アルマゲドン-クロニクル パート4–大量子遷移 2021.4.25

アルマゲドン-クロニクル パート4–大量子遷移

開示ニュース| 2021年4月25日に更新|レヴ
ADAMANTINEさんより転載
armageddon-chronicle-part-4-lev-cover
ソース:www.disclosurenews.it(自動翻訳)

土壇場で、メデューサ-ゴルゴン-グループの特殊作戦はキャンセルされました。しかし、いずれにせよ、反プレローマにあった和解できないブラックアルコンとダークエンティティは、彼らの隠れ家とともに破壊されました。

pleroma-2
プレローマ

パート3で述べたように、大天使ミカエルLFs地上チームからの5分間の準備コマンドは、2021年4月21日午後6時CET頃に受信されました。

光の戦士たちは、デモリッショニスト(解体者)のグループとともに、内部モナディック爆発を同期的に実行することになっていました。それらは、そのフィールドで寄生性の抗プレローマをしっかりと保持していたアブサリュート(絶対)のプレローマのコアを弱体化させるでしょう。ビッグバンの結果、両方が破壊されます。

大天使ミカエルから受け取った命令には、珍しいメモがありました:それは心を通してのみ、そしてその承認がある場合にのみ行ってください!

光の戦士たちはそこに明確な指示を見たり感じたりしませんでしたが、彼らは、はい、(この作戦に)支払うべき莫大な代償があることを知っていました。

アブソリュートはその側面である光のプレローマから避難していないときに、この経験(自分も一緒に破裂すること)をしたいと思っていること。そうすれば、光のプレローマは自己回復します。

光の戦士のリーダーは彼のチームメンバーに命令を発表しました。しかし、彼らの関係で初めて、彼らはお互いに相談することさえせずに、それを実行することをきっぱりと拒否しました。プレローマは私たちの家です、どうすればそれを破壊できますか?

何もすることはありませんでした。彼らは予定された作戦の正確な時間を知っていました。それは2分後には開始しなければなりませんでした。グループのリーダーは混乱しました。

結局、彼はそれが始まる前に彼が最終決定を1秒で行うことを決定しました。彼は彼の心の決定が彼のハイヤーセルフの決定と一致するべきであると感じました。

光の戦士は人ごみから離れました。彼は何をすべきか考えました。最終決定は決して来ませんでした。

その間、カウントダウンが始まりました:10、9、8、7…

final-countdown
ファイナル・カウントダウン

その瞬間ゼロで、光の戦士はすでに狂気の決定を必死に行っていました:アブサリュート(絶対)のプレローマの破壊に参加しない。

代わりに、彼は反プレローマを彼のモナドに引き込み始め、その後、内部モナド爆発を引き起こしました。

次に何が起こったのか、彼はほとんど覚えていませんでした。すぐに彼はめまいがし、心臓が振動し、血圧が急上昇しました。現実が泳いだようでした。これは、通常、モナディック内部の爆発で発生することです。

しばらくして、彼は気づき、他の光の戦士に加わりました。彼は、彼らが何をしているのか、あるいは彼らが何かをしているのかどうか疑問に思いました。

そして、絶対に誰もが彼らのリーダーのように同じことをすることに決めたことが判明したとき、それは当然な驚きでした。

彼らは受け取った命令に反して同じ決定をしていました。しかし、それをハートで!これを理解して、彼らは作戦違反の責任を負う準備ができていると宣言しましたが、彼らは彼らのハートに従って行動するように命じられたので、そうしたのでした。

すぐにすべてが明らかになりました。絶対のプレローマを弱体化させる人は誰もいませんでした。戦術上の理由から、光の戦士たちとデモリッショニスト(解体者)は誤った情報を与えられていました。この作戦は必要なかったのでした。

共同作成者は、アブソリュートのプレローマコアからの光の振動によって抗プレローマを燃やす計画を立てました。パート3で述べたように、その明るさと振動は人為的に減少しました。適切なタイミングで、「バーナー」は、その中にいたすべての人と一緒に、完全に全滅した反プレローマに開かれました。

absolute-pleroma-core-vibes
絶対プレローマのコアバイブ

この瞬間の劇的な性質は、この瞬間が、プレローマのコアの予定された弱体化と、絶対合成のレベルへのハリケーンのような加速の両方のための1回限りのイベントであったことでもありました。

デモリッショニストのいずれかが命令に従った場合、そのような統合に到達する可能性はほとんどありませんでした。

しかし、最後の瞬間、彼ら全員は、それが彼らのハートから、魂から来たので、プレローマを爆発させないという決定をしました。そして彼らのハートの決定はハイヤーセルフの決定と一致していました。 光の戦士たちのリーダーにとって、それは爆発の1秒前に起こりました。

それで、ずっとウォッチャーであったアブソリュートは、みんなに素晴らしいテストをしたのでした。彼らが感じた感情と強さは表現できませんでした。

さて、DFの反乱のリーダーであるルシファーはどうでしたか?

彼は常に反プレローマにいました。その絶滅の瞬間に、彼は彼の振動を絶対のレベルまで急激に上げていたので、この「絶対炉」は彼に害を与えませんでした。

光は光を傷つけることはできません。

light-forces-ops-in-mexico-lucifer
ルシファー

すべてが入った抗プレローマは、高炉で綿毛のように噴火して燃えました。

ルシファーの危険で無私の使命は、作戦全体の成功に大きく貢献しました。彼がLF側で働いていることが明らかになったとき、ブラックアルコンとその大群はショックを受けました。しかし、彼らが彼にできることは何もありませんでした。

光の戦士たちに関しては、彼らは内部モナディック爆発によっていくつかの反プレローマを封じ込めて全滅させることを許されました。抗プレローマ全体ではなく、成熟した構造として展開する時間がなかったその自己回復マトリックスを。

したがって、ラストハルマゲドンはLFにとって完全な勝利でした。彼らはシナリオを完璧に演じました。真の模倣と裏切り、敗北と絶望がありました…DFはそれを信じて夢中になりました…誰もがそれらの部分に完全に参加しました。

緊急事態は、状況に応じて行動するために、即興を余儀なくされたイベントにドラマを追加するだけでした。

さて、それは絶対的な確信を持って言うことができます:今後、闇はもはや自立した力として存在しません。光が勝ちました。

light-has-won
光が勝った

もちろん、それはまだ最終的な勝利ではありません。ローカル宇宙には散発的なポケットが残っています。 3D地球にはDFが残っており、彼らは今苦しんでいます。

それは長くはかからないでしょう。彼らの終わりは近いです。状況は「トップで」根本的に逆転しました、そしてそれはまもなく地球上で続くでしょう。そして、誰かが致命的なブーメランに襲われるでしょう。

行われたすべてのコストを支払う必要があるでしょう。偉大で避けられないレコニング(聖なる復讐)の時間はもうすぐです。

(おわり)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA