フルフォードレポート【日本語版】2020.11.16

フルフォードレポート【日本語版】

米国防長官の辞任を機に始まった軍と当局のパージ劇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪2020/11/16 VOL583≫
ソース:http://benjaminfulford.jp/

 

現在、アメリカは瀕死の状態に陥っている。それに伴い、米軍は中近東やヨーロッパ、アフリカから撤退。これにより世界中の多くの地域がアメリカ不在による権力空白期に入った。

 

【 ロシアの動き 】

そして今、その空白を埋めるべくロシアが大きく動き出しているもようだ。
ロシア防諜機関FSB筋によると、ロシアはアメリカが撤退した地域に参入するために新たな民間警備会社を設立。政治色を排し、ロシアの先端軍事技術を使って大手の資源会社(主に石油やガスなどのエネルギー企業)や船舶社会などの警備に当たるのだという。この新警備会社はアメリカ人を含む世界各国の特殊部隊の出身者らを雇い入れ、各地から撤退しているアメリカ軍の代わりに国際的な多国籍企業の用心棒を請け負うつもりだ。既に彼らはアフリカ、中近東、ヨーロッパ、アジア…など世界各地に展開を広げている。ようするにロシアは、「世界の警察をやめる」と宣言したアメリカにとって代わろうとしているのだ。

ちなみに同筋の話では、現在ロシア当局の中で「ウラジミール・プーチン大統領の

This post is only viewable for paid members please register your account to view full text.
If you registerd,please login.
【日本最後の巫女】Today’s News 2020.11.11.Web 【Benjamin Fulford】 https://youtu.be/ik36Q-2PcNM @YouTubeより

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA