フルフォードレポート【英語版】2021年5月31日

フルフォードレポート【英語版】2021年5月31日

黄金時代がやってくるさんより転載

世界の軍部と情報機関が西洋の文民政府を取り除く予定

WEEKLY GEO-POLITICAL NEWS AND ANALYSIS

欧州王室の幹部によると、「世界はうまくいっていない」という決定が権力の最高レベルで下されており、全面的な改革が必要だという。 特に、現在進行中の「パンデミックは完全に麻薬を押し売りするためのもの」であり、MI6やCIAなどの情報機関によれば、「世界のすべての文民政府が大量虐殺に関与している疑いがある」ということを意味している。

 

要約すると、世界の軍事・諜報機関は、西洋の民間政府は悪魔崇拝カルトに乗っ取られており、排除する必要があるという結論に達したということです。

 

モサドの情報筋によれば、このプロセスは、イスラエルのベニヤミン・ネタニヤフ首相を排除することから始まっているという。 王室関係者は、「この人物は非常に難しい人物で、彼のような人物を排除するには、管理するしかない」と語っています。 その意味するところは、ネタニヤフ首相は十分な脅迫保険を持っており、権力を放棄する代わりに一定の保証を与える必要があるということです。 いずれにしても、APのようなロスチャイルド家所有のプロパガンダ媒体でさえ、今では彼の解任を報じている。

https://apnews.com/article/middle-east-israel-338004eee311023736078cec262713be

 

現役のハザリアン・マフィアの事実上の最高幹部が解任された後、夏にはほとんどの民政を一掃するキャンペーンが行われるだろう、というのが複数の情報筋の一致した見方である。 アメリカ大陸にいるMI6の別の情報源は、現地での行動を確認してこう言っています。

 

「今、本当に大きなことが起こっている。 陰謀団/カバルの上級メンバーが倒れる。 ゲイツは今、システムから外れています。 彼は姿を消しました。 彼のことは一言も語られていない。 今度はファウチの番だ。 そして、次は誰だと思いますか?マット・ハンコック、ボリス・ジョンソンの順です。 人類は目を覚ましつつある」。

 

これらの粛清は、国連やBISを含む第二次世界大戦後の組織を全面的に刷新するための準備になると情報筋は言います。

 

「世界の諜報機関は、共通の敵を持っているという理由で統合された」とは、MI6のトップ(表向きのトップではなく、実際のトップ)の弁である。 CIAの幹部によると、CIAはスイスで運営されているコンソーシアムであるが、これに同意しているという。 MI6とCIAの情報源によれば、これらの機関は、早急な対策を講じなければ「秋までに何十億人もの人々が死ぬだろう」という結論に達したという。

 

この排除作戦の一環として、MI6はダイアナ・スペンサー王女の殺害を指示した人物の名前を公表することにしました。

 

これは…

 

MI6によると、ロビン・バトラー男爵です。彼はドイツのDVDエージェント(Deutsches Verteidigungs Dients)で、1988年から1998年まで英国の公務員を仕切っていた。

https://en.wikipedia.org/wiki/Robin_Butler,_Baron_Butler_of_Brockwell

 

エリザベス女王は関与しておらず、彼が殺人に関与していると分かった時点ですぐに彼を解任させたとMI6は言っている。 「ダイアナの2人の息子が母親を失ってはいけない 」とエリザベス女王は語っています。

 

さらに、MI6によると、第二次世界大戦以降の内閣官房長官はすべて二重スパイであり、その中にはサイモン・ケース(https://en.wikipedia.org/wiki/Simon_Case)も含まれている。

 

現在の官房長官とその前任者であるマーク・セドウィル https://en.wikipedia.org/wiki/Mark_Sedwill

 

MI6によると、これらの人物は「DVDエージェントであり、英国に対する裏切り者でもある」とのことです。 これらの暴露により、ナンバー10ダウニング街は「盲目的なパニック状態に陥っている」と関係者は語り、彼らのサーバーがダウンしていることを指摘した。

 

要約すると:DVDは、第二次世界大戦以来、大規模な殺戮を繰り返しており、9.11に続くクーデターでアメリカの権力を掌握したことで頂点に達しました。 ジョージ・ブッシュSr.の処刑により、それに終止符が打たれたが、戦いはまだ終わっていない。 バイデン大統領の偽装ショーやパンデミックがメディアでプッシュされている限り、私たちは戦い続けなければなりません。 私たちは、文字通り何千年もの間、人類の大部分を牛耳ってきたカルトを相手にしており、彼らは静かに夜を迎えるつもりはありません。

 

ウサギの穴はとても深い。 基本的には、世界の軍部と諜報機関は、サバテア派フランキストのユダヤ人のカルトが本当に世界の人口のほとんどを殺そうとしていることにようやく気づいたのです。

 

彼らは、現在進行中の「パンデミック」が「9.11やフクシマのように、この大量殺戮狂信者たちによって実行されている」ことに気づいたのです。

 

ヨーロッパのある王室の幹部は、「一体どうやってこの人たちが世界を掌握したのか」と聞かれて、「ロスチャイルド家は特に危険な人たちで、邪悪を通り越している」と答えました。

 

マフィアのような妥協とコントロールのシステムの例として、情報源は、全員が薬漬けにされていたオーストラリアのエリートたちの「美しい子供たちが会衆の前で首をはねられた」という事件を紹介しています。 「彼らの顔はすべて記録されていたので、脅迫用の情報が保管されている」と情報源は語っている。 この種の事件は世界中で起きている。 日本でも、筆者は長年にわたって、妥協した政治家だけが権力の座に就くことができることを指摘してきた。

 

しかも、ハザリアン・マフィアは長期的な計画を立てるので、普通の人間にはとても理解できない。 例えば、「ロックフェラー家は、世界貿易センタービルが建設される前の起工式で、儀式的に血に飢えた乱交を演出した」と王室関係者は語っている。

 

この脅迫と妥協のネットワークが信じられないほどの範囲に及んでいるからこそ、不本意ながらこのカルトに引きずり込まれた人々のために、真実と和解のプロセスが必要なのです。

 

いずれにしても、ロスチャイルド家は手を引くように言われ、BISは解散させられるだろう、と機関筋は約束している。

 

ペンタゴンもこの件には乗り気である。ある高官によれば

 

「ギトモは24時間体制で被拘禁者の処理を行っている。 4つのチームが6時間交代で働いており、JAG(judged advocate generals)チームには3人が所属している。 現在、グリーンランドのトゥーレ米宇宙軍基地近くの多層式地下刑務所に数万人の囚人がいるが、すべてギトモから移送されたものである。 特殊作戦部隊と海兵隊だけが、カバルとその手先の逮捕に使われているのだ」。

 

彼は、以下のリンクの記事の行間を読むことを提案しました: https://www.defenseone.com/policy/2021/05/U.S.-space-force-seeks-2020-civilian-acquisition-staff-2022/174360/

 

ペンタゴン、イギリス連邦、中国、バチカン、黒い太陽、アジアの秘密結社、ロシア、その他多くのグループが、もう十分だと判断したことを確認できます。 1,000人以上の弁護士と10,000人以上の医療専門家からなるチームが、CDC、WHO、ダボスグループを人道に対する罪で法的手続きを開始しました。 彼らは、軍や機関の全面的なバックアップを受けています。

https://breaking-news.ca/the-new-nuremberg-trials-2021-please-share-this-info/

 

ドナルド・トランプ米大統領が関与しており、「トランプのチームは、コロラド州コロラドスプリングス近郊のThe Cheyenne Mountain Complexで活動している。 それは宇宙軍の施設であり、防衛用のバンカーである。 米国宇宙軍が運営しています。 グリーンランドのトゥーレ空軍基地と同じで、これも米国宇宙軍が運営しています」とペンタゴン筋は付け加えました。

 

ペンタゴンとCIAの情報源は、”トゥーレ空軍基地は新しいエリア51だ “とも言っています。 彼らによると、ロシアと中国は、米軍のホワイトハットと競合して、そこに強固な基地を手に入れようとしているそうです。 これは、金やレアアースなどの膨大な地下鉱物資源が発見されているからである。

 

南極で有名なバード提督の親戚によると、トゥーレ基地はアメリカ宇宙軍の活動の中心地だという。 「我々はオフ・ワールドのテクノロジーにアクセスし、オフ・ワールドの家族と常に連絡を取り合い、人類の進歩と自由のために協力している」と語っている。

 

最近、テンプル騎士団や黒い太陽のメンバーも宇宙やUFOについて語っているのは興味深い。 テンプル騎士団の新しい団長は、”黒い太陽とテンプル騎士団との作戦のための協力関係について、内部で大きな議論が行われた “と語っている。 これにはP3だけでなく、「P4フリーメーソン」も関わっていると騎士団長は言う。 “黒い太陽はNASAよりも先を行っていて、すでに自分たちの宇宙船で宇宙に行くことができます “と彼は言う。 「UFOは彼らの存在の基礎となっているので、私はジェイソン・ソサエティとこの角度から議論しました」と彼は指摘する。

 

このような深宇宙やUFOについては、いつものように、見たときにはそれを信じ、それでもブルービーム社のサイオプかもしれないと懐疑的になります。 それにもかかわらず、MI6のような現実世界の組織でさえ、最近の宇宙ネタに注目しているというのは興味深いことです。

 

ただ、1938年にラジオ番組として放送されてパニックを引き起こした「宇宙戦争」以来、陰謀団はある種のスペースオペラのサイオプスを計画していることを忘れてはならない。

 

一方、地球の表面に戻ってみると、アメリカでは無秩序な状態が続いています。以下の記事は、毎月のように起こっている何十件もの銃乱射事件に関するほんの一部です。 全体の犯罪率も急上昇しています。

https://www.zerohedge.com/political/12-mass-shootings-over-weekend-america-descends-chaotic-summer

 

https://www.msn.com/en-U.S./news/crime/public-transit-worker-fatally-shot-8-then-killed-himself-at-san-jose-rail-yard-authorities-say/ar-AAKposP?ocid=uxbndlbing

 

https://www.dailymail.co.uk/news/article-9621133/New-York-Citys-pandemic-aftermath-laid-bare-homelessness-mental-illness-crime-escalate.html

 

 

https://www.zerohedge.com/political/two-dead-25-others-shot-florida-club

 

その背景には、経済の破綻があります。 米国の物価は過去30年以上で最も速いペースで上昇しているのに対し、所得は過去最高の急減を記録しています。

https://www.zerohedge.com/economics/feds-favorite-inflation-indicator-explodes-fastest-rate-1992-incomes-crash-record

 

これでは、誰もが銀などの貴金属に目を向けるのも無理はありません。 これを受けて、米国造幣局は次のように述べています。「銀の需要が供給を上回っているため、誰もがコインを購入できるわけではないというのが現実です」 https://www.zerohedge.com/commodities/U.S.-mint-delays-silver-shipments-due-global-silver-shortage

 

話は変わりますが、中国の武漢からこんな映像が届きました。 単なる地下ガス漏れの爆発かもしれませんが、もし誰か詳しいことを知っていたら、コメントに書いてください。

Wuhan.explosion

 

特にアメリカでは、状況が厳しいように見えるかもしれませんが、世の中にある良いニュースにも目を向ける必要があります。 例えば、葬儀社や生命保険会社など、ビジネスとして実際に死を扱っている人たちに話を聞いてみると、パンデミックのヒステリーにもかかわらず、誰も異常なほど死んでいないことがわかります。 「ここ数十年で最も致命的なパンデミックが地球上に襲来し、致命的な変異によって何百万人もの罪のない命が奪われているのに、生命保険会社は気にも留めていない」とジェフ・ハリスは指摘する。 これが意味するところは、根本的な流れの転換があったということであり、パンデミックなどのヒステリーは、現実ではなく、古い支配者層のパニックと恐怖の表れなのだ。

http://www.ronpaulinstitute.org/archives/peace-and-prosperity/2021/may/26/life-insurance-and-covid-19-something-doesn-t-make-sense/

 

https://www.zerohedge.com/covid-19/life-insurance-covid-19-something-doesnt-make-sense

 

もうひとつは、世界中で野生動物や自然の生態系が復活していることです。 例えば、オオカワウソ、タスマニアデビル、シベリアオオヤマネコなどは、最近、その個体数が大幅に増加していることが報告されています。

https://www.theguardian.com/environment/2021/may/25/a-huge-surprise-as-giant-river-otter-feared-extinct-in-argentina-pops-up-aoe

 

https://www.france24.com/en/live-news/20210525-tasmanian-devils-born-on-australian-mainland-in-rewilding-push

 

https://www.reuters.com/business/environment/back-brink-iberian-lynx-population-rises-over-1000-2021-05-28/?utm_source=reddit.com

 

より大きなスケールでは、過去20年の間にフランスほどの面積の森林が再生し、特にブラジルの大西洋岸森林では、絶滅危惧種のための多くの生息地が生まれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA