フルフォードレポート 2019.1.7

フルフォードレポート(1/7)【英語版】

嗚呼、悲しいではないかさんより転載

軍事法廷が始まると処刑される次の徒党元上院院内総務ハリー・レイド

悪役であり裏切者のバディ・ランチ、元上院院内総務であるハリー・レイドはジョン・マケインとジョージ・ブッシュ・シニアに加わり、反逆罪で処刑されると、国防総省情報筋は言う。マケインのように、レイドは公式には癌で死んだことになるが、有罪を宣告された人間がそうであるように、最後の言葉の権利を許されると、その情報筋は言う。レイドは米大統領ドナルド・トランプへの口汚い中傷を選択した。

レイドのような高齢者には「自然死」が許されるが、他の者たちには致命的な注射によって処刑されることになるだろうと、国防総省情報筋は言う。情報筋はまた、軍事裁判はすでに始まっており、軍事裁判は迅速であることを確認している。
その一方で、現在三週目に入っている米国政府の閉鎖は、戒厳令宣言につながる可能性が高いと、その情報筋は述べている。予想されるシナリオは、無給の刑務所警備員と空港の警備員が仕事から逃げ出した後の軍事介入が見られるであろうが、フードスタンプ受領者は飢餓の暴動を起こすであろう。ところで、米軍は来年まで完全に資金を供給されているので、無給の兵士による反乱の心配をする必要がない。

https://www.wtrf.com/news/funding-for-food-stamps-program-running-out-as-shutdown-lingers-on/1688602045

ローマ教皇庁は彼らの創造物である-信託、財団、株式会社、S法人、有限会社等を支配することになっている。ローマ教皇庁は彼らの信用として、参加して犯罪行為に関係するかなり多くの地方会社を整理した。これには、第七章「不随意破産」の対象となっているアメリカ合衆国法人が含まれる。彼らは現在、施設を空にする過程にあり、90日間で閉鎖してDCを去らなければならないとは、アンナ・フォン・レイツ裁判官が状況について報告していることであった。

http://www.paulstramer.net/2019/01/the-kingdom-of-dead.html

多くの人にとって夢が現実となるように、我々はまた、内国歳入庁を廃止し、連邦準備制度理事会を米国務省に組み入れる動きを見ていると、その情報筋は述べている。とりわけ、このことは所得税が廃止され、重要でない品目の売り上げ税に置き換えられることを意味していると、彼らは言う。このことに関するいくつかの独立した確認は、ここで見ることができる。


https://prepareforchange.net/2019/01/06/h-r-24-and-h-r-25-bills-submitted-to-us-116th-congress-2019-2020-call-for-a-full-audit-of-the-fed-system-abolishing-the-irs-by-repealing-all-taxes/米軍はまた、重要資源つまり交渉の切り札(コルタン)を奪取するために、アフリカとブラジルに軍隊を送り中国との金融システムの交渉に備えていると、その情報筋は言う。これらの切り札を手に、トランプは1月22日のダボスで中国の副首相であり金融専門家の王岐山と会うつもりである。ここで、世界通貨リセットが決定されるだろうと、その情報筋は言う。多くの詳細はまだ完了していないが、中国、アメリカ、欧州王族は皆、国連、IMFや世界銀行よりはるかに大きな予算で将来計画期間を設立することに同意していると、欧州王室家族とアジア秘密結社の情報筋は言う。

欧州の王族筋は、合意は現在民営である日本銀行とイングランド銀行を含む主要な中央銀行を国営化することに達したと、付け加えた。

米国株式会社の倒産はまた、繁栄資金や農業補償の所有者は彼らが所有する分だけを支払われると言うことを意味すると、欧州王族筋は言う。

注目に値する他のものは、1月20日と21日に起こる「スーパーブラッドウルフムーン(超血狼月)」の直後に、トランプ/王会談が行われると言うことである。以前に述べたように、地球の秘密の統治者は大きな動きの時間設定に惑星の動きを使います。アメリカ原住民が一月の満月を「狼月」と呼ぶのは、腹をすかした狼が人間の居住区に近づくからである。月食や血月やスーパー月がある種の大きな動きが予定されていると言う兆候である事実。


https://www.techtimes.com/articles/236825/20181227/rare-super-blood-wolf-moon-to-coincide-with-total-lunar-eclipse-this-january.htm中国のフリーメーソンは、最終的な和解の前に限定的な戦争が必要かもしれないと、長い間言ってきた。時代遅れで弱い米国航空会社グループが母港に留まっている理由です。この文脈において、最近の台湾をめぐる武力威嚇に注意することは面白い。世界通貨リセット(GCR)を妨害している当局高官の追放が起こる可能性が高い。フランス大統領エマニュエル・マクロン、日本首相安倍晋三、イスラエルのベンジャミン・ネタニヤフが可能性として思い起こされる。マクロンは革命とフランス銀行の国営化を唱える愛国者黄色いベスト抗議者によって包囲されている。安倍は日本の水資源を犯罪企業に売り渡したと攻撃されている。ネタニヤフは多くの犯罪の起訴に面している。

また、米ドル、中国元、英国ポンドとオーストラリアドルの暴落と、翌日の1月2日の突然の金と日本円高騰は、GCRの背後の秘密のプレーヤのヒントを与える。
基本的に、世界の金のほとんどを支配するアジアの王室は翌日に反撃をした石油族に対して行動を起こした。ナスダックがその日、悪魔価格6,666ドルで閉鎖されたのは偶然ではないことは明白である。

いずれにしても、西側は惑星の再起動に向けた準備としてその犯罪人寡頭を廃除続けるであろう。この前線で、表面上「暗闘の寡頭」ハッカーグループ、おそらくNSAではないグループによって、9/11に秘密の大規模暴露を見ている。トランプに「もっともらしい法的否認権」を与えるために、文書が公開されていると国防総省情報筋は言う。

https://www.zerohedge.com/news/2019-01-05/criminals-who-run-deep-state-will-be-exposed-kim-dotcom-teases-next-round-leaks

「ゆでガエルのように、トランプはシオニストが9/11の暴露によって解雇されるまで、シリアでユダヤと融和し、米大使館をエルサレムに移動させることで、長いゲームをしている」とは、ある国防総省情報筋が状況を開設した言葉である。

関連した大きな動きとしては、突然かつ異常な先週のマレーシア国王スルタン・モハメッド5世の辞任である。


https://www.theguardian.com/world/2019/jan/06/sultan-muhammad-v-steps-down-as-malaysias-king

辞任はゴールドマン・サックス、前マレーシア首相ナギーブ・ラザック他の多くが関与した1MDB(1マレーシア・デベロップメント・ブルハド)横領スキャンダルによるものであると、アジアCIA筋は言う。このスキャンダルはマレーシア政府資金を盗んだだけではなく、目マレーシア航空370/17便ハイジャック大量殺人と2014年3月のオランダの58世界リーダーの核脅迫を実行した。

9/11、3/11とマレーシア航空370/17便に加えて、世界の大衆はまた、世界エリートによる人間生贄やその他の恐怖について聞かされ始めるかもしれない。

世界中の第九悪魔カルトの活動は非常に恥ずべく源である。繰り返しますが、私はそれは、箱に保管され必要となった最後に引き出される人間的妥協のネットワークであると言う考えに立っている。全ての悪魔、すべての犠牲者において。これは非常二重だなことなので、高度に熟練した法医学チームによって取り扱われる必要がある。これは人類の歴史において非常に暗い章である。

精神病者である西側の統治者がついに倒され、彼らの罪に罰を受けさせられるならば、人類は確かに黄金時代に入ります。例えば、手つかずの自然を破壊する必要がなく農業の道を切り開き農業生産を40増加するために「光合成は研究されてきた」と発表された。

https://www.npr.org/sections/thesalt/2019/01/03/681941779/scientists-have-hacked-photosynthesis-in-search-of-more-productive-crops

この文脈において、我々はブラジルのJair Bolsonaro大統領に以下の警告を送り届けるよう頼まれもしました。「中国の豚にエサをやるために、大豆農場と入れ替えるために1平方メートルのアマゾンさえ破壊するならば、あなたとあなたの内閣のメンバーは追い詰められ殺される」Bolsonaroが賢明であれば、彼は手つかずの自然を高人口密度と繁栄と共存させる方法を考え出すだろう。

新金融システムが出来上がり、始まれば、米軍は惑星防衛軍として再配備され、彼らの重要な仕事の一つはこの惑星上の生き物の命を保護することになる。もちろん、弱い者いじめや搾取から弱者や貧困者を守るために常にそこにいる。

最後にスタートレックからの引用です。彼らは「誰も先立たなかった所で、大胆に新しい生き物と新しい文明を探すために、見知らぬ新しい惑星を探査すること」を許されるであろう。
⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎

フルフォードレポート【日本語版】

http://benjaminfulford.jp/ さんから転載

「金融戦争勃発」で幕を開けた2019年
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪2019/01/07 VOL493≫

先週、2019年に入ってすぐに金融異変の予兆が見られた。2日、米ナスダックの新年初取引で終値が「悪魔の数字」とされる6665.94(666)であったことも
偶然ではない。
https://finance.yahoo.com/quote/%5EIXIC/history?p=%5EIXIC

 

【 金融異変の予兆 】

まず新年早々、「市場で取引されている米国債の利回りがFRBの実効FF金利を下回る」という100円硬貨を90円で買えてしまうような、通常ならあってはならない現象が2008年以降初めて見られた。

https://www.zerohedge.com/news/2019-01-03/2-3-and-5-year-treasury-yields-all-drop-below-effective-fed-funds-rate
https://www.zerohedge.com/news/2019-01-02/multiple-fx-pairs-suddenly-flash-crashing

さらに為替相場では米ドル、オーストラリアドル、英ポンド、オフショア人民元…等々が急落している。それに対して日本円は急騰、しかし日本国債の利回りは、なんと年率マイナス4%となっている。つまりは、おカネが年率で4%も消える(100円であれば年末には96円になる)というのに日本国債が盛んに買われているのだ。皆が何かしらの理由で日本円を欲しがり、年明け早々に日本国債などを買った結果である。また、金(ゴールド)の価格も高騰している。表のニュース報道では、年末年始の品薄市場の中、個人投資家たちが「アップルが年末商戦を含む第1・四半期(12月29日まで)の売上高見通しを下方修正
した」との報道に反応し、市場が激しく動いたからだと説明している。しかし、

This post is only viewable for paid members please registeryour account to view full text.
If you registerd,please login.

6 件のコメント

  • 今年から来年度までかなり厳しい金融恐慌が訪れるかもしれない。
    日米同時デフォルトもシェアに入れるべきかも、、、、、

  • 「地球憲章九条の成立」を持って地球世界平和の解決としたい!

    基本の型と成る「日本國憲法九条のお手本は残し、新しい地球憲章九条の草案は0から地球世界すべての人々の叡智を集めて発明して進化をさせて行く、つまり基本の型と成る日本國憲法九条は何も足さない、何もひかない。代わりに、地球憲章九条と言う生成発展して進化する地球憲章九条を成立する。」

    それが僕の答えです。

    条件は、この地球憲章九条はAIロボットに於いても法的に適用する事で或る事、それを持って法により人間とAIロボットの共生をはかります。

    そして、社会主義による世界政府ではなく、

    「自由と民主主義の継続に伴った地球連邦政府」で或る事を!

    「すべての地球世界の脱原発で或る事を!」

    そして大規模な企業や会社や投資家、そして銀行は「核兵器への投資を禁止する事を!」

    これらを持って地球世界の核兵器兵器禁止条約をすべての國が締結を成す事を!

  • 非戦の誓いによる平和的解決にもう一つ載せて起きます!

    中華人民共和国は、事実上アメリカとイギリスの金融資本がつくったと言えます。

    本書、「日本の敵 グローバリズムの正体」

    著、渡部昇一氏、馬渕睦夫氏。

    ****考察****

    ペンス演説とは何だったのか?

    イギリス、シティ金融が一帯一路に協力したのは何故か?

    問われているのは「非戦の誓い」を持った日本がどう國際平和調停をして日本の或り方を平和的に魅せる姿勢だと思うよ!

    日本の内在する精神文化にそれは備わっているからね!

    それは「いじめ」ではないからね!

    うばいあえば足りず 分かち合えば余る。

    足るを知る。

    履物を揃えれば 心が整う。

    こう言う事じゃないかな?

    アメリカと中國の國際外交の「ハブ」足る日本外交調停能力って!

    今回、アメリカも中國と争いたいのではなく、米中友好平和条約の礎を築きたいのだからね、

    そのヒントは「非戦によって中國が民主主義を受け入れる事だよ!端的に言えばね。」

    習近平さんの名前だって、

    近く、平和に、習う。

    何かを習うんだよ、

    それなら近く、民主主義と言う平和のつくり方に、習う!

    それで、良いじゃん!!

    ありがとう!

    イギリスも「FRBをパージする事が条件だからね!」

    「非戦の誓いとは米英中露日の融和和解の平和的解決の道だった!!」

    ありがとう!!

  • 最後に、

    でもな、今回地球世界情勢を動かすのに一番踏ん張りが効いたのはこの日本國憲法九条なのにな!

    戦争をしない事。

    國民を食べさせる事。

    (菅原文太さん)

    これが一番大きかった!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です