フルフォードレポート【英語版】2021年7月5日

フルフォードレポート【英語版】2021年7月5日

先週、中国共産党が100周年を、アメリカが245周年を迎えた

 

WEEKLY GEO-POLITICAL NEWS AND ANALYSIS

 

先週、中国共産党は創立100周年を迎え、その成功を誇示しました。 同じ頃、アメリカの愛国者たちは7月4日の245回目の独立記念日に集まっていました。 今、アメリカは落ちぶれているように見えるかもしれませんが、1970年代後半に中国が行ったように、ハザリアン・マフィアの寄生虫の感染を取り除けば、すぐにアメリカは復活しますのでご安心ください。

 

そこで今週は、米国を解放するためのヒントを得るために、中国が秘密裏に行ったハザリアン・マフィアとの独立戦争についてお話しします。 また、G7諸国の人質となっている国民に押し付けられているハザリアン・マフィアのマインドコントロール・ワクチンに関するロシア連邦保安庁(FSB)のデータ・ダンプも紹介します。

 

まず、中国共産党は、コミンテルンの旗の下で活動するハザリアン・マフィアのエージェントによって設立されたことから始めましょう。 初期の中国共産党員の多くは、フランスのハザリアン・マフィアのロスチャイルド一族によって、その役割のために訓練されました。

 

 

中国共産党は、第二次世界大戦が終わる前に、アジアの秘密結社、特に赤(ホンパン)と青(チンパン))にほぼ全滅させられた。 毛沢東主席の下で中国共産党が勝利した輝かしいゲリラ戦についての偽史を信じてはいけません。 中国共産党が権力を握ったのは、ソ連軍が中国に侵攻し、日本軍から中国を奪ってからです。

 

1950年から1970年代初頭まで、共産主義の中国はソ連の植民地でした。 その傀儡である毛主席は災難で、 数多くの犯罪の中でも、彼は悲惨な大躍進で少なくとも数千万の人々の死を指揮しました。 事態が変わったのは、中国が独自の核兵器を手に入れてからです。 核抑止力を持つと同時に、外国の共産党顧問をすべて追い出し、毛沢東を無力な儀礼的役割に追いやったのです。

 

これらの共産主義者の多くは、ほとんどの西洋政府が彼らを引き取らないため、行き場を失っていた。 その中の何人かは、ブリティッシュ・コロンビア大学のアジア研究学科にたどり着き、私はそこで彼らの下で学んだ。 彼らや、アジアの秘密結社のメンバーなどから、この隠された歴史の多くを学んだのです。

 

いずれにしても、1970年代の中国国内では、毛沢東の文化大革命の反撃も含めて、激しい権力闘争が繰り広げられました。 それは毛沢東が亡くなり、アジアの秘密結社メンバーである周恩来の弟子、鄧小平が1978年に権力を握ることで終わりました。

 

ハザリアン・マフィアは1979年にソ連の巨大な戦車軍団を送り込み、再び支配権を握ろうとした。 これが中国の水爆で破壊され(中国軍情報筋による)、中国はアヘン戦争以来、初めて独立国となった。

 

中国が独立すると、鄧小平は日本に行き、松下幸之助(パナソニックの創業者)などの先生のもとで日本の経済モデルを学びました。

 

中国が日本を真似たのは、日本が中央計画と資本主義のハイブリッドシステムを開発し、数十年にわたって二桁の経済成長を達成していたからである。 1985年には、日本は一人当たりの所得が世界で最も高く、OECD加盟国の中で最も貧富の差が少ない国となった。 このような経済成長にもかかわらず、東京のダウンタウンの川や公園には魚や野生動物があふれていた。

 

ジョージ・ブッシュ・シニアと彼の仲間であるハザリアン・マフィア・ナチスの派閥メンバーは、日本にこのシステムを解体するよう強要しました。 しかし、中国はこのシステムを使い続け、そのために今では欧米を追い越してしまったのです。

 

ここで、中国の習近平国家主席が先週行った勝利のスピーチから少し引用してみましょう。そこでは、中国が手柄を立てたと主張しているが、実際には戦前のドイツと戦後の日本が開発したシステムについて述べられています。

 

「中国の人々は、古い世界を解体するだけでなく、新しい世界を構築する能力があることを世界に示した…。

 

これにより中国は、高度に中央集権化された計画経済から活力に満ちた社会主義市場経済へと転換し、ほとんど孤立していた国から全面的に外部に開かれた国へと変貌を遂げた…健全で民主的、かつ法に基づく統治を行うために…。

 

我々は、全過程の人民民主主義を発展させ、社会的公正と正義を守り、発展における不均衡と不備、および人民にとって大きな関心事である最も差し迫った困難と問題を解決する…。

 

中国は、事実から真実を求めるという基本的な…原則を堅持している。また、他の文化の成果からできる限りの教訓を学びたいと考えており、有益な提案や建設的な批判を歓迎するものである。 中華人民共和国は、その遺伝子の中に攻撃的、覇権的な特徴を持っていません。

 

私たちは、新しいタイプの国際関係と未来を共有する人類共同体の構築に努め、世界で起きている100年に一度の変化という広い文脈の中で、平和、発展、公正、正義、民主、自由という人類共通の価値観を促進していきます」 http://www.xinhuanet.com/english/special/2021-07/01/c_1310038244.htm

 

現在、欧米の軍事・情報機関の間では、中国の属国にならないためには、さらに優れたシステムにつながる改革を実行するしかないというコンセンサスがあります。 自動車、飛行機、コンピュータ、インターネットなどを発明したのは欧米であることを忘れてはならない。 ハザリアン・マフィアから解放されれば、中国を置き去りにすることができるだろう。

 

しかし、その前に、この信じられないほど邪悪で、強力で、巧妙なギャングたちとの戦いに勝たなければならない。 ロシア連邦保安局(FSB)、モサド、CIA、MI6のホワイトハットメンバーは、これらのギャングが何をしようとしているのか、誰がリーダーなのかについて、多くの証拠を提供してくれています。

 

まずは、MI6から送られてきた、偽のパンデミックと本物のワクチンキャンペーンの次の計画を説明した文書から始めましょう。 ロンドンのインペリアル・カレッジ・オブ・メディシンのニール・ファーガソン https://www.imperial.ac.uk/people/neil.ferguson

によるこの秘密文書は、「ニック・クレッグ(フェイスブック)、ジャック・ドーシー(ツイッター)、スーザン・ウォジッキ(ユーチューブ)、サンダー・ピチャイ(グーグル/アルファベット)」などに送られ、次のように呼びかけています。

 

永続的な医療戒厳令、すべてのパンデミックの真実の完全な検閲、街頭での軍隊の展開、「Covid-19」の新しい亜種の絶え間ないリリース、そしてすべての人にワクチン接種を強制する方法を議論すること、などです。 是非、広く拡散してください。

9556d7b6-e243-495e-8b0f-53095aa428ec.pdf (constantcontact.com)

 

MI6はこの文書をリークした理由をこう説明している。

 

「彼ら(ハザリアン・マフィア)は、軍産複合体のコントロールを失ったことに気づくと、ポートン・ダウンの生物兵器に目をつけた。 この混沌とした状況はすべて隠蔽であり、我々がイカとそのインクと呼んでいるものだ。 私たちはダイアナの件で刺されたので、もう殺人事件とは関わりたくないのです。 最近、様々な内部告発者が我々のところに来ている」。

 

ロシア連邦保安庁によると、KM社の計画は

 

「人々を2つのグループに分け、従順な者と『反抗的』なタイプに分ける…。

 

従順なタイプは、AIや機械のプログラムに完全にコントロールされるようになるワクチンを受け入れる。 彼らは落ち着いていて、賢くて、幸せだと感じるでしょう。 飼い主は彼らにお金や家、旅行などをプレゼントするでしょう」。

 

これが突飛に聞こえるなら、2017年4月に発表されたロックフェラー大学(私の兄が博士号を取得した大学)のこの記事を見てください:

 

「Jeffery Friedman教授らは、マウスの脳内の神経細胞を無線で変化させるという高度な技術を用いて、マウスの食欲と糖代謝を無線で遠隔操作することに成功した。 これは、マウスの脳内の神経細胞を無線で変化させるという高度な技術である。スイッチを押すだけで、マウスを空腹にしたり、食欲を抑えたりすることができ、その間、マウスは通常の生活を送ることができる。

 

生物学者は、生きている動物の神経細胞に電波や磁場の影響を与えるように細工することで、生きている動物の神経細胞を自由に、素早く、繰り返し、移植せずにオン・オフすることができる。

 

この装置には、クラゲから借りた緑色蛍光タンパク質、ラクダ由来の特殊な抗体、ふにゃふにゃした袋状の鉄粒子、膜を突き破るタンパク質から作られた細胞内のドアに相当するものが使われており、これらはすべて遺伝子操作されたウイルスによって送り出され、取り付けられている。 この装置のリモコンは、溶接用の工具を改造したものです(ただし、市販の磁石でも大丈夫です)」

https://seek.rockefeller.edu/flipping-a-switch-inside-the-head/

 

スペインの内部告発者は、次のように証言しています。

 

「すべてのワクチンは同じナノテクノロジーを使って製造されている。 スペインでは『秘密のナノ粒子』と表現されていました。 このナノ粒子は人間の体温と同じ温度になると磁気を帯びる。 零度以下の環境に置いておくと、磁気を帯びない状態になるのです。 [なぜワクチンを凍らせるのか] https://www.nature.com/articles/s41598-020-78262-w

 

グラフェンの分子は、異なる無線周波数(5Gもその一つかもしれません)を使って、脳内のニューロンとリモートモードで相互作用することができ、脳をマッピングし、リモートで指示を送受信することができます。」

 

https://www.henrymakow.com/2021/06/covid-vaccine-delivers-nanoparticles.html

 

ルクセンブルクで行われた研究からの証拠をご紹介します:

 

「ワクチンを接種していないグループでは、30人のインタビューのうち、磁石に惹かれた人は0人でした。 そのため、このグループでは実験を終了しました。 一方、ワクチンを接種したグループでは、インタビューした30人のうち29人が磁石に引きつけられた。 つまり、磁石は彼らの皮膚に難なく付着したのです」 https://www.efvv.eu/images/content/2021/0617/study-on-electromagnetism-of-vaccinated-persons-in-luxembourg_6edfa.pdf

 

KMは、権力を失う前に、このマインドコントロール・ワクチンを全員に注射しようと必死です。 だからこそ、ロスチャイルドの奴隷であるフランスのエマニュエル・マクロン大統領は、ワクチンを義務化しようとしているのです。

https://summit.news/2021/07/02/french-government-considers-making-covid-vaccine-mandatory-for-everyone-aged-24-59/

 

マクロンと彼の仲間のヨーロッパの指導者たちが、KMへの忠誠を公に示している短いビデオがあります。

 

(動画埋め込み。マクロンらが会合写真を撮る際に、両手の指で三角形を模して撮影される様子が映る。25秒ほどの動画:訳注)

 

多くの国で同様の動きがあり、私たち全員にこれらのワクチンの摂取を強制しています。 間違ってはいけないのは、このワクチン接種キャンペーンは最高レベルの戦争犯罪であり、この犯罪者たちを止めるには死が唯一の罰であるということです。

 

もちろん、世界の軍隊がようやく目を覚ました今、このキャンペーンは失敗に終わるでしょう。 英国、イスラエル、ニュージーランドなどでは、厚生大臣などが辞任しています。 また、WHOのテドロス・ゲブレヨサス事務局長の下で、「不正行為、ハラスメント、職務上の基準への不遵守、性的不祥事」を記録した独立監査人による報告書が発表されています。

https://apnews.com/press-release/business-wire/united-nations-health-coronavirus-pandemic-f6faff241380411c934403d4c4d11ec4

 

ペンタゴンの特殊部隊の関係者は、このように語っています。

 

「安心してください、このワクチン犯罪のリーダーたちは全員追い詰められて殺されます」。

 

CIAの情報源によると、ワシントンDCからグリーンランドのトゥーレ空軍基地まで、大量の飛行機が飛んでいることを公的な記録から確認することができるそうです。 「これらは特別に装備された貨物機で、ホワイトハウスで行われているギトモや軍事法廷の囚人を満載している」と言う。

 

この情報源は、ジョン・マカフィーが「ジェフ・エプスタインとよく似た取引をした」ことも確認しています。 「彼は、IRS、CIA、DOJの悪人たちに対して宣誓供述をした。 彼はすべてを語りました。 ホワイトハットとスペイン政府は、エプスタインのように彼を証人保護プログラムに入れるために、自殺を偽装しました。 彼らは、本物の自殺に見せかけるために、偽の遺書を彼のポケットに入れたのです」。

 

もちろん、KMは静かに夜を明かすつもりはありません。 我々は複数の情報源から、彼らが今後数ヶ月の間に停電、インターネットの停止、食糧不足などを計画していることを確認している。 以下のリンクの記事にあるように、これはすでに始まっています。

 

https://news.trust.org/item/20210703144707-t9mti

 

https://finance.yahoo.com/news/massive-ransomware-attack-hit-more-142607052.html

 

https://www.godlikeproductions.com/forum1/message4834761/pg1?c1=1&c2=1&disclaimer=Continue

 

https://www.zerohedge.com/geopolitical/powerful-explosion-rocks-azerbaijans-umid-gas-field-caspian-sea

 

https://www.zerohedge.com/geopolitical/5-bizarre-new-plagues-have-made-headlines-us-within-last-30-days

 

また、ローレンス・ロックフェラーが主導した偽のUFO侵略プロジェクトが今も進行中であることにも注目したい。

 

 

彼らのプロパガンダキャンペーンは功を奏しているようです。「イギリスの成人2000人を対象とした最近の調査では、10人中6人が地球がエイリアンの侵略の標的になるのは時間の問題だと考えていることがわかりました」

https://www.studyfinds.org/ufo-alien-invasion-inevitable/

 

最後に今週は、ドナルド・ラムズフェルド元米国防長官の死を記します。 ラムズフェルド氏の邪悪な経歴(国防総省の数兆ドルの消失など)については、他でも広く書かれているので、ここでは彼との個人的な付き合いについてのみお話します。

 

基本的にラムズフェルドは、北朝鮮に旧ソ連製のミサイル技術と核兵器を提供したことを認めています。 その目的は、日本と韓国に高価なパトリオットミサイルを売るための口実を作ることでした。 私たちは、最近の北朝鮮政府の再編は、彼の死と密接に関係していると考えています。

 

なぜなら、中国の秘密情報部と日本の軍事情報部は、北朝鮮をラムズフェルドやグーグルのエリック・シュミットのような人物が運営する米国の秘密植民地だと考えていると語っているからである。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA