フルフォードレポート 2018.11.12

 

フルフォードレポートレポート【英語版】

嗚呼、悲しいではないかさんより転載

東西秘密結社が惑星を救うことを認めたので、アジアの女神と結婚するイエス

歴史上はじめて、東西の秘密結社が惑星の利益のために協力することに合意したと、秘密結社の情報筋は言う。

ある西側の秘密結社の情報筋によると、「イエス・キリストは観音菩薩の仏教の慈悲の女神と結婚しようとしている」

https://en.wikipedia.org/wiki/Guanyin

その結果、この惑星の生き物、人類やその他の助けになる、無際限な資金提供が可能になると、彼らは言う。しかし、我々は歴史的に未知の世界に入っているので、実際の活動が始まるまでに数か月間掛かるだろうと、その情報源は言う。

現在、世界の最高権力レベルにおいて、いくつかの競合する計画が提示されている。バチカンとP2フリーメーソンは選ばれた個人を通じて、現存する国家に資金を地提供したいと言うと、P2フリーメーソンとバチカンは言う。中国人は既に一帯一路計画を通じて、仕事を始めている。国防総省のホワイトハットと軍産複合体は彼らのネサラとゲサラ世界通貨リセットのアイデアを宣伝している。

理論的にはこれらのプロジェクトが同時に進むためには十分な資金が必要です。しかし、我々が超インフレや資産の暴騰を避けるためには、資金の放出は現実世界のプロジェクトとしっかり関係を持たなければならないという合意がある。

白龍会はまた、両東西の秘密結社から最初の承認を得ている提案書を提出していると、白龍会筋は言う。白龍会の提案は以下の通り:少なくとも二つの競合する将来計画機関の創設。各々は7つの地区(中国、中国以外の東アジア、王ロシアを含む欧州、イスラム世界、インド、アフリカとアメリカ)から選ばれた7人の統治委員会を持つ。全ての決定は多数決によって行われ、拒否権はそれぞれの地区に限定される。

西側機関の提案されている本部地は、北米の正確な地理的中心地カナダのウイニペグ、アルゼンチンのブエノスアイレス、アジアでは、日本の奈良、ラオス、シンガポールが提案されている。交渉は進行中であり、最終的決定を見ていない。

しかし、法的書類が適正に準備されると、金塊担保の資金2000憶ドルを超える資金が利用可能となると、BIS筋は言う。

これは全て良いニュースですが、残るハザール悪魔主義者を抑制する戦いは、米国、EU、イスラエル、そして日本で続いている。

米国では、国防総省情報筋によると、民主党は中間選挙詐欺の犯行に誘い込まれて罠に落ちました。そして外国諜報活動偵察法の機密解除が下院のランクを下げることになるだろう。

言い換えると、アリゾナ州フロリダを初めその他の地区の選挙泥棒は注意深く監視されており、選挙泥棒の証拠はより多くのハザールマフィアの犯罪者を逮捕するために収集されていたと、CIA情報筋は言う

中間選挙は米上院を反トランプ共和党員から解放し、トランプ政権に真の支配を与えた。

このことは、今や長年待ち望まれた逮捕を遂行するために判事や検察官を任命できるようになったことを意味している。

参謀長マット・ホイッティカーにバトンを渡した司法長官ジェフ・。セッションズは封印されていない告訴と多くの逮捕者によって痛みの段階に入ると、その情報筋は確認した。

さらに、民主党幹部が下院で逮捕されると、特別選挙が行われ、共和党支配に戻る下院をもたらすことができると、彼らは続ける。

先週米国で起きた他の事件は、最高裁判事ラス・ベイダー・ギンスバーグはオフィスで倒れ、肋骨を三本折った。

彼らは1月に最高裁判事を辞任することが予想されていると、CIA情報筋は言う。

このことは、軍をバックに持ちトランプ政権は最高裁で9-3の多数を持つことになると、国防総省情報筋は言う。

https://www.zerohedge.com/news/2018-11-09/commerce-secretary-wilbur-ross-may-be-his-way-out

さらに、マレーシア政府系投資ファンドからのお金の略奪に関与したゴールドマン。・サックス経営陣の逮捕につながった調査は、元CEOロイド・ブランクファインに近いものであると思われる。

https://www.businessinsider.sg/ex-goldman-sachs-chief-lloyd-blankfein-reportedly-met-with-the-fugitive-financier-involved-in-a-6-5bn-malaysian-wealth-fund- scandal/

カルフォルニアのハザール人が森林火災を起こし、連邦資金を手に入れ、選挙民から衆目を逸らすために、さらに大量襲撃事件を演出した多くの証拠があると、国防総省の情報筋は言う。

しかし、神風は素晴らしいかぜで、マリブでハリウッドのエリート、有名人と自由主義者の家を焼いたと、その情報筋は言っている。

火事がロサンゼルス近郊のHBO放送シリーズのウェストワールドのセットを破壊したのは興味深い。そのシリーズの第二作が失敗であったので、私が保険会社の社員であれば、その火事を慎重に調査するであろう。

http://fortune.com/2018/11/09/hbos-westworld-set-burns-down-in-california-fire/

ハザールマフィアは最近、欧州で暑がっている。特にドイツ首相アンゲラ・メルケルは12月に党代表を辞任することを発表したが、党の辞任だけではなく、彼女は首相も辞めるであろうと、CIA情報筋は言う

このことは、フランスのロスチャイルド奴隷エマニュエル・マクロン大統領が欧州最後のハザールリーダーとなることを意味している。

先週マクロンは欧州ラジオ局で、「中国、ロシアと米国から自身を守らなくてはならない」と述べた。

https://news.sky.com/story/donald-trump-hits-out-at-emmanuel-macrons-very-insulting-call-for-eu-army-11549731

トランプが非常に不快に思ったこの電話は、中国、ロシアと米国がハザールマフィアとその欧州独裁を攻撃していることをおそらく認めたのであろう。

ハザール人はまだ、目下の排除から逃れるために第三次世界大戦を始めようとしている。

元CIA職員のロバート・デイビット・デニールはこう述べた。

「深層国家は北大西洋条約機構と二人の最高の召使であるNATO事務総長のノルウェーのジェンス・ストルテンベルグと同盟最高司令官である米国のカーティス・スカバラロッティは、私の展望ではグラディオとNATOの偽旗作戦の後最初のロシアに対する攻撃可能にする方法として演習した。これはカスス・ベリのような特別なロシア攻撃を模擬したものである」

一方イスラエルでは、警察がドイツからの潜水艦の購入に関する汚職事件で、イスラエルの同僚の一部を告発するよう勧告したので、ベンジャミン・ネタニヤフの悪魔掃討運動が一歩前進した。

これらの潜水艦は核ミサイルを発射し、北朝鮮やイランのような他国の所為にして第三次世界大戦を始める企みに使われたので、主に米国によって撃沈されたと、CIAは言う。

https://www.newyorker.com/news/as-told-to/what-it-felt-like-in-hawaii-when-warning-of-an-in-bound-missile-arrived

ドイツ製のイスラエル潜水艦はまた、日本に対する2011年3月11日の核津波攻撃テロリストに関与したと、日本軍部情報局は言う。

あなたは、ネタニヤフ派のメンバーがネタニヤフを暴露し、辞職させる司法取引をすることに賭けた方が良い。

また、ハザール支配は解体し続けている。満州王室家族の情報筋によると、韓国はもはや独立国家としては存在しないだろう。王室の出身者は、「北朝鮮とおそらく満州に参加するだろう」と王室家族の情報筋は言う。米軍は新統一国家から撤退するだろうと、彼は述べた。

一方日本では、侍支配を回復すべく新党が結成された、その発表は第一次世界大戦終結100周年を迎えた2018年11月11日に行われた。

日本は第一次世界大戦の勝者の一人であったが、ベルサイユ条約によってほとんど冷遇された。そして、国際連盟が人種的宗教的差別を禁止するという彼らの提案は冷遇され、さらに退けられた。

今回は西洋と東洋の秘密結社の間の合意により、この歴史的不正が解決されたということである。

軍隊と地下世界は明治憲法が発足した際の基調講演に、ハイレベルの代表者を派遣した。また白龍会の代表者もいました。

これは「明治天皇の存在かで、古代帝国憲法と皇室法の草案が議論された」ことから、日本人にとって歴史的に重要な場所である。

http://www.meijikinenkan.gr.jp/english/

来年、日本の新天皇の任命は、その国の秘密の植民地支配が終わり、新しい時代の始まりを記念すると、日本の右翼情報筋は言う。その一環として日本銀行は国有化されると、彼らは言う。

10月にトランプが連邦準備制度理事会は最大の脅威であると言ったことを思い出してください。このことから、米国と日本の右翼勢力が私有中央銀行を支配を準備していることが推測される

 

【日本語版】

◆ 米中間選挙の結果と司法長官セッションズ更迭の意味
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪2018/11/12 VOL486≫

第一次世界大戦終結から100周年を迎えた今年11月11日、世界権力の最高峰で「新たな国際的枠組み」の方向性が決まったと複数の東西結社筋が伝えている。
その方向性とは、欧米側の結社筋の言葉を借りれば「キリストと観音様の結婚」なのだそうだ。まだ詳しいことを発表できる段階ではないが、地球改善のため、無制限に資金が拠出される道筋もおおよそ見えてきたという。

もちろん、「無制限」とはいえインフレを引き起こさないようにするためには、その資金をきちんと具体的な事業と結びつけていく必要がある。それに伴い、既に決定している事業は「砂漠の緑化」、「北極・南極の緑化」、「海の環境改善」、「人類の宇宙進出」…等々。その他、アラスカとユーラシアを繋ぐトンネル建設など、中国主導の「一帯一路」構想に並ぶ欧米の大規模プロジェクトも予定されていると情報源らは伝えている。

それらを実現するためには膨大な法的手続きや事務的準備が必要となるため正式な発表の日取りは未定だが、資金拠出の準備がととのえば来年の春頃までには何らかの発表があるだろう。そして、その準備のためにも世界旧体制の闇の部分の大掃除がこれからエスカレートしていくとペンタゴン筋は話している。

【 アメリカ中間選挙 】

まず、先週11月6日に行われた米中間選挙において、トランプ陣営が司法に対して多大な権限を持つ上院で過半数を制したことが、パージの本格化を意味

This post is only viewable for paid members please registeryour account to view full text.
If you registerd,please login.

2 件のコメント

  • 宇宙開発、いいですね!これまでずっとひた隠しにしていたことが白日のもとにさらされる~

    ところで、あのアンコール・ワットは、宇宙人と人間とのハーフが宇宙人の本星に行って、建築学を学び、地球に戻ってきて造ったとも言われますが、行ってきた宇宙人の星にも、高層ビルがあり、それを真似てカンボジアに造ったのではないのか?
    やはり、秘密結社の人間は火星とかの秘密基地に逃げるのでは~

    あのブラックナイト衛星が所有する歴史ファイルには、CFRとかね情報もあり、うしかい座イプシロン星にある本星に、正しい地球の人類の歴史を伝えているのではないのか?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です