フルフォードレポート【英語版】2021年8月2日

フルフォードレポート【英語版】2021年8月2日

北朝鮮を知ってみる

WEEKLY GEO-POLITICAL NEWS AND ANALYSIS

2021年8月2日 ベンジャミン・フルフォード

 

 

読者の皆様にお知らせです。 私がカナダの荒野で年に一度の休暇を取ることができるように、次のいくつかのレポートはあらかじめ書かれています。 このレポートでは、私がハザリアン・マフィアとの戦いに関わるようになった経緯を中心にお伝えします。 読者の皆さんには、今起きていることをよりよく理解していただけることと思います。もちろん、何か大きな出来事があったときには、緊急レポートを発行します。

 

 

 

私に対する暗殺未遂や多くの同僚の殺害は、2001年9月11日以降、米国で起きたナチスのクーデターの一環である。 総統のジョージ・ブッシュ・シニアが率いるこのナチスの一派は、ハザリアン・マフィアのサブグループだった。 彼らは、西欧社会を導く物語をコントロールするために、その一環としてジャーナリストを殺害していたのです。 しかし、私は北朝鮮の王女がその証拠を見せてくれるまで、そのことに気づかなかった。

 

その経緯は次の通りです。 私はForbesで深刻な検閲を受けていた。 先週のレポートで詳述した銀行員殺害事件の記事を掲載した後、フォーブス・ファミリーに命令を下す人々の目に留まるようになったのが始まりです。

 

例えば、ロックフェラーの会社であるシティバンクが、暴力団の資金洗浄をしているという理由で日本から追い出されたという記事は、日本の大蔵省がオフレコで話しているというソースがあったにもかかわらず、殺されてしまった。 最後には、アンチウィルスソフトの会社がウィルスを作っていることを知ったときだった。 フォーブスは、私が「信頼できない」と言って記事を消したが、実際には、フォーブスの内部告発者によると、スティーブ・フォーブスがアンチウィルス会社から50万ドルをもらっていたために記事が消されたのである。

 

いずれにしても、ビジネス・ポルノを書くことには飽き飽きしていたので、次のキャリアは本の執筆に移ることにした。 ハリウッド映画化も視野に入れていた。 この本には、日本を実際に動かしていた腐敗した秘密政府の一員である政治家やヤクザが、政治家やジャーナリスト、実業家などを組織的に殺害したことが書かれていた。

 

本の企画書を送った翌日、中丸薫さんから電話があった。彼女は天皇陛下の第一従兄弟であるお姫様だという。 中丸薫さんは、天皇陛下の一従姉にあたるお姫様だそうで、「この本を出すのはよくない」と言ってきた。 彼女は私のメールを読んでいる人たちとつながっているはずなので、会ってみることにした。 なぜ企画書の内容を知っているのかと聞くと、「女神が教えてくれた」と言っていました。 (その女神とは、日本のセキュリティ警察の神である天照大神である。)

 

中丸に会ったとき、彼女は「あなたは日本の腐敗についてすべて理解しているが、その本当の原因が西洋にあることを何も知らない」と言った。 そして、9.11の真実のビデオを渡してくれました。 その時、私は「ああ、これはニューヨーク・タイムズで読んだ9.11に関する反ユダヤ的な映画の一つだな」と思いました。 私は見るつもりはなかったのですが、彼女は見るまでずっと私を困らせました。 それが私にとって本当のレッドピルでした。 9.11が内部犯行であることは、事実関係を確認するまでもありませんでした。 ペンタゴンに命中したミサイルが2階の窓を割らず、飛行機の破片も残さなかったことから、BBCのレポーターが第7ビルを背景にして、実際に崩壊する20分前に自由落下速度ですでに崩壊していたと言ったことまで、証拠は否定できなかった。

 

問題は、このようなキャンペーンを実行するためには、どれほど大規模なグループが必要なのかを理解することでした。 その意味するところは、まさに気が遠くなるようなものだった。 歴史的な事件を見て初めて、このような偽旗が戦争を始めるための口実としてよく使われていることに気がついた。

 

例えば、1914年に「無実の旅客船」ルシタニア号が沈没した事件は、ドイツ人を悪者にしてアメリカ人を第一次世界大戦にイギリスに参加させる口実として利用された。 歴史家は、船が生贄としてドイツのUボートの近くに送られる前に、新聞の広告で乗客に警告していたことを指摘している。

 

2001年、アメリカを支配していた人々は、9.11を口実にして中東への侵攻を繰り返していた。

 

まだ世間知らずの私は、人々が真実を知れば革命が起こると考えていました。 9.11が内部犯行であることを示す証拠を、日本の主要雑誌に一面トップで掲載した後、私は日本外国特派員協会で記者会見を開き、海外のメディアに証拠を発表しました。

 

オーストラリアの地方紙など一部の例外を除いて、どのメディアも証拠を報じなかったことで、欧米のメディアから報道の自由が失われていることを実感した。

 

FCCJでも欧米の新聞社でも、誰も私と議論したり、私が間違っていることを示す証拠を提示したりしませんでした。 それどころか、私の知らないさまざまな人たちが、突然、私に対する組織的な人格攻撃キャンペーンを始めた。 私が薬を飲んでいるとか、UFOを信じているとか、頭がおかしくなったとかいうのが一般的な話だった。 私はブラックリストに載せられ、英語の新聞社は誰も私と一緒に仕事をしてくれなくなった。 多くの編集者が、上司から私の記事を載せないように命じられたと言っていました。

 

幸いなことに、私は日本語の本を出版していたので、それが売れて収入を得ることができました。 また、太田龍という日本人作家を紹介してもらった。 彼は、戦前・戦中の欧米の権力構造を研究していた日本人グループから声をかけられたことを説明してくれました。 太田は、彼らから提供された資料をもとに自分の本を出版したのです。

 

太田の話は当時としては衝撃的なものだった。 それは、西洋にはロスチャイルド家やロックフェラー家のような一族が運営する秘密政府が存在するという話だった。 今となっては当たり前のことかもしれないが、当時(2005〜6年頃)、ロスチャイルド家についてインターネットで検索してみると、ウェブ全体でロスチャイルド家に関する文章はたった1つしかなかった。 それは、イスラエルのチャットルームで、ある参加者が「ロスチャイルド家がイスラエルの形成に関与している」という噂を口にしたものでした。

 

ロックフェラーといえば、フォーブスの富豪ランキングで300位くらいで、もう過去の人のように思われていました。 その真相を知るためには、1918年版の『フォーブス』を読み返す必要があった。 初代ジョン・ロックフェラーは、全財産(現在の貨幣価値で約3,000億円)を財団に寄付したことで、一夜にして突然貧しくなってしまったのだという。 基金に入れてしまえば、相続税もかからず、情報もあまり開示しなくて済む。

 

その結果、ロックフェラー家が管理する200以上の財団が、フォーチュン500社のほとんどを管理することになったのです。

 

私は、日本の政治家などが殺害されたのは、ロックフェラー社による日本株式会社の敵対的買収の一環であることに気付き始めた。 そのキーマンとなったのが、2002年から2005年まで財務・経済大臣を務めた竹中平蔵氏だ。 竹中は、2002年から2005年まで財務・経済大臣を務め、銀行と企業が互いの株式を保有する株式持合制度を解体した。 銀行が保有する日本の上場企業の株式を、バンガードやブラックロック、ステート・ストリート・アンド・バンキングなどの外資系ファンドに売却させたのだ。 ロックフェラーなどに日本の上場企業をすべて渡したことを問いただすと、彼は椅子に座ったまま、目に見える形で言い逃れをした。

 

しかし、インタビューの翌日、日本開発銀行の関係者から電話があり、「竹中平蔵氏が会わせたい人がいる」と言われた。 そこで、東京の繁華街にあるホテルの一室に行き、そこで忍者と名乗る白峰という人物に会った。

 

彼の許可を得て録音した会話では、「人類の9割を殺す計画に協力するなら、日本の大蔵大臣をやってもいい」と言われました。 彼は「環境保護」のために必要だと言った。 戦争では十分に人を殺せないので、病気や飢餓を利用して皆殺しにする計画だという。 白峰は、この申し出を断れば、私は殺されるとも言った。

 

白峰は、私に会ってこの提案をした時、彼の名誉のために言っておくが、彼は私にテープを渡して、どこか個人的な場所で聞くように言った。 このテープでは、問題は「シオンの長老たち」だと言っていた。 また、竹中の別の使者からは、日本が “地震装置 “で脅かされているので、日本中の企業の経営権を渡したという話も聞いた。

 

翌日、別の人から「会いたい」と電話があった。 翌日、また別の人から「会いたい」という電話があり、都心のホテルの一室で会った。 今度は、アジアの秘密結社「赤と緑」の人だった。 その人によると、800万人の会員がいて、そのうち20万人の暗殺者が協力してくれるという。 このグループは、ボヘミアン・グローブで行われた会議を密かに録音していたので、人類の90%を殺す計画についても知っていました。

 

このグループのメンバーは、黄金の三角地帯からヘロインを供給するなど、欧米の秘密結社と長い間協力関係にありました。 しかし、アジア人を殺すために作られた生物兵器SARSで彼らを殺そうとしたことで、ついに彼らは戦争状態に陥ってしまったのです。

 

わずか1週間の間に、このような事態に遭遇した私のショックと混乱は想像に難くない。 これまでの人生を、公的な記録に残るオープンな世界で生きてきた私にとって、これは控えめに言っても驚くべきことだった。 いずれにしても、人類の9割を殺そうという計画には賛成できないので、アジアの秘密結社に協力することにした。

最初は、平和を愛するジャーナリストとして、アジアの秘密結社がチャイナタウンの映画館で9.11の真実の映画を上映することができるのではないか、といったアイデアを考えていた。 しかし、最終的には「キル・ビル」と呼ばれる瞬間を迎えました。 映画『キル・ビル』の中で、ユマ・サーマン演じる女性暗殺者が、片目の相手と死闘を繰り広げるシーンがある。 サーマンが相手の目をくりぬくと、突然、戦いが終わってしまうのです。

 

私が気づいたのは、(私のような)ほとんどの西洋人は、秘密のリーダーが何をしているのか知らず、知ったら愕然とするだろうということだった。 西洋の秘密政府の欠点は、高度に中央集権化されていることだった。 そこで私は、アジアの秘密結社に “目を抜く “ことをアドバイスした。 ビルダーバーグ、外交問題評議会、三極委員会のメンバー全員のリストを渡しました。 彼らをターゲットにすれば、計画されている大量虐殺を止めることができると言ったのだ。

 

その後、地震装置の脅威が直接私に伝えられたとき、私は「地震装置で暗殺を止めることはできない」と答えた。

 

もう一つ、アジア秘密結社に提案したのは、「アメリカ国債を買うのは、アヘンを買うよりも悪い」ということだった。「少なくともアヘンは快楽を与えてくれるが、今は殺すために金を払っているのだから」と、中国の政治局のトップアドバイザーに言ったことがある。

 

いずれにしても、アジアの秘密結社は動員された。 欧米のエリートを殺すと脅し、アメリカの国債も買わなくなった。 こうして、人類の9割を抹殺しようとする試みは頓挫したのである。 これがリーマンショック、2008年の金融危機、そしてオバマ政権誕生の本当の背景である。

 

しかし、秘密の戦争はまだ始まったばかりだった。 これらの出来事を受けて、多くの新しいプレーヤーが影から登場したのです。

 

来週は、ロックフェラーとの出会いについてお話しします。 また、「黒い太陽」、「イルミナティ(2種類)」、「秘密宇宙計画ナチス」、「ロシア連邦保安庁」、「元MI6長官マイケル・ヴァン・デ・メール博士」などのグループとの出会いについてもお話しします。

 

どうぞ、ご期待ください…。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA