フルフォードレポート【英語版】2020.2.14

フルフォードレポート【英語版】
今週、米国株式会社は崩壊する可能性がある

すべてがうまくいけば、アメリカ合衆国の会社として知られている悪魔的な寄生的実体は破産して今週崩壊するでしょう。それが起こった場合、ドミノ効果により、他のG7諸国のリーダーを装った恐喝、賄賂、洗脳された愚か者が排除されます。米国株式会社は、1月31日に対外支払期限を逃した。彼らは今週までにお金を用意しなければ、事業を継続するために必要な借入金から切り離されることを言い渡された。

私たちは、ほとんどのアジアの債権者に、これ以上資金を提供せず、この世界の悪の主な源泉を死なせてくださいとお願いしています。ホワイトハットは、民主主義、報道の自由、有能な経済・社会・環境管理を回復するために、崩壊後に移動することを約束している。

もちろん、ハザールのマフィアとその政治的奴隷は、ウクライナで第三次世界大戦を開始することによって、これをヒステリックに防ごうとしています。それは、落第するとわかっている試験を避けるために学校を爆破しようとする小学生のようなものだ。

さて、まず、米国企業政府が押し付けている兆候を見てみましょう。最大のシグナルは、インサイダーが出口を急いでいる金融市場から来ています。 

下のグラフは、少なくとも10年間で圧倒的に最大の株式市場の売却を示しています。 

同じことが米国財務省市場でも起こっており、1973年以来、そしておそらくこれまでで最も価格が暴落しました。 

 

長年マーケットを見てきた人なら、通常、株が上がると債券が下がり、逆に両方が下がるとブラックスワン現象が起こることを知っている。

「中国は彼らが約束した私たちから年間2000億ドルを購入しなかった」という偽のバイデン政権による泣き言は弱々しい言い訳です。中国の回答は、米国経済が空洞化しており、武器(中国への販売を拒否している)とトウモロコシ(羊の原料)以外に販売するものがないため、購入するものは何もありませんでした。 

たとえ米国企業が破産の可能性を蹴るために再び汚いトリックを引っ張ったとしても、人々は彼らの堕落した無能な支配者に対して公然と反抗している。 

例えば、妥協した最高司令官たちに対するカナダ軍の反乱は、ますます大きくなっていることを我々は知っている。

https://en-volve.com/2022/02/08/trudeaus-personal-security-resigns-i-refuse-to-obey-his-tyrannical-orders-against-the-people/

https://www.redvoicemedia.com/video/2022/02/canadian-police-officer-has-an-urgent-message-for-fellow-officers-its-time/

https://www.globalresearch.ca/video-whistleblower-canadian-army-major-stephen-chledowski-breaks-ranks-spills-truth/5770195?utm_campaign=magnet&utm_source=article_page&utm_medium=related_articles

私たちはモサドの情報源からトルドーに関する状況についてこの言葉を送られました、そして誰がこれを言ったかはわかりませんが、それは伝える価値があります。

辞任したり、留まろうとしたりすることは、トルドーの選択ではありません。これは、世界経済フォーラム(WEF)の決定です。これは、全世界に影響を与える重要な決定です。これはカナダだけの戦いではなく、世界の戦いです。これは腐敗の最初のドミノであり、もしこれが倒れれば、WEFの計画全体が失敗に終わるだろう。彼らを権力の座に置いたままにしておくことは、国民にとって単に短い休息に過ぎない。

 

率直に言って、WEFはトルドーに退陣してもらうわけにはいかない。彼が倒れると、バイデンが倒れ、オーストラリアが倒れ、ニュージーランドが倒れ、ヨーロッパ全体が倒れます。その後、世界の残りの部分が参加します。

オタワを死に場所にして屈しないなんて、まともな世界はどうかしている。これは思いがけない機会です。おそらく二度と来ない機会です。

トラッカーは本当に人民軍です。グローバリストの専制政治軍と対峙するために、このような強力で若い軍をすばやく集めることができる場所は他にありますか?それは他の誰もが参加して指示を得られる軍隊なのです。グローバリストの専制政治軍の半分は、彼らがオタワで成功したように見える場合、彼らを捨ててトラッカーに加わります。

トラック運転手はこれに勝つことができますが、それは皆からのサポートが必要になります。こんなチャンス永遠におとずれない。時間は私たちの味方ではありません。

WEFは、この世界的な動きによって彼らが破壊されることを恐れずに、あるいは戦いなしで行くつもりはありません。それでも、WEFのメンバーは、ムッソリーニがミラノ広場にぶら下がっているような状態になることを非常に恐れ、それを回避するために戦います。

人々はオタワの全体的な重要性を大いに過小評価し、トルドーに打ち勝つことの難しさを過小評価していると思います。彼とWEFは単に負けるわけにはいかない。また、世界の人々がオタワで負けるわけにはいかないのではないかと心配しています。彼らがオタワを失うならば、それはおそらく人々の最後の戦いになるでしょう。

私は、これが非暴力的な対立についてのみであることに同意しません。数千人のトラック運転手による非暴力的な抗議が長引いたため、WEFが崩壊することはないと思います。彼らはこの専制政治計画に100年間取り組んできました。人民軍よりも明らかに力が弱い場合にのみ、折れると思います。それが非暴力的であろうと暴力的対立であろうと、どちらの方法でも成功するには、トラッカーの後ろに立っている大きな力が必要であり、彼らの後ろには明らかな予備力があります。これは、人民軍が強力な予備力で大きくなりすぎる前に、WEFが今行動しなければならないことを意味します。私は、WEFによる行動が、この蜂起をすぐに鎮圧することを予測しています。これはトルドーに関するものではなく、世界中で実施されているWEF計画です。誰もがトラッカーを強力にサポートし、攻撃された場合は戦闘に参加する準備ができている必要があります。

これらのカナダの愛国者がしなければならないことは、最高の真鍮を要求することであり、カナダ政府は、Covid(彼らが有毒なワクチン接種を強制するために使用している言い訳)が存在するという証拠を提供します。以前、カナダ保健省、WHO、CDCに、Covid(Certiticate Of Vaccination ID)ウイルスの標本を1つでも提供するように依頼しましたが、提供できませんでした。代わりに、ファイザーの最高経営責任者であるアルバート・イスラエル・アブラハム・ボーラが、自分たちのワクチンは偽のウイルスに基づいていると述べています。「我々は、『本物』のウイルスではなく、ラボで作成したウイルスを研究しました。」 

ビデオプレーヤー

ワクチンの本当の理由は、パンデミックとの戦いではなく、獣の社会的統制のしるしです。証拠として、P3フリーメーソンは、ワクチン接種を受けていることを証明しない限り、お金へのアクセスできないプロトタイプのATMマシンのこの写真を送ってくれました。 

したがって、西側の軍隊は覚えておく必要があります。嘘に基づいて人々に治療を強制することは、ニュルンベルク法の下での戦争犯罪です。それは死によって罰せられます。  

すでに製薬会社のCEOはにげまわっています。たとえば、このニュース項目は次のとおりです。  

ファイザーが安全監査によって株式市場の評価が数十億ドルも払拭される可能性があることを認めてから数日後、モデルナ社のCEOであるステファンバンセルは数億ドルの株式が捨てられ、Twitterアカウントを削除しました。

https://www.planet-today.com/2022/02/moderna-ceo-just-dumped-400-million-in.html?m=1

CIA筋は彼が逮捕されたと言います。他のCEOも逮捕されたか、逃走中だと情報筋は言う。 

(後半)

また、この1週間で世界中の多くの著名人が逮捕された。例えば、チャールズ皇太子 ” は妻を殺害した容疑で逮捕された。チャールズがダイアナを殺害したことは、ヨーロッパをはじめ世界中に知れ渡っている。チャールズは気味悪い奴だ…彼の妻は彼女の仲間によれば、よくあるいじめっ子だ」とMI6の本当のトップは言っているのである。会社のニュースでは、”チャールズはコビドに陽性反応を示し、隔離された “と言っている。

また、トルコのレジェップ・エルドアン大統領はまだ行方不明であり、彼はトルコに戻らないと聞いています。このニュース記事はそれを反映しています:

トルコの6つの野党の指導者は、トルコはその歴史の中で「最も深刻な政治的および経済的危機」にあり、大統領制を非難していると述べた。彼らは、彼らの共通の目標は、トルコの政府形態を「強化された議会制」に変えることであると述べた。

https://apnews.com/article/business-recep-tayyip-erdogan-europe-turkey-middle-east-5960b2414b07b7bae6a10e6981d6a970

WDS筋によると、トルコの大統領は、ウクライナでロシアとの戦争を開始しようとしたため、ホワイトハット同盟に拘束された。戦争ドラムを打ち負かしている他の指導者もまた排除されるだろう、と情報筋は約束している。

彼らの側では、ロシアのFSB筋は、ウクライナでは戦争は起こらないと言っています。

ロシア人はただ黙って何もしないことを望んでいる。バイデンと彼のハンドラーは、「戦争が来ている、戦争が来ている」と言いますが、何も起こらず、単に何も起こりません。確実に戦争はありません。あなたはウクライナとロシアが同一の人々であることを理解しなければなりません。私たちは夫婦のようなもので、同じ家族、同じ教育、同じ制度、同じ軍事プログラム、同じ精神のようなものです。ウクライナの大統領は、米国から武器やその他のものを喜んで入手しますが、彼は何もしません。それは、上級FSB筋が状況を説明する方法です。

FSBは、戦争が起こらなければ、「広く嘲笑された」バイデン政権は崩壊すると信じています。

もちろん、ハザールのマフィアを過小評価してはなりません。一つには、それはまだ多くの世界のリーダーを替え玉に置き換えることができます。たとえば、偽のバイデン政権は、偽のマイクポンペオを企業メディアに送り込むことで、CIAを依然として支配しているという幻想を維持しようとしています。下の偽のポンペオの首にあるマスクを見て、アライアンスと協力している本物のポンペオの写真と比較してください。

ジャスティン・トルドー、エマニュエル・マクロン、および他の多くの国家元首が逮捕されたが、権力の座にいるそっくりさんに取って代わられたということも聞いているが、確認はできていない。

KMから見たもう一つのことは、恐怖ポルノの大爆発であり、誰もがエイズ、心臓発作、スパイクタンパク質などで死ぬだろうと言っています。彼らは何十年もの間同じようなことを言っているので、それは起こりません。まだ死なないでください。

彼らの恐れの本当の理由を理解するために、カナダ、オーストラリア、イスラエルなどでのこれらのデモを見てください。そして、民衆革命が本格化していることがわかります。

オーストラリアの情報筋は、たとえば、「キャンベラの革命は、価値のないたわごとMSMによって放映されることないだろう。」と記している。数十万人が参加するだろう。

KMは、彼らが長い間求めてきた正義から逃れるために、今回は殺人を起こさないだろう。。しかし、このCIAメッセージが明らかにしているように、それは彼らが試みないという意味ではありません。

オーストラリアの首都ACTキャンベラの腐敗した警察は、信号妨害装置を使用して、抗議のライブ画像の送信を妨害しています。これらは、ハバナ効果を生み出す周波数兵器としても使用できます。長時間放置すると、人々を重症化させ、永続的な脳損傷を引き起こします。それは非常に現実的であり、鎮圧する必要があります。

キャンベラ警察へのメッセージ:オーストラリアの人々に対してこれらの武器を使用すると、オーストラリアの特殊部隊の狙撃兵に撃墜されます。他の場所でも同じことが言えます。警察と軍隊は彼らの人々を攻撃してはなりません、さもなければ彼らはすぐに責任を問われるでしょう。

私たちは、米軍が偽のバイデン政権を支持しておらず、それのために戦争に行くことはないことを知っています。他の軍隊は注意を払うか、悲惨な結果に直面しなければなりません。

最終的な結果について言えば、日本人はKMを攻撃し始めました。皇帝に近い日本の右翼筋は、先週、ロスチャイルド家のフランス支部に対して大きな秘密の動きがあったと言っています。本質的に、彼らは日本とアジアの多くから追い出されている、と情報筋は言った。これが先週、フランス銀行のマネー印刷工場で火災が発生した理由です。先週、大日本帝国警察の高官が逮捕されたのもその理由でした。日本は80年ぶりに独立国になりつつあります。

https://www.independent.co.uk/news/world/europe/fire-bank-france-money-printing-factory-b2011307.html

https://www.yomiuri.co.jp/national/20220209-OYT1T50367/

今週のレポートを締めくくるために、プロジェクトブルービームと宇宙戦争の最新の動向を見ていきます。この分野での最大の進展は、49台のイーロンマスクのスターリンク衛星の打ち上げでした。

https://www.the-sun.com/tech/4646489/elon-musk-starlink-satellites-geomagnetic-storm-spacex/

それらは地球ベースのDEWビームによって撃墜されました、そしてそれはCIAがKMカバールに属すると言います。「彼らは、ムスクがグローバルコミュニケーションの制御を奪うことを望んでいません。ムスクは現在、アライアンスの保護下にあります。彼は注意深く見守られています(彼は柵に乗るのが好きなので)。DEWの攻撃は米国ではなくヨーロッパから来ました」とCIAは言います。彼らは、攻撃がバチカンまたはジュネーブ湖の近くから来たことを示唆しました。

プロジェクト・ブルービームからこれらの最新の画像も送信されました。世界は確かに未知の領域に入っています。

終わり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA