源は同意します。
攻撃には二つの目的がある。
1.石油価格を引き上げて米国の破産を防ぎ、中国のような国々に米国石油を買わせることである
2.イラン軍と米軍を第三次世界大戦を始めさせるよう騙して、ハルマゲドンをもたらし、ジャレッド・クシュナのためにメシアへの道を開くいことである。
最初に理解する必要があるのは、イランの「最高指導者」であるアリ・ハメネイと米国ドナルドトランプ大統領は、どちらもロスチャイルド(悪魔のような赤い盾)家族の従業員です。
依然、企業メディアの清涼剤をお飲みの皆さん、どうかいくつかの個別の事実確認をしてください。ドナルド・トランプはビジネスマンとして倒産し、ロスチャイルドに救済されました。しかし、イラン革命の指導者であるアヤトラ・ホメイニ、実際にはイギリス・インド人であり、イギリスの石油従業員の人であることを知っていましたか?ロスチャイルド所有のBP(英国石油)は、その後、アングロイランオイルとして知られていました。
ホメイニの後継者について、イランの反体制派は次のように述べています。「イラン人は皆、アリ・ロスチャイルド(カメネイ)を知っており、嫌っています。」
だから今、ロスチャイルド奴隷のトランプ大統領のツイートがあります。「サウジアラビアの石油供給が攻撃されました。私たちが犯人を知っていると信じる理由があります。検証に応じて照準を合わせ装填されます。」
イランの指導者ハメネイは共和国防衛司令官アミール・アリ・ハジザデに「本格的な準備ができている」、「イランの周り1,243マイルに配置されているアメリカの軍事基地と航空母艦は、イランのミサイルの射程内である」と言うように命令した。

イランと米国の指導者が、ユダヤ人が目覚め大量殺人戦争犯罪者ベンジャミン・ネタニヤフを牢獄に入れる前に、9月17日に再選挙を行おうとしているように見える。
米国の多く 軍事/ intelligence報機関は、トランプがシオニストと一緒になって、アメリカの支配から彼らを排除するように設計された精巧な策略の一部として進めているだけだという希望にまだ固執しています。
従って、米国防省情報筋は相互防衛条約でビビを敗北させることを成し遂げると主張している。
情報筋は、「イスラエルとの議論の余地のある相互防衛条約は、イスラエル国防軍と米国国防総省によって反対されており、上院によって決して批准されないかもしれない。海に関する国連法は、それを止めるのにたった34人の上院議員で十分なので批准することはできない」。
さらに、「批准されたとしても、イスラエルはロシア、イラン、ヒズボラからのS400、水中爆弾、高度なミサイルとドローンに囲まれているとき、米軍がシオニストに血を流すことはないので、イスラエルはこの小切手を換金できない」。
イスラエルの犯罪首相ネタニヤフはイランに対するイスラエルの攻撃に対する支持を得ることを期待して、先週ロスチャイルドのマスターを代表してロシアを訪問しました。 代わりに、ロシアのウラジミール・プーチン大統領は「彼に反暴動法を読んで」、イスラエルの攻撃機を撃墜すると脅した、とペンタゴンの情報筋は語った。
代わりに、ベテラントゥデイのゴードン・ダフは今日(米国空軍との広範な接触がある)、イランを非難しようとしてサウジアラビアを攻撃したのはまさにイスラエル人だと書いている。
これにもかかわらず、ペンタゴンの情報源のいくつかは、トランプが彼らが望むすべてのものと一緒に行くふりをして、シオニストに対して密かに働いているという希望にまだ固執しているようです。 彼らは、トランプが「9/11の前日にジョン・ボルトンを解雇してイスラエルに不吉な警告を送り、イスラエルがホワイトハウスと議会をスパイしていることを暴露した」と言っている。
いずれにせよ、ペンタゴンの情報筋は、ボルトンの解任はサウジアラビアに対するフーティの勝利であり、9月17日開催の国連総会の間にトランプとイランのハッサン・ルーハニ大統領との会談を持つことになると述べている。トランプ大統領は「ハメネイとの首脳会談を得るために、サウジの石油をオフラインにしてイランの制裁を解くことを余儀なくされる可能性がある」と情報筋は付け加えた。
さらに、「サウジアラビア人がリヤド近くの石油施設への攻撃で敗北するので、イスラエルの操り人形指導者モハメッド・ビン・サルマンが排除される可能性がある」と情報筋は述べた。これは「パトリオット防空ミサイルを役に立たないものとしてさらし、レイセオン社と軍産複合体に深刻な打撃を与えながら、アラムコのIPOを排除することになる」と彼は付け加えた。
いずれにせよ、サウジ石油施設に対する明らかに誇張された攻撃は、米国株式会社に短期的な利益をもたらします。トランプ氏は、「必要に応じて、市場の供給を維持するのに十分な量の戦略的石油備蓄からの石油の放出を承認しました。また、現在進行中のパイプラインの承認を加速するためにすべての適切な機関に通知しました。テキサス州およびその他の州での認可計画。「翻訳?:9月30日の破産を回避するため、より多くの石油を販売する。
この計画が進んでいる兆候として、アジアの秘密結社とCSIS情報筋は、9月2日に報告したように元日本の首相小泉純一郎と中曽根康弘がロスチャイルドの代理人マイケル・グリーンバーグによって逮捕されたと聞いた。彼らは原発を抑制して米企業政府から石油を買うことを約束して解放されたと、その情報筋は言う。
破産を避けるためのこれらの努力は、イギリス連邦、中国、ロシア人、そして世界の他の大部分が、米軍産複合体にアメリカ企業政府が失敗することを許容するよう説得しようとするときに起こります。
1871年にアメリカ合衆国共和国に取って代わった米国法人は、特に近年、アメリカ国民にとって大惨事でした。アメリカ人の90%の真の生活水準は1972年以来低下しています。米国は世界で最も高い刑務所率を持っています。寿命が短くなっても、医療費は世界で最も高い。教育基準が悪い。シオニストの狂信者は、アメリカ人の90%が支持していない議会を支配しています。
議論中の計画は、米国法人を米国の民主的な北米に置き換えることです。この計画では、これまでに敗北したエリートのカナダ軍が米軍に加わります。一方、アメリカ人は良い統治、より良い医療、より高い生活水準、より低い犯罪率などを得るでしょう。この計画は、アメリカ人をカストロの息子と彼の兄弟ジャスティン・トルドーのおそらく殺人の支配下に置くことを計画していない、MI6は約束している。
トランプがまだ彼らの救い主であると思う人のために、以下について慎重に考えてください。現在、120,000件を超える封印された告発がありますが、トランプは告発されないようにしています。彼が約束したように、9/11に関する真実は明らかにされませんでした。 「QAnon」は閉じられました。トランプの義理の息子ジャレッド・クシュナー「666 5番街」。ペンタゴンの情報筋は、トランプが軍事法廷を止めてジェフリー・エプスタインの啓示を隠蔽するために彼の力ですべてをしていると付け加えた。
多くの人が信じているように、トランプがシオニストと一緒に遊んでいることを本当に願っていますが、これまでのところ、彼の行動は反対を示しています。プラグを抜いて、権力を握った狂ったメシアの狂信者からアメリカを救ってください。
いずれにせよ、たとえ米国企業政府が先延ばしになっても、数学的に非難されます。伝説的な投資家であるジム・ロジャースは先週日本外国特派員クラブで講演し、現在の金融システムは「今後2〜3年で崩壊する」と米連邦準備制度理事会は「なくなる」と予測している。
ほとんどのベテランの投資家と同様に、ロジャースは、マイナス金利に基づいてゾンビコーポレーションにお金を注入するのに役立つ現在のシステムが運命づけられていることを知っています。 バンクオブアメリカが指摘したように、米国の金融資産はGDPの5倍以上なっている。
つまり、実体経済に適応するには、資産の価値が80%低下するはずです。 1942年に生まれたロジャーズが「私の人生で最悪の市場(崩壊)」を予想しているのも不思議ではありません。
米国軍産複合体が第11章の秩序ある破産と米国政府の再起動を伴わない場合、混乱が生じるでしょう。 「多くの政府が崩壊し、消滅するだろう」とロジャーズは予測する。
無秩序の代わりに、グローバルな金融システムを再起動し、貧困を終わらせ、環境破壊を止めるための数十億ドル規模のキャンペーンを開始する方が良いでしょうか?中国、英国、ロシア、バチカン、その他多くの人々がこの計画を支持しています。彼らは単なるメシアニックであり、狂信的なシオニストの狂信者たちは、これを防ぐためにできる限りのことをしています。彼らはまだ世界人口の90%を殺し、残りを奴隷にしたいと考えています。
米軍はジャレッド・クシュナーを逮捕し、監視下に置くべきです。 彼が悪魔の所有の兆候を見せ始めるのはそう長くないことを保証します。 彼らはまた、トランプでの反暴動行為を読むべきです。
最後のメモでは、我々のロシアの情報筋は、なぜメラニア・トランプの祖母の役割で米国の女優ジャネット・リーの写真を送ったのかをチェックしていると言いますが、それはソ連陸軍のオルガ・オリフ中将だと主張しています。

 

 

フルフォードレポート【日本語版】

http://benjaminfulford.jp/さんより転載

◆ 衰退する日本、激変する欧米権力構造と中近東情勢
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪2019/09/16 VOL526≫

現在、世界権力の頂点から追われつつあるハザールマフィアらは、日本の支配を維持するために必死でプロパガンダ・キャンペーンを加速させている。それに伴い、今月初旬には小泉純一郎元総理に関連する手の込んだ情報操作が行われていた。

 

【 衰退する日本 】

まず今月の初め頃、信頼のおける筋から「小泉元総理が米軍の捜査司令部により拘束された」との情報が発信された。そこで、情報源らの間では「グァンタナモ米軍基地で戦犯裁判が始まるのでは」との憶測が一気に広がった。僕も英語の記事でその情報について言及したのだが、同時にそれが「情報操作のためのデマである可能性が高い」とも伝えていた。そして、その後まんまと小泉元総理がとあるイベントに登場し、その姿が各メディアで報じられると、それを受けて「ベンジャミン・フルフォードの情報はデタラメだ」という批判キャンペーンが始まった。

そういったことは今までに何度もあった。たとえば、僕や数年前に殺害されたクリストファー・ストーリーというジャーナリストなどのところに「ヘンリー・キッシンジャーが逮捕された」との情報が何度も送られてきた。そして、それを僕やクリストファー・ストーリーが記事にすると、その途端にキッシンジャーが

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA