コズミック・ディスクロージャー 10-8

コズミックディスクロージャーシーズン10エピソード8
地下文明の確認 前半

Spiritual-lightのブログさんより転載

原文はこちら
https://www.spherebeingalliance.com/blog/transcript-cosmic-disclosure-confirming-underground-civilizations.html

デイヴィッド・ウィルコック
よろしいでしょうか。”コズミックディスクロージャー“に再びようこそ。ホスト役のデイヴィッド・ウィルコックです。そしてこちらがエメリー・スミスです。このエピソードでは地下文明についてお話したいと思います。
エメリー、このショーに再びようこそ。

エメリー・スミス
ありがとう、デイヴィッド。ここにまた来られてうれしいよ。

デイヴィッド
過去にあなたは私に、とても興味深いテクノロジーについて話してくれました。私たちの通常の科学者たちが可能だと考えているよりも地球表面のずっと地下深くを見ることのできるテクノロジーでした。最初にそのことについてもう少しお話していただけますか?

エメリー
ああ、いいとも。僕は最初に衛星を使うんだよ。もちろん、海の中を見るのさ。

  • もちろん、宇宙飛行士が衛星軌道上にいる間だがね。海洋中を探査して彼らが把握している難破船なんかを探すのさ。もちろん、中に金が入っているやつをね。
    トレジャーハンターのやつらも政府関係者とつるんで時間節約のためにこういうお宝を探査できる驚きの衛星を使い始めたんだ。デイヴィッド
    この衛星は一般人がアクセスできるものですか?エメリー
    だめだね。デイヴィッド
    これは機密事項なのですか?エメリー
    機密事項さ。独自の衛星を所有している組織が二、三ある。秘密の作戦ではこういう衛星を他の国の壁に虫がたかってないかどうか調べるために使うのさ。信じられないかも知れないがね。
    実際、彼らは衛星から壁の中を調査できるのさ。その中にいる虫を観察してそれが何の虫か分かるのさ。
    だから、地面の中だって覗けるほど技術は進歩してるのさ。大したことじゃない。デイヴィッド
    うーむ。エメリー
    彼らは進歩した特別なレーダーを持っている。そいつは地中を透過する低周波後方散乱波を放射できるんだ。そいつはCTスキャンの透過画像より四百倍も精度がいい透過画像を作成できるのさ。
    だから、実際に君がその画像を見たら、君はその画像に写っている対象物の素材が何なのか分かるのさ。便利なんだよ。
    サウジアラビアの話をするとだな。というのはそこには王族がいるんだが、もし、王族が通る車道に爆弾を背負ったやつが走っているのなら、彼らはそいつの上にドローンを飛ばしてそいつにそのレーダーを照射してそいつが背中にどれくらいの爆弾を背負っているのか調べられるのさ。爆薬の調合さえ分かるのさ。

    デイヴィッド
    ワオ!

    エメリー
    このタイプの機器は軍と国防総省が使っている。

    誰がこいつを所有しているかは言えないんだ。所有者は機密事項なんでね。

    デイヴィッド
    一つ質問があるのですが、私たちは元素の周期表を習っていますよね。120やそこらの元素があったと思うのですが。

    エメリー
    そうだな。

    デイヴィッド
    この周期表に載ってないような元素はありますか?あるとすればその元素はどんな性質のものですか?

    エメリー
    もし、まだ発見されていない未知の元素があったとすれば、戻ってきたレーダー波が未知のパターンを示すからそれが地球上では未知のものだとわかるのさ。

    デイヴィッド
    分かりました。それで、周期表に載っていないものは・・・

    エメリー
    分かっているやつは全部載ってるよ。

    デイヴィッド
    本当ですか?

    エメリー
    ライフ周波数マシン(注1)みたいに、彼らはこの自分たちの機器を使って同じことができるのさ。
    (注1:アメリカ人科学者ロイヤル・レイモンド・ライフ博士によって開発された周波数治療機器。あらゆる種類の病原菌を特定周波数の照射によって不活性化させるという画期的なものだったが、抗生物質ペニシリンの普及によって暴利を得ようと目論んだカバール医療業界の弾圧を受けて心身ともに疲弊(ひへい)した博士は表舞台から姿を消した。ライフ周波数治療に関するリンクは以下にある。)
    訳者補足リンク:https://rifemachine.jimdo.com/

    デイヴィッド
    すごい!

    エメリー
    だから彼らはあらゆるタイプの元素を計測してきて、それがどこにあってどんな周波数の波が返ってくろのかを調べていたのさ。
    そういうわけで彼らは立体画像を作成するだけではなく、その物質が実際何なのかも分かるのさ。
    この機器がどうすごいのかというと、僕たちがテストしたんだが、数百から数千ガロン(訳注:1ガロンは3.785リットルに相当)の石油を積める巨大タンカーの船底に少量のウランを入れた密閉容器を中に入れた55ガロンの石油が入ったドラム缶を沈めて、このレーダーを搭載したドローンをタンカーの入港前に十マイル(訳注:およそ16.09キロメートル)上空に飛ばして計測してみると、ウラニウムが船のどこにあってそれが何かが正確に分かったのさ。

    デイヴィッド
    ワオ!

    エメリー
    詳しいことが分かる。驚くべき、有用な技術で保護をしておかなきゃならないものだ。多くの人にこのことを知って欲しい。大統領はこのことを知ってはいるが、どういう種類の技術かまでは知らないだろうね。

    デイヴィッド
    ええ。

    エメリー
    僕は、この技術はテロと戦う上で大統領の役に立つと思っている。なぜなら、この方法はあらゆるものを透過探査できて何かが起こる前にあらゆることを察知できるからね。

    デイヴィッド
    ワオ!

    エメリー
    それで僕らがチームに雇われた時、探査のために出かけて行ったんだ。アメリカ合衆国の中の秘密の場所にさ。そこの金が埋蔵されている可能性があると分かっていた領域を遠隔探査したんだよ。僕らは出かけて行って科学者たちに会ったのさ。驚くべきチームのね。彼らは特別なお宝を探していた。僕は後からそのチームに入ったんだけど、彼らは特別なお宝を探していたのさ。
    彼らは同僚を雇った。採鉱の専門家をね。僕はと言うと、そこに出かけて行って、僕らが可能性があると思った山に当たりをつけたのさ。
    それで・・・

    デイヴィッド
    ちょっと言わせてもらえますか?エメリー。この番組の視聴者は知らなくてあなたと私だけが知っていることがあります。それで、私はあなたのチームについてお話したいのです。

    エメリー
    分かったよ。

    デイヴィッド
    それで、このことは私が今聞いたばかりのことではないですよね?

    エメリー
    ああ、そうだ。

    デイヴィッド
    それで、しばらくの間、私たちが深く関わっていたことです。

    エメリー
    ああ、君は関わっていた。まさしくそうだ。
    それで何が起こったかと言うと、僕らはそこに出かけて行って、旗を立てたわけだ。それで彼らがそこに特別なレーダーを照射して、99.9%間違いなしという結果だったんだ。それで、・・・

    デイヴィッド
    何がですか?

    エメリー
    金を発見したのさ。

    デイヴィッド
    そこには大量の金があったのですね?

    エメリー
    大量の金さ。こういったお宝ハンターが政府と一緒に働いているんだよ。多分そうさ。そうじゃないかも知れないけどね。

    デイヴィッド
    分かりました。

    エメリー
    推測だけどね。

    デイヴィッド
    でも、興味を引かれる話です。

    エメリー
    この話の本当にすごいところはだな、一人の科学者が僕を呼んだんだ。この特別なレーダーシステムの開発者なんだがね。本当にすごい人さ。それで僕らのチームのいる所に入ってきて。僕らを座らせて、チームの中のほんの数人だけなんだが座らせて、この金の埋蔵地点の更に深いところに巨大な空間があると教えてくれたんだよ。
    それで僕らは、「じゃあ、ここにその巨大な空間があるということですか?それで巨大なピラミッドというのは何ですか?」と尋ねたのさ。
    それで彼はこう言ったのさ。「どうしてそのことが分かったんだい?君は僕のファイルを調べたのかい?」
    僕はこう言ったのさ。「いいえ。僕らはそれを遠隔探査している時に見ました。」
    さらにこう言った。「なぜあなたは報告書にそのことを書かないのですか?」
    彼は「どうしてかと言うと、レーダー波の反応が未知の物質の存在を示していたからだよ。私は金が確実にあることを確認するためにここに来ただけだからね。」と言ったんだ。

    デイヴィッド
    おお、何ていうことだ。

    エメリー
    それで僕は「これはこの惑星上で最も驚くべきパイオニア的な発見です。」と言ったんだ。
    それで彼は「そうさ。僕のデバイスを使えば、地殻を透過して地球の中のものを何だって見ることができる。僕が何をもう見たのか考えてみなよ。そしてこの情報で僕が何をしようとしているかもね。」と言ったのさ。
    これら彼らがメキシコで国境超えのトンネルを発見した時に使ったテクノロジーと同じなんだ。
    やつらはこのテクノロジーを使ったんだよ。
    それで、メキシコのカルテルはこの開発者のことを既に知っていたし、メキシコ政府も彼のチームには潜入していたから彼とは接触したのさ。
    彼はアメリカさえ救ったんだ。彼が自分の開発した技術で、真っ先に助けてくれてアメリカを救ってくれたことに感謝することだ。彼はそのことでほとんど殺されたも同然だがね。
    それでこれだけじゃなくて僕らはほかの意興味深いものも発見したんだ。
    そこにはギザの大ピラミッドの十倍の大きさのピラミッドがあったんだ。

    デイヴィッド
    ワオ!

    エメリー
    そいつは本当に大きな地下空間だった。北アメリカ大陸ではね。そうさ。本当に大きな、大きな空間でその周りには広い帯水層がある。

    デイヴィッド
    なるほど。

    エメリー
    そこの大気はというと、彼は大気圧も測ることができるんだ。その機器でね。いろんなことがその機器でできるんだ。
    そこには文明があった。保証するよ。独自の大気を保有していた。自ら発光していた。そこには独自の生活があった。上水道も完備していた。地球の地下深くにそれがあったんだ。

    デイヴィッド
    私たちが前にこのことについて話した時にあなたは私にお話してくれましたよね?そこにはいくつかの出入り口がない立方体の部屋があったと。

    エメリー
    あれは不思議だったな。低周波の後方散乱レーダーでは確かにそれは立方体だと捉えていた。中空の巨大な立方体の部屋と小さな立方体の部屋があった。完璧に切り出されていた。
    僕らはそのレーダーを使ってミリメートル単位でその部屋の大きさやどれだけ完璧に切り出されているかが分かるんだ。
    この岩盤、地下千フィート(訳注:およそ305メートル)から三千五百フィート(訳注:およそ1,067メートル)までのところにある岩盤のことなんだけど、一体どうしてこんなところにこんな立方体の空間があるというんだい?
    これらの立方体の中にはイスラム国か何かがいるんだろう。だが、僕らはその中を見たり分析したりするテクノロジーは持ってはいない。だから、レーダー波はそういう情報が未知のまま戻ってくるのさ。
    僕らが発見した元素の一つは”白い金”さ。巨大な”白い金”の鉱床を発見したんだ。

    デイヴィッド
    ワオ!

    エメリー
    ”白い金”さ。現代の他の金属と混ぜ合わせた金という意味ではないんだ。ネックレスに使われているホワイトゴールドとは違う。古代文明での”白い金”のことを言っているんだ。粉末のやつさ。知ってるだろう?マナ(注2)のことさ。
    (注2:訳者の長女が子供の時分にはまっていたテイルズシリーズ(テイルズオブヴェスペリア、テイルズオブシンフォニアなど)というテレビゲームで魔法力の源泉となる物質にマナという名がつけられていたと記憶している。旧約聖書ではイスラエルの民がエジプトを出て荒野を放浪していた時に神が天から降らせた綿状の食物がマナと呼ばれていた。これは降下してしばらくすると溶けてなくなってしまうが、訳者の子供の時分にはUFOからエンゼルヘアーなる綿状の物質が放出されて地面に降下し、しばらくすると消えてしまうという現象が頻繁に報告されていた。他にはメラネシア(パプアニューギニア、フィジー、ニューカレドニアなど)の原住民が物質に宿る超常的な力をマナと呼んでいる例が知られている。)

    デイヴィッド
    分かりました。以前、スマートスーツについて私たちが話をしていた時、あなたは”白い金”の燃料がスマートスーツでの反重力を作り出すとおっしゃっていましたね。

    エメリー
    その通り。

    デイヴィッド
    それは同じタイプのものなのですか?

    エメリー
    ああ。それで興味深いことに政府が・・・

    デイヴィッド
    これには大変興味を引かれます。

    エメリー
    政府は確証を得たのでただちに動いてこの土地全てを購入したんだ。

    デイヴィッド
    なるほど。

    エメリー
    分かるだろう?

    デイヴィッド
    あなたは以前私に、明らかに埋め戻された階段室の立体画像を見せてくれましたよね?

    エメリー
    ああ。

    デイヴィッド
    そのことについてお話してくださいますか?

エメリー
ああ、いいよ。僕らは地下に、これらの巨大な地下空間に大きな階段室を発見したんだ。数千マイル(訳注:1マイルはおよそ1.6キロメートル)にわたった数百エーカー(訳注:1エーカーはおよそ4047平方メートル)もの広がりの中にね。それでそれは洞窟なんかじゃないんだ。
洞窟ではあるが自然の洞窟とは違う。明らかに人工的に造られた洞窟さ。階段があるのさ。数千フィート(訳注;1フィートはおよそ30センチメートル)も下っていく完璧な階段があるんだ。

デイヴィッド
分かりました。

エメリー
それで、宇宙船の輪郭も捉えたし、大きな石棺も発見した。

デイヴィッド
あなたはそれが巨人族のものだとお考えですか?

エメリー
ああ。彼らは30から33フィート(訳注:およそ9から10メートル)くらいの背の高さなのさ。

デイヴィッド
ええっ!

エメリー
そうさ。

デイヴィッド
それは確かに古いものなのですか?

エメリー
ああ。だが僕らはレーダーで本当にすごいものを発見したんだ。帯水層の中に大きな、大きな岩を見つけたんだが、それは周りのどことも繋がっていなかったのさ。それは数マイルの大きさなんだが、帯水層の中に浮かぶ巨大な玉石なんて想像できるかい?

デイヴィッド
玉石なのですか?巨大な玉石なのですか?

続きを読む

前半  https://ameblo.jp/spiritual-light/entry-12373784568.html

後半  https://ameblo.jp/spiritual-light/entry-12373784742.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA